【全起こし】V6 岡田准一が告白「出られたことに涙が出る」、原田眞人監督「岡田さんが三成を演じられる年になるまで、ずっと待っていた」 映画『関ヶ原』レッドカーペット イベント全文掲載!

世代を超えて熱烈なファンを数多く持つ歴史小説界の巨星・司馬遼太郎原作「関ケ原」。現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数が620万部を超える国民的“ベストセラー”が、『日本のいちばん長い日』で第39回日本アカデミー賞優秀作品賞、及び優秀監督賞を受賞した巨匠原田眞人監督の手により初の完全映画化され、8月26日(土)全国ロードショーとなる。本作の完成披露レッドカーペットイベントが7月18日、東京・ららぽーと豊洲のシーサイドデッキにて行われ、出演者の岡田准一、有村架純、平岳大、東出昌大、伊藤歩、滝藤賢一、西岡德馬、役所広司、監督の原田眞人が登壇。大砲や火縄銃を構えた甲冑隊に囲まれてトークを繰り広げた。今回はその模様を全文掲載でお届けする。

【同日に行われた舞台挨拶の模様の全文掲載はコチラ!】

IMG_3942
↑前列:左から平岳大、有村架純、役所広司、東出昌大、後列:左から原田眞人監督、滝藤賢一、伊藤歩、西岡德馬

MC:大変お待たせいたしました。映画『関ヶ原』完成披露イベントいざ出陣です。最初に本作の主人公、正義を信じ、愛を貫く純粋すぎる武将、石田三成を演じました主演の岡田准一さん。続きまして三成に仕える忍、初芽を演じました有村架純さん。続きまして三成の右腕として勇猛果敢に戦う名将、島左近を演じました平岳大さん。続きまして合戦の命運を握る武将、小早川秀秋を演じました東出昌大さん。続きまして家康のもとで間者として重用されました伊賀の忍、蛇白を演じました伊藤歩さん。三成の才覚を見出した天下人豊臣秀吉を演じました滝藤賢一さん。続きまして豊臣政権五大老の重鎮、前田利家を演じました西岡徳馬さん。続きまして野望に燃え、天下取りを目論む武将三成のライバル徳川家康を演じました役所広司さん。最後に本作でメガホンをとられました原田眞人監督です。映画『関ヶ原』監督、キャストの皆さんです。皆様盛大な拍手をお願いします。それでは改めてご紹介させていただきます。主人公の石田三成を演じられました岡田准一さん、ご挨拶をお願いします。

岡田:皆さんこんにちは。役所さんと船で登場したかったねと(会場爆笑)。余計な話をしてしまいました。映画が完成できて、それを皆さんに伝えられるということを大変うれしく思っています。『関ヶ原』の企画は誰も挑戦しえなかったというか、30何年間なかなか作られることのなかった司馬遼太郎先生の聖域とされていたような作品です。それを今、完成させることができ、報告できることをうれしく思っています。大好きな俳優さんと尊敬できる方々とお仕事ができて幸せでした。来月公開です。ぜひ観てください。よろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。続きまして、三成に仕える忍、初芽を演じました有村架純さんお願いします。

有村:皆さん、こんにちは。雨大丈夫でしたか? 今回時代劇が初めてで戸惑いもありましたし、所作とかアクションとか難しいところもあったのですが、原田さんをはじめ素晴らしいキャストの方に囲まれて刺激的な撮影を送ることができました。私としてはとても大事な時間を過ごさせていただいた現場ですので皆さんにキャストや監督、スタッフの皆さんの思いを感じていただけたらいいなと思います。『関ケ原』よろしくお願いします。

IMG_3702

MC:ありがとうございます。続きまして、島左近を演じられました平岳大さんお願いします。

平:島左近を演じさせていただきました平岳大です。よろしくお願いします。皆さん雨大丈夫でしたか?(会場爆笑)なんで笑うんだろう(笑)? この映画は出演者、スタッフのエネルギー、情熱が凝縮した映画だと思いますので、見どころ満載でございます。今日観られるんですか? また来月劇場に足を運んでください。よろしくお願いします。

