浜辺美波、令和の目標は「一人で小料理屋へ」、高杉真宙が令和生まれに言いたいこととは!?『映画 賭ケグルイ』初日舞台挨拶レポート

月刊「ガンガンJOKER」にて連載中で、シリーズ累計500万部を突破した、河本ほむら原作、尚村透作画の大ヒット同名漫画を実写ドラマ化し、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となった「賭ケグルイ」。その続編となる「賭ケグルイ season2」が、MBS/TBSドラマイズム枠にて放送され、さらに同キャストによる映画版『映画 賭ケグルイ』が5月3日より公開初日を迎えた。同日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて映画版の初日舞台挨拶が行われ、キャストの浜辺美波、高杉真宙、森川葵、池田エライザ、福原遥、伊藤万理華、松田るか、英勉監督が登壇した。

【本イベントの模様の全文掲載はコチラ】

会場に登場するやいなや登壇コースを間違えてしまった浜辺。照れ笑いを浮かべながら舞台に上がった浜辺は、「このメンバーは本当に仲が良くて、さっきまでおしゃべりしていたら、すっかりコースのことを忘れてしまって、違うところを堂々と進んでしまいました…(笑)」と笑顔で説明した。これを聞いた高杉は「(お客さんに)圧倒されて、コースを間違えたんだと思います(笑)」とフォローしつつも、「ビックリした!」と驚いた表情を浮かべた。

主人公、蛇喰夢子を演じたは浜辺は座長として初日を迎えた感想を聞かれると「最初の登場で分かっていただけたと思いますが、引っ張ってきたかはさておき(笑)」と最初の凡ミスを引き合いに出して笑いをとりつつ、「みんなで楽しく作り上げてきた。こうやって、みんなで舞台挨拶をしているのが、まだまだ面白い」とコメント。英監督からは座長ぶりに対して「横綱相撲」と絶賛されたことを明かした。

今回からプレイヤーとして参戦することになった鈴井涼太役の高杉。「すごく良い気分でした」という高杉は、「良い舞台に立ってセリフを言う感じ。ずっと観客側で『ワ~!』と言っていただけなので、気持ちが良いというか」と述べると、隣の池田から「そんなに良いセリフあった?」と突っ込まれ、「良いじゃん!」と苦笑いを浮かべていた。

最後に令和になって挑戦してみたいことを聞かれた浜辺は、「ネットで調べず、一人で近所の小料理屋に入ったり、カフェでちゃんとご飯を食べてみたい。いつかは一人で旅行にも」とコメント。同じ質問に高杉は「(自分の)年齢が上がって、令和(生まれ)の方たちと一緒に仕事をする時に、『君、令和なんだ!?』って言いたい」と願望を述べると、英監督から「威張りたいんだ!?」と突っ込まれて必死に弁解していた。

【本イベントの模様の全文掲載はコチラ】

【フォトギャラリーはコチラ】

『映画 賭ケグルイ』
5月3日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー
総合演出:英勉
監督:茂木克人 長野晋也
脚本:高野水登 英勉
原作:河本ほむら・尚村透(月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
ドラマ主題歌:BIGMAMA「mummy mummy」(ユニバーサルJ)
映画主題歌:そらる「アイフェイクミー」(Virgin Music)
オープニングテーマ:PasssCode「一か八か」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)
出演:浜辺美波 高杉真宙 宮沢氷魚 福原遥 伊藤万理華 松田るか 岡本夏美 柳美稀 松村沙友理(乃木坂46) 小野寺晃良 池田エライザ 中村ゆりか 三戸なつめ 矢本悠馬 森川葵
配給:ギャガ

【ストーリー】 二年華組・蛇喰夢子(浜辺美波)は、生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)とのギャンブルを心待ちにしていた。二人の勝負の期待が高まるなか、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団・ヴィレッジが台頭、生徒会との対立が深まる。ヴィレッジ解体と夢子潰しを企む生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させるギャンブルイベント「生徒代表指名選挙」の開催を宣言するのだった―。

©2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会