松山ケンイチ「面白い男になりたいと思って…」意外すぎる挑戦に爆笑!

『ヒメアノ〜ル』、『犬猿』の𠮷田恵輔が監督・脚本を務める、松山ケンイチ主演の完全オリジナル作品『BLUE/ブルー』が、4月9日より公開される。このほど、3月17日に神楽座にて完成報告会が実施され、キャストの松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大、柄本時生、𠮷田恵輔監督が登壇した。

どれだけ努力しても負け続きの主人公、ボクサーの瓜田を演じた松山。「みなさんが観てきたボクシング映画は再起していく感動的な作品が多かったと思うんですけど、今回は再起しません!」と断言。「ずっと負け続けているボクサーなんですけど、逆に言うと負け続けたからこそ得られるものがあるような気がする。人に対して包容力や優しを感じることができるキャラクター」と自身の役について語った。

一方、抜群の才能とセンスで日本チャンピオン目前の小川を演じた東出は、撮影期間は「ボクサー役の生活じゃなくて、ボクサーの生活をしてました」とコメント。試合相手のボクサー役にも「前日本チャンピオンと、現日本チャンピオンを連れてきて、相手になってもらった。見劣りしないように身体を鍛えて」撮影に臨んだという。

挑戦がテーマである本作にちなみ、「今、挑戦していることは?」という質問が。柄本は「一人カラオケ」、木村は「丁寧な生活をする」、東出は「ザワークラウト(キャベツの酢漬け)作り」とコメント。

最後に質問に答えたは松山は「大喜利のアプリでボケてます。面白い男になりたいなと思って」と意外すぎる挑戦を暴露。「ニコ生で大喜利をやったことがあるんですが、一秒後に面白いコメントがすごい来るんですよ。あれが衝撃で、自分もそうなりたいと思って」とにこやかに語り、会場を爆笑させていた。

『BLUE/ブルー』
4月9日(金)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
監督・脚本・殺陣指導:𠮷田恵輔
主題歌:竹原ピストル「きーぷ、うぉーきんぐ!!」
出演:松山ケンイチ 木村文乃 柄本時生 東出昌大
配給:ファントム・フィルム

【ストーリー】 誰よりもボクシングを愛する瓜田(松山ケンイチ)は、どれだけ努力しても負け続き。一方、ライバルで後輩の小川(東出昌大)は抜群の才能とセンスで日本チャンピオン目前、瓜田の幼馴染の千佳(木村文乃)とも結婚を控えていた。千佳は瓜田にとって初恋の人であり、この世界へ導いてくれた人。強さも、恋も、瓜田が欲しい物は全部小川に奪われた。それでも瓜田はひたむきに努力し夢へ挑戦し続ける。しかし、ある出来事をきっかけに、瓜田は抱え続けてきた想いを二人の前で吐き出し、彼らの関係が変わり始める…。

©2021『BLUE/ブルー』製作委員会