パヴァロッティら“三大テノール”の30周年記念ドキュメンタリー『蘇る三大テノール 永遠の歌声』2021年1月公開!

ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス3人のオペラ歌手が、“三大テノール”として活躍を始めて30年の節目を迎えたことを記念するドキュメンタリー映画『THREE TENORS VOICES FOR ENTERNITY 30TH ANNIVERSARY EVENT(原題)』が、邦題『蘇る三大テノール 永遠の歌声』として2021年1月8日より公開されることが決定した。併せて、ポスタービジュアルと場面写真がお披露目となった。

1990年、イタリア、ワールドカップ・サッカーの前夜祭として開催されたローマ、カラカラ浴場の伝説のコンサートから始まったルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス3人の活躍。それは、クラシック音楽ファンのみならず、全ての音楽ファンを2007年のパヴァロッティが他界するまで“三大テノール”として魅了し続けた。本作は、その17年間に及ぶ活躍の軌跡の中、これまで公開されることのなったバックステージの映像等をまとめたドキュメンタリー。

親友でもありながら、最大のライバルであった3人は、白血病を乗り越えたホセ・カレーラスの復活とともにワールド・カップ開催を祝うため奇跡のコンサート敢行。これまで未公開だった1994年アメリカ、ロサンゼルス ドジャースタジアムのバックステージの映像は、3人が歌うこと、生きることをどれだけ楽しんでいたのかを伝えてくれる。

『蘇る三大テノール 永遠の歌声』
2021年1月8日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
出演:ルチアーノ・パヴァロッティ プラシド・ドミンゴ ホセ・カレーラス ズービン・メータ
配給:ギャガ

【作品概要】 音楽とサッカーを愛するオペラ歌手、ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴ、そして、ホセ・カレーラス。親友でもありながら、最大のライバルであった3人が“三大テノール”として活躍を始めたのは、1990年イタリア、ワールドカップ・サッカーの前夜祭として開催されたローマ、カラカラ浴場の伝説のコンサートからである。それから30年、初めて明かされる世紀の競演のバックステージ秘蔵映像等をまとめたドキュメンタリー映画。

© C Major Entertainment2020