【全起こし】瑛太、K-1チャンピオンの武尊に嫉妬!?「才能の塊。映画の新人賞も獲ると思う」 映画『リングサイド・ストーリー』完成披露上映会 全文掲載

日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした大ヒット映画『百円の恋』から3年。武正晴監督、待望の最新作『リングサイド・ストーリー』が、10月14日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国公開する。9月6日、新宿FACEにて、本作の完成披露上映会が行なわれ、W主演の佐藤江梨子×瑛太、プロレス界のレジェンド武藤敬司、K-1チャンピオンの武尊、人気プロレスラーの黒潮“イケメン”二郎、亀田興毅&亀田大毅、有薗芳記、武正晴監督、司会の関根勤が舞台挨拶に登壇した。

IMG_1724

関根勤(総合司会):本日、映画『リングサイド・ストーリー』の完成披露上映会の司会をさせていただきます。関根勤です。

八雲みふね(司会アシスタント):お客様、関根さんがいらっしゃると思っていなかったので、ざわざわとね。皆さんびっくりしましたよね。

IMG_1483

関根:早速なんですけど、映画の紹介をお願いします。

八雲:これから皆様にご覧いただく『リングサイド・ストーリー』。日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした大ヒット映画『百円の恋』の武正晴監督の3年ぶりの最新作となっております。佐藤江梨子さん、瑛太さんをW主演に迎えまして、武藤敬司さん、武尊さん、黒潮“イケメン”二郎さんなどK-1、プロレスといった格闘技界の豪華スターたちが出演しているラブ・コメディなんですね。

関根:豪華ですね。

八雲:お名前を聞いただけでワクワクしてきますけどね。今日は映画の公開に先立ちまして、皆さんに観ていただくということでとっても楽しみですよね。

関根:いいですね。いち早く観ることができるわけですよ。そして上映前に皆さんにですね、ちょっと観ていただきたいシーンがあります。前情報で観ていただけたら格闘技ファンでない皆さんでも楽しんでいただけるっていうことなので、ちょっとこちらのスクリーンを。予告編みたいなものになりますね。よろしくお願いいたします。

(瑛太がリングへ向かうシーンが上映される)

関根:これ瑛太さんなんですよ。すごい身体能力でしょ。瑛太さんが戦いに向かう前のシーンなんですよ。これはオマージュがありましてアントニオ猪木さんのタオルを持って、最後は馬場さんの(16文キック)。そういう、格闘家のオマージュを入れたシーンで、監督さんが凝っていますよね。それに応える瑛太さんの身体能力の高さ。

八雲:素晴らしいですよね。

関根:これ全く知らない外国の方が観たらプロの格闘家だと思うくらい素晴らしい。あの足の上りは素晴らしいですね。

八雲:関根さんからご覧になっても素晴らしかった?

関根:素晴らしかったですね。瑛太さんの動きは素晴らしいですね。

八雲:私も女性代表として感じたのが、佐藤江梨子さんが瑛太さん演じるヒデオを見る表情も、とっても素晴らしいのでぜひ観てほしいですね。

関根:見守られるんですよね。それで…言っちゃうとあれなんですけど。

八雲:われわれ話したくなりますもんね。それだけ皆さんに楽しんでもらえる作品だと思いますけども、さっそくお呼びしましょうか。本日ご登壇いただくのは佐藤江梨子さん、瑛太さん、武尊さん、黒潮“イケメン”二郎さん、有薗芳記さん、武正晴監督です。皆様、足元に気を付けてリングまでご登壇ください。さあ、リング上に勢ぞろいしました。

IMG_1503