IMG_3722

MC:ありがとうございます。続きまして、小早川秀秋を演じました東出昌大さんお願いします。

東出:小早川秀秋を演じました東出です。皆さん雨は大丈夫でしょうか(笑)? 本当にスケールの大きい映画になっています。もともと原作ファンなんですけど、この超大作が邦画史に燦然と輝く形として作品になったと思います。8月26日楽しみにしていてください。

IMG_3752

MC:ありがとうございます。続きまして、伊賀の忍、蛇白を演じました伊藤歩さんお願いします。

伊藤:どうもみなさんこんにちは。雨大丈夫でしたか?(会場爆笑)見事に雨が上がってくれて、ここに気持ちよく立っていられることを幸せに思います。私は東軍側の家康公に仕える伊賀者として初芽と闘い合ったりします。皆さん女性ばっかりで、関ケ原の話をこれだけ多くの女性に観てもらえると本当にうれしいです。ぜひ8月26日楽しみにしていてください。今日はよろしくお願いします。

IMG_3771

MC:ありがとうございます。続きまして、豊臣秀吉を演じました滝藤賢一さんお願いします。

滝藤:皆さんこんにちは。豊臣秀吉を演じました滝藤賢一です。雨大丈夫ですか?(会場爆笑)暑いのにどうもありがとうございます。僕は試写を観させていただいた時に、本当に圧倒されました。すさまじいと思います。なので2度3度と僕も劇場に足を運んで、すごいスピーディーに進んで行きますので、一つ一つ楽しんでいきたいと思いますので、皆さんもぜひ劇場に足を運んでください。よろしくお願いします。

IMG_3793

MC:ありがとうございます。続きまして、前田利家を演じました西岡徳馬さん、よろしくお願いします。

西岡:こんにちは。どうも西岡徳馬です。雨は止むようにできています。そういう風に作りました(会場爆笑)。『関ケ原』の前に雨も止んで霧も晴れて、今日これから関ケ原の戦いが始まります。どうぞ皆さんご堪能ください。ありがとうございます。

IMG_3809

MC:ありがとうございます。続きまして、徳川家康を演じました役所広司さんお願いします。

役所:皆さん雨は大丈夫だったですか?(会場爆笑)雨の中待っていただいて本当にありがとうございます。主演の岡田君がそういう心遣いがないので(会場爆笑)。

IMG_3867

岡田:僕、言い直した方がいいですか(笑)? 雨大丈夫ですか?(会場爆笑)

役所:V6にこの度入ることとなりました役所です(会場爆笑)。この豊洲というところ初めてきました。この『関ケ原』という映画がここ豊洲から全国に向かっていくと思うとワクワクします。とにかく素晴らしいい映画ができました。皆さんまた公開が始まったら観てください。どうぞよろしくお願いします。

MC:ありがとうございます。最後に原田眞人監督、お願いします。

原田:やっぱ雨のこと言わなきゃいけないの? 雨は今回『関ケ原』でもすごい効果的に降ってくれました。特に架純ちゃん演じる初芽、忍者バトルのシーンで比叡山の中なんですよね。だから雨を降らせたいんだけど降らせられなくて。でも豪雨が降ってその中で彼女は太ももむき出しで頑張ってくれました。それから家康と三成の最後の対面シーンでも雨が効果的に降ってくれて、映画の神様が『関ケ原』を応援してくれたんですよね。だから今日の豪雨も多分映画の神様の効果だと思います。ぜひその効果を劇場の大スクリーンで、今鳴り響いた音楽に合わせてご覧になってください。8月26日の公開を楽しみに。よろしくお願いします。

IMG_3885

MC:ありがとうございます。さっそくお話を聞いていきたいんですけど、まず原田監督にお聞きしたいんですが、何故「関ケ原」を映画化したいと思ったんでしょうか? また何故三成の物語というのは、今、私たちの胸を打つのかと思われますか?

