北村匠海「公開が遂に…!」ブルーノ・マーズの超人気楽曲が主題歌に!『とんかつDJアゲ太郎』新公開日は10月30日!

2014年から2017年まで「少年ジャンプ+」にて連載された、原案・イーピャオ、漫画・小山ゆうじろうによる同名ギャグ漫画を、北村匠海主演、山本舞香、伊藤健太郎、伊勢谷友介共演で実写映画化する『とんかつDJアゲ太郎』の公開日が10月30日に決定した。このほど、本作の主題歌がブルーノ・マーズの「ラナウェイ・ベイビー」に決定し、予告編とポスタービジュアルがお披露目となった。併せて、追加キャストとして、パパイヤ鈴木、伊藤沙莉、内田朝陽、山谷花純、斎藤陽一郎が出演することが発表された。

主題歌は、世界が認める大人気歌手ブルーノ・マーズの「ラナウェイ・ベイビー」。ブルーノ・マーズと言えば、2018年、第60回グラミー賞では主要3部門を含む6部門を獲得、グラミーの累計受賞歴は11回、世界が認めるトップアーティストであり、“世界No.1のソング・メーカー”の異名を持つ。そんなブルーノ・マーズの数ある名曲の中で、ファースト・アルバム「ドゥー・ワップス&フーリガンズ」に収録される「ラナウェイ・ベイビー」は特にアップテンポの曲であり、そのノリノリのリズムと疾走感あふれるメロディーは、聞くだけで心も体も自然と踊り出してしまう超“アゲアゲ”なナンバーだ。

予告編では、とんかつ=DJというかつてない衝撃の発見をするアゲ太郎の姿と共に、主題歌「ラナウェイ・ベイビー」が流れる。本楽曲以外にも、本編ではMaroon5「Sugar」、Justice「D.A.N.C.E.」、The Chemical Brothers「Star Guitar」といった誰でも一度は聞いたことがある往年の名曲から新曲までなんと67曲も登場する。まさに映画全編を通じて、邦画史上最高ともいえる楽曲数 and 神曲プレイリストとなっている。

▼スタッフ&キャスト コメント

■北村匠海(アゲ太郎役)
公開が遂に近づいてきました。とんかつDJアゲ太郎!おバカで真っ直ぐなアゲ太郎を筆頭に癖の強いキャラクターが皆様を笑顔にしてくれると思います。楽しみにしていてください!

■山本舞香(苑子役)
いよいよ公開日が決定して皆様に届けられる日がきました。キャストみんなが可愛らしくてかっこよくて面白いそんな作品になってます。みなさんが笑顔になれたら嬉しいです!お楽しみに!!!

■二宮健(監督)
とんかつDJアゲ太郎は、思いがけず大きなミッションを背負ってしまった。当初彼は、2020スペシャルイヤーにジューシーなお花を添えればとりあえずOKってはずだったが、ここに来て、とんかつDJ彼自身が、スペシャルそのものになって、日本をアゲアゲにすることを託されてしまったのだ!でも、きっと大丈夫。アゲ太郎が描き出すコロモオードブル(ココロオドルの間違い)&アゲトピア(ユートピアとかけた強引な造語)は、変更を余儀なくされた僕らのこれからの世界を、より一層眩い光と油でキラッと照らして、サクッと揚げてくれること間違いないからだ。10月30日、アゲ太郎と一緒に映画館で笑って踊って、バイブスヤバめの未来をみんなでGETできる日が待ち遠しいです!どうぞよろしくです!アゲアゲ!🐷

『とんかつDJアゲ太郎』
10月30日(金) 全国ロードショー
監督・脚本:二宮健
原作:イーピャオ(原案)、小山ゆうじろう(漫画)「とんかつDJアゲ太郎」
主題歌:ブルーノ・マーズ「ラナウェイ・ベイビー」
出演:北村匠海 山本舞香 伊藤健太郎 加藤諒 浅香航大 栗原類 前原滉 池間夏海 片岡礼子 ブラザートム 伊勢谷友介 DJ KOO フワちゃん パパイヤ鈴木 伊藤沙莉 内田朝陽 山谷花純 斎藤陽一郎
配給:ワーナー・ブラザース映画

【ストーリー】 老舗とんかつ屋3代目の跡取り息子・アゲ太郎(北村匠海)。ある日、“とんかつ”も“フロア”もアゲられる男「とんかつDJ」を目指そうとする!すべては一目ぼれした苑子ちゃんの心を射止めるために…。でも、豚肉にもDJ機材にも触ったことがないノーテンキなアゲ太郎は、いい加減な落ち目のDJオイリーに弟子入りしたり、大人気DJ屋敷を勝手にライバル視しちゃったり。その道のりは、一に勢い、二に勘違い、三に運命の出会い!?と爆走爆笑の大ハプニングだらけ!果たして「とんかつDJ」として頂点を目指せるのか!?

©2020 イーピャオ・小山ゆうじろう/集英社・映画「とんかつDJアゲ太郎」製作委員会