【全起こし】平野紫耀、キンプリ ファンの呼び名「“ティアラー”じゃないです!“マヨラー”みたいになっちゃうんで(笑)」映画『ういらぶ。』完成披露試写会レポート 全文掲載

小学館「Sho-Comi フラワーコミックス」で連載され、累計150万部(電子書籍含む)を突破した、星森ゆきもの大人気コミックの実写化となる映画『ういらぶ。』が11月9日より公開となる。本作の完成披露試写会が10月9日に有楽町朝日ホールで開催され、キャストの平野紫耀(King & Prince)、桜井日奈子、玉城ティナ、磯村勇斗、桜田ひより、伊藤健太郎、佐藤祐市監督が登壇した。ここでは、本イベントの模様を全文掲載でお届けする。

MC:それでは早速、お呼びいたしましょう。盛大な拍手でお迎えください。映画『ういらぶ。』ご出演の皆さんです。まずは、和泉凛役の平野紫耀さん。優羽役の桜井日奈子さん。暦役、玉城ティナさん。蛍太役、磯村勇斗さん。実花役の桜田ひよりさん。和真役の伊藤健太郎さんです。そして、佐藤祐市監督です。

皆様、本日はよろしくお願いいたします。では早速、ひと言、ご挨拶をいただきつつ、質問にお応えいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。まずは、平野さん。

平野:はい!なんでしょう?

MC:質問もありますよ。幼なじみの優羽のことが大好きなのに、ドSのふりをしてしまう“こじらせ男子”の和泉凛役ということで、演じられてみていかがでしたか?

平野:今回の『ういらぶ。』で和泉凛役をやらせていただきました、平野紫耀です。凛くんは本当にとてもドSでして、女の子に対しても簡単に「ゴミ」と言ったりするんですけど、僕自身はSではないので、まあMでもないんですけど(笑)。女性に「ゴミ」って言うのが、なかなか心が痛いなと思いつつも、凛くんを尊敬しながらやらせていただきました。でも優羽に対してSな部分を出した後に、自分の家に帰ってもがくシーンがあるんですけど、その切り替えが大変でしたね。

MC:この後、皆さんにじっくりご覧いただくことになります。

平野:よろしくお願いいたします。

MC:続きまして、桜井さん。凛を密かに想いながらも、ドSな凛のせいで完全ネガティブ女子になってしまった、天然系ピュアな優羽役を演じられましたけど、いかがでしたか?

桜井:優羽ちゃんは自分とは真逆のキャラクターだと思っていて、私はあんなにほわほわしてないし、気が弱くもないですけど、真逆のキャラクターだからこそ、演じがいがありました。でも優羽ちゃんはコミュニケーションが苦手で、どもっちゃったりするんですけど、それがかわいい魅力であって、私が演じることで、それがウザったく見えないかというのは心配したところではあったので、優羽ちゃんの健気なところとか、一生懸命さを意識して演じました。