原田:なぜ今だったかというと、このキャストが揃うっていうのが今だったということです。岡田さんが三成を演じられる年になるまで、ずっと待っていた。その今です。(会場拍手)

MC:そして三成の物語がなぜ今、胸を打つのか?

原田:これは今の政治家があまりにも情けないからで(会場爆笑)、みんなひどいですよね、やっていることも言っていることも。ですから正義がないですよね。正義が何かと純粋に考えて“大一大万大吉”というキャッチフレーズまで生み出した三成というのは、多分恐らく今の日本にはこういう人がほしいんだっていうその思いに浸ると思います。ですから今こそ三成を再評価すべき。家康はもうずいぶん評価されているからいいんですけど、秀吉ももうどうでもいいんですけど、三成は今こそって感じがありますね。

MC:ありがとうございます。岡田さん今のお言葉を受けてどうでしょう。

岡田:そうですね三成の評価というのは今後変わっていけばいいなと、三成公のお墓の前で「三成公に喜んでもらえる役柄を演じます」と誓ったので、三成公のイメージが良くなればいいなと思っているんですけどね。

MC:ありがとうございます。そしてキャストの皆さんにお聞きしたいんですけど、司馬遼太郎原作の620万部を超える国民的ベストセラーが原田監督の手によってこうして映画化されて『関ケ原』が遂に完成したんですが、完成した映画をご覧になってどのような感想を持たれたかをお聞きしたいと思います。岡田さん。

岡田:もともと原田監督の作品に本当に出させてもらいたくて、原田監督とお仕事させていただいてうれしかったです。若いころに「時代物ができるようになってほしい」と先輩方に言っていただいて、やっと先輩方に観ていただきたいなと心から思える本格時代エンターテイメント合戦を原田監督が撮っていただけたという。中身というよりも出られたことに涙が出るという。出られてよかったという作品でしたね。

MC:ありがとうございます。有村さん、いかがですか?

有村:本当にスケールが大きくて、圧倒されながら観たんですけど、あっもう終わりなんだって、気づいたら終わってた感覚なので。(どこのシーンが圧倒されたのかと聞かれて)6時間の関ケ原の戦いのシーンは圧倒でしたね。

MC:ありがとうございます。続きまして平さん。

平:合戦のシーンはド迫力なんですけど、美しい映画だと思います。色々なロケーション場所とかでもですね、普段は入れないような場所とかにも入らせていただいてロケしたり、この美しい国はどこなんだろうっていうくらい美しい映画になっていると思います。

MC:ありがとうございます。東出さんは原作のファンだともおっしゃっていましたが、映画をご覧になっていかがでしたか?

東出:原作が上・中・下に渡って、例えば石田家の誰々とか徳川家の誰々とか、歴史に詳しくない方は拒否反応を起こす名前が多いと思うんですけど、今回の映画を観て一人一人の人物造詣がすごい細やかで一人一人がすごい生きてるなって思うような映画になっていますし、僕は一原作ファンとして二回三回観たいと思える映画になったので、決してわかりやす過ぎず、難しすぎない映画になっていると思います。ごめんなさい。ベタ褒めばっかりしているんですけども、原作ファンも「ああこれだ」って思えるものになっていると思います。

MC:伊藤さんはどのように思いましたか?

伊藤:出演者の皆さんが大絶賛しているんですけど、私も大絶賛というか、この作品に出られたということが一生の宝物になるくらいのスケールの大きさと、エキストラの方の動きも素晴らしくて今回合戦にシーンが馬もすごいんですけど、地上戦でやりを持っている人たちが闘っている姿が多々映し出されているんですが、それは役者のみならずやはりそういう方たちの力によってこの映画ができたんだなっていう実感がしました。

MC:ありがとうございます。滝藤さんはいかがでしたか?

滝藤:脚本の時点でものすごく面白かったんですけど、映画になってさらに面白くなっていて、駆け引きというか腹の探り合いがすげえスピードで進んで行くんですけど本当に面白かったです。

MC:ありがとうございます。西岡さんいかがでしたでしょうか?

