スカーレット・ヨハンソン「私には家族がいた。アベンジャーズとは別に」彼らと成し遂げたいこととは?『ブラック・ウィドウ』新映像

全世界歴代興行収入No.1を記録した『アベンジャーズ/エンドゲーム』に続くマーベル・スタジオ最新作で、世界最高のエージェントにして超一流の暗殺者ブラック・ウィドウの過去と秘密を描くスカーレット・ヨハンソン主演の映画『ブラック・ウィドウ』が、5月1日より日米同時公開される。それに先がけ、アメリカンフットボールリーグの優勝決定戦であり、アメリカではTVの視聴率が軒並み40%超えを叩き出し世界中にも中継される“スーパーボウル”のCMで、本作の新映像が披露された。

美しき最強スパイであり、万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた世界最高のエージェントのブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ。過酷な訓練によって育てられた超一流の暗殺者でもある彼女は、なぜアベンジャーズの一員となったのか?そのスキルを平和のために役立てるようになり、ヒーロー集団アベンジャーズのメンバーとしても活躍、世界的人気キャラクターである彼女が『アベンジャーズ/エンドゲーム』で下した決断は世界に衝撃を与えた。が、その決断を下す以前に彼女は大きな決断を下していた…。

スーパーボウルは、その注目度もさることながら、過去のハーフタイム・ショーにはマイケル・ジャクソン、レディー・ガガ、ケイティ・ペリーなど様々な大物アーティスト、そして今年の「第54回 NFLスーパーボウル」では、シャキーラとジェニファー・ロペスがパフォーマンスを披露するなどスポーツのイベントでありながらエンターテイメントとも深いつながりがあり、国民的行事とも言えるビッグイベントである。テレビ中継で放映されるCMは全世界的に注目され、世界の経済ニュースサイトBloombergによると、2019年のCMの放映料は30秒で510万ドル~530万ドル、1秒で約17万ドルとも報じられ、“貴重な枠”としても知られる。この年に一度の機会には、世界的大手企業がこぞって印象的なCMを放映するが、その中でも、その年の注目の超大作映画が映像を公開することで御馴染みだ。毎年スポーツファンのみならず、映画ファンもこぞって注目する行事となっており、昨年は本作の映像が披露され大きな話題を呼んだ。

新映像には、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)が、アベンジャーズ以外に“家族”と呼ぶ、彼女同等の戦闘能力を持つエレーナ(ローレンス・ピュー)、同じくコスチュームを身に纏った母メリーナ(レイチェル・ワイズ)、そして原作コミックでは“ロシア”のキャプテン・アメリカと呼ばれる、ヒーローらしからぬぽっちゃりボティの父アレクセイ=レッド・ガーディアン(デヴィッド・ハーバー)の3人と手を繋ぎ、何か決意を固めるシーンが収められる。アベンジャーズを家族と呼び、大切にしていた彼女がかつて大切にしていた“家族”とは?彼らと共に成し遂げようとすることは何なのか?キャプテン・アメリカと似たシールドを持つ新たな敵“タスクマスター”らと、ブラック・ウィドウの“家族”の戦闘シーンの数々は圧巻の迫力だ。

『ブラック・ウィドウ』
5月1日(金)より日米同時公開
監督:ケイト・ショートランド
出演:スカーレット・ヨハンソン ローレンス・ピュー デヴィッド・ハーバー レイチェル・ワイズ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

【ストーリー】 美しき最強スパイであり、万能な戦闘スキルとタフな精神を身につけた世界最高のエージェントのブラック・ウィドウ=ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)。過酷な訓練によって育てられた超一流の暗殺者でもある彼女は、なぜアベンジャーズの一員となったのか?そのスキルを平和のために役立てるようになり、ヒーロー集団アベンジャーズのメンバーとしても活躍、世界的人気キャラクターである彼女が『アベンジャーズ/エンドゲーム』で下した決断は世界に衝撃を与えた。が、その決断を下す以前に彼女は大きな決断を下していた…。

©Marvel Studios 2020