松山ケンイチ「お前が負けること、祈ってた」東出昌大に感情を吐き出す!『BLUE/ブルー』予告編&ポスタービジュアル

『ヒメアノ〜ル』、『犬猿』の𠮷田恵輔が監督・脚本を務める、松山ケンイチ主演の完全オリジナル作品『BLUE/ブルー』の公開日が4月9日に決定し、このほど、予告編とポスタービジュアルがお披露目となった。

本作は、挑戦者を象徴する“ブルーコーナー”で戦い続ける者たちの生き様を描く青春映画。𠮷田監督が「流した涙や汗、すべての報われなかった努力に花束を渡したい気持ちで作った」と、30年以上続けてきたボクシングを題材に自ら脚本を書き上げ、殺陣指導も手掛けた。

予告編は、瓜田(松山ケンイチ)が千佳(木村文乃)の手に、優しくバンテージを巻く穏やかなシーンから始まる。瓜田がボクシング始めたきっかけは千佳の一言。後輩の小川(東出昌大)は瓜田の誘いでボクシングを始め、今では千佳とも恋人の間柄。「ボクシングを始めたこと後悔してる?」と千佳に聞かれ、試合にも恋にも勝てない瓜田が「後悔してないよ…でも…」と言葉を濁す姿が切なく映り、そこに続く派手にリングに倒れ込む瓜田と、力強く相手にパンチをきめる小川の対比が痛々しい。そんな中、タイトルに王手をかける小川が、脳の病に襲われ引退を迫られる。瓜田は、教え子の楢崎(柄本時生)に「毎回負けている人にアドバイスされたくない」と反発され、小川からは「次の試合に勝ったら千佳と結婚しようと思う」と告げられる。運命に翻弄される小川と、少しずつ自分の世界が歪み始める瓜田の姿に、「時に人生は残酷だ」という言葉が重なり、さらに心に沁みる。そして瓜田は自らが欲したすべてを手に入れた小川に「お前が負けること、祈ってたよ」と遂に感情を吐き出す…。後半は、望みどおりにいかなくとも、前へ進んでいく彼らの姿が映され、挑戦者への応援歌として、竹原ピストルが本作のために書き下ろした主題歌「きーぷ、うぉーきんぐ!!」が作品を爽やかに彩る。恋と友情、憧れと嫉妬、理想と現実。もがきながらも挑み続ける主人公たちの姿が、観る者の胸を熱くする青春映画が誕生した。

ポスタービジュアルにある瓜田(松山ケンイチ)の力強い視線からは、負けてもなお夢を追い続けるひたむきさが伝わる。報われないと分かっていても、恋やボクシングを諦められない、彼らの葛藤に溢れた青春の日々を感じさせる。

『BLUE/ブルー』
4月9日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督・脚本・殺陣指導:𠮷田恵輔
主題歌:竹原ピストル「きーぷ、うぉーきんぐ!!」
出演:松山ケンイチ 木村文乃 柄本時生 東出昌大
配給:ファントム・フィルム

【ストーリー】 誰よりもボクシングを愛する瓜田(松山ケンイチ)は、どれだけ努力しても負け続き。一方、ライバルで後輩の小川(東出昌大)は抜群の才能とセンスで日本チャンピオン目前、瓜田の幼馴染の千佳(木村文乃)とも結婚を控えていた。千佳は瓜田にとって初恋の人であり、この世界へ導いてくれた人。強さも、恋も、瓜田が欲しい物は全部小川に奪われた。それでも瓜田はひたむきに努力し夢へ挑戦し続ける。しかし、ある出来事をきっかけに、瓜田は抱え続けてきた想いを二人の前で吐き出し、彼らの関係が変わり始める…。

©2021『BLUE/ブルー』製作委員会