西岡:初号試写が東宝の撮影所の中でありまして、第一回目の試写なんですけど、監督が「黒澤明の『七人の侍』に負けるとも劣らない素晴らしい作品ができた」と言ってたんですけど、本当にその通りになっていたと思います。今日は女性たちが多いんで知らないかもしれませんけど、ラグビーの世界で“ONE FOR ALL,ALL FOR ONE”という言葉があるんですね。「一人は皆のために、皆は一人のために」っていう意味なんですけど、それが“大一大万大吉”っていう岡田君が演じる石田三成の家のシンボルマークみたいになっているんですけども、これが映画の中でも、「一人は皆のために、皆は一人のために」というくらいに皆が頑張ってできた作品だと思います。

MC:ありがとうございます。役所さんいかがでしたでしょうか?

役所:ああ…、そういう意味だったんですねこれ。(会場爆笑)いやいや、戦国の合戦を描いた映画はたくさんあると思うんですけども、明らかに原田監督が描いた独特の戦国映画になっていると思います。自分が出ている映画は冷静に観られないんですけど、岡田君が汗水たらして動き回って新しい石田三成像を作り上げています。映画っていうのは、何回観ても新しい発見がある映画がいい映画だと思いますけど、恐らくこの映画はそういう映画だと思います。ぜひ観てください。

MC:ありがとうございます。そしてキャストの皆さんにお聞きしたいんですが、本作は誰も知らない関ケ原の真実が描かれていますが、日本を決するこの戦いが、わずか6時間で終わっていることが描かれていますけど、みなさまの誰も知らない真実をお聞きしたいなと思います。岡田さんから。

岡田:ええ僕ですか(笑)。誰も知らない…滝藤さんは原田監督に特別な思い入れがあるというか、『クライマーズ・ハイ』で世に出て来られたっていうのがすごいあるらしくて、それの返しというか、また呼ばれて久しぶりに原田監督とやるので尋常じゃなく気合が入っていて。秀吉様としてずっと一緒にいたんですけど、ものすごい気合の入った秀吉を見せていただいていると思います。

MC:滝藤さんの秀吉の誰も知らない真実?

岡田:滝藤さんの秀吉の誰も知らない真実。

MC:岡田さんの誰も知らない真実。

岡田:僕の!?(キャストに)僕の知らない真実、そんなに知ってますか?

MC:ご自身の。

岡田:あっ俺が自分で言うの?(会場爆笑)

MC:そうですね(笑)。岡田さんでしたら、岡田准一の誰も知らない真実をお聞きしたいなと。すみません。

東出:僕あります。夜11時くらいまで撮影をして文化財のところで山の上だったんです。そこからロープウェイで降りてきてホテルに帰るロケバスで、偶然岡田さんとご一緒して。僕は飲むことしか考えてなくて、撮影が終わったビール飲みたいなと思っていて。「岡田さん、帰ったら何されるんですか?」って聞いたら、「今12時くらいだから、帰ったらトレーニングかな」(会場爆笑)って。「うわ、鉄人だ」って思ったっていう話です。

MC:深夜にトレーニングをなさるんですね。

役所:私も以前、お仕事した時、夜中に走ってましたね。一人で木刀持って(会場爆笑)。

岡田:その時、役所さんも誘ったんですけど「俺はいいや」って。すっごい優しく断られた(笑)。

MC:岡田さんは鉄人だと誰も知らない真実を。皆さん、うすうす気づいていたかもしれないですね。続いて有村さんご自身の誰も知らない真実をお願いできますか。

有村:なんだろ…。

岡田:時代劇、初めてなんですよね。なんかすごいよね。初めてでこれだけ活躍されていて、「初めてで勉強したいんです」みたいなことをおっしゃってたんですよね。それはやっぱりすごいなって、なんかあんまり言えないじゃないですか、これだけ色々活躍されてたら、「時代劇初めてだけど、いろいろわからないことがあるんで教えてください」みたいな。あんまり言えないことを言って素直に頑張られてたっていうのがね。素敵だなって思って見てました(笑)。

