地味なOLとワンマン社長の心と身体が入れ替わる!?知英 主演『レオン』吉沢亮と竹中直人の禁断のキスシーン本編映像

知英の劇場長編初主演映画『レオン』が2月24日よりロードショーとなり、これに先立ち、竹中直人演じる女好きのワンマン社長・朝比奈玲男と、吉沢亮演じる天然社員・一条徹の禁断のキスシーン本編映像が公開された。

スマホマガジン「Hot-Dog PRESS」で連載され、絶大な人気を誇ったオリジナル漫画「レオン」を映画化した本作。ある日、同じ車の事故に巻き込まれ、ナイスバディだけが取り柄の地味なOL小鳥遊玲音(たかなしれおん)と年商500億円の女好きワンマン社長の朝比奈玲男(あさひなれお)の心と身体が入れ替わってしまう。

主演を務めるのは、韓国の大人気ユニットKARAで活躍後、2014年に活躍の場を日本へ移した知英(じよん)。劇場映画初主演を果たす本作では、見た目は美人OLだが、中身は女好きのエロ社長という難しい役柄を演じる。小鳥遊玲音と入れ替わってしまう女好きのワンマン社長、朝比奈玲男には竹中直人が扮し、中身が地味なナヨナヨのOLになりきる。共演には、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、山崎育三郎ら人気キャストが集結した。

公開された本編映像は、吉沢亮演じる一条徹が、好意を寄せる小鳥遊玲音(知英)に愛の告白をするシーン。とある事が理由で涙を流す玲音に思いをぶつける一条が、まさに愛の告白をしようとすると、なんと玲音の姿が朝比奈玲男(竹中直人)に!一条は入れ替わりに全く気づかず、「本来はこんな感じ。」というテロップが状況を説明する中、キス寸前の2人の姿は爆笑必至だ。一条役の吉沢は、本シーンの撮影について、「“女装した”竹中さんに愛の言葉をささやくシュールなシーンがあったんですが(笑)、本当に竹中さんが乙女な顔をしていらして、すごいキュンキュンしました!」と語り、本編の展開が気になるシーンとなっている。

キスニュース用

『レオン』
2月24日(土)新宿バルト9ほか、全国ロードショー
監督:塚本連平
原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)
出演:知英 竹中直人 大政絢 吉沢亮 斉藤慎二(ジャングルポケット) ミッツ・マングローブ 原幹恵 河井青葉 山崎育三郎 
配給:ファントム・フィルム

【ストーリー】 年商500億円を越える老舗の食品会社朝比奈フーズに務める、地味な派遣OL・小鳥遊玲音(28)(たかなしれおん)とその朝比奈フーズを引っ張る、やり手のワンマン社長・朝比奈玲男(55)(あさひなれお)。小鳥遊は、磨けば美人でナイスボディの持ち主なのだが、根っからのネガティブ思考でイケてない存在。一方、代表取締役社長・朝比奈は、誰の意見にも耳を貸さない超ワンマンだが、仕事は一流。しかし、女子社員へのセクハラまがいは日常茶飯事の根っからの女好き。ある日、偶然ふたりは同じ車の事故に巻き込まれる。目が覚めると、朝比奈玲男の体にはある異変が…!なんと、心は朝比奈のままだが、体が小鳥遊玲音になっていたのだ―。性別も地位も性格も、何もかも反対の二人が入れ替わったからさぁ大変!?「俺の人生、どうなるの?」「わたしの人生どうなるのかしら?」

©清智英・大倉かおり/講談社・2018 映画「レオン」製作委員会