有村:ありがとうございます(笑)。

MC:そうだったんですね。

有村:そうでした。三人のシーンの待ち時間とかにちょっとお話して。

岡田:監督とご飯食べに…。

有村:二人で監督とご飯食べに行きました。

岡田:話すことが、監督もシャイでチャーミングな方なんで。二人で行ったらしいんですけど、両方話せなくて、いっぱい食べて帰ってきたっていう。

原田:そんなことないよ(笑)。

有村:時代劇のお話をたくさん伺って。

原田:ちなみに京都のなんていう店だっけ、覚えてる?

有村:すごくおいしかったお店(会場爆笑)。イタリアンだ。おいしかった。

MC:行かれたんですね。ご自身のこと話すのは難しそうなので、平さんの誰も知らない真実を皆さんでお話ししていただいて。

岡田:平さんは役作りされると、観ていただいたらわかるんですけど全然もっとすごいんですよ。僕の(石田三成)の師匠っていうか、先生みたいな役柄で、僕が口が悪くて言い過ぎた時にすごい怒っているっていう設定なんですけど、すごい顔で僕の顔を見て、それはもう役に入られているからメイクしたらあまり話さないようにしていたんですよね。もうずっと僕の顔を見て、すごい役に入られる方っていうイメージがあります。

MC:確かにすごい迫力をスクリーンから受けました。

岡田:皆からライオン丸って呼ばれていました(笑)。

MC:東出さんの誰も知らない真実を。ご自身は、ないんじゃないかなんておっしゃってますが…。

平:僕がね、さっきも言ったんですけどこの映画が始まるくらいの時に結婚したんですよ。そしたら東出君とはその前に一回しか会ってないのに、本読みの時にスルスルってやってきて「これ飲んでください」ってワインを持ってきたという。かっこいいんだよね。(会場拍手)

東出:内祝い楽しみにしていますので。(会場爆笑)

MC:続いて伊藤さんの誰も知らない真実。ご自身で思われるものはありますか?

伊藤:どうでもいいことなんですけど、足の人さし指が長いっていう。

岡田:それはさすがに知らないですね。

MC:隠れたものですからね。滝藤さんの誰も知らない真実。

滝藤:誰も今気づいていないと思いますけど、大量の汗をかいていて白いハンカチが茶色になっちゃった。

岡田:体悪いんじゃないですか?(会場爆笑)

MC:そして西岡さんの誰も知らない真実は。

西岡:私も足の人さし指が長いです。これは親より出世するっていう意味があって、親指より人さし指が長いっていうのは。でもこれは時代劇で足袋をはくとめちゃくちゃ痛い。だからあれは昔の人の履物ですね。こんな話でいいんですか。

MC:時代劇の隠れた苦労が見られましたけども、役所さんはご自身の隠れた真実。

役所:僕もね、足の人さし指っていうの?(会場爆笑)が長いんですよ。

伊藤:本当ですか?

役所:足袋を履く時、痛いんですよね。もう一つ昔から腕に金色の長い毛が。

伊藤:私も生えたことありますよ。

岡田:福毛の話ですか。顔に生えたりしますよね。

役所:えー、生えない。

岡田:えーー。

役所:顔に生える?

岡田:おでことかにも。(会場爆笑)

平:今、完成披露ですよね(会場爆笑)?

MC:足の指のお話や福毛のお話、汗のお話もいただきました。すみません、お時間の方がそろそろ来てしまいました。最後に主演の岡田准一さんからご挨拶お願いします。

岡田:皆さんありがとうございます。原田監督のもとに皆で集まって数年経っても色あせない映画ができたと思っています。ぜひ来月8月26日から劇場で公開になりますので、ぜひ映画館で体験してください。よろしくお願いします。

【同日に行われた舞台挨拶の模様の全文掲載はコチラ!】

abebc9f31bcfd8d36aac951ab83f612b

『関ヶ原』
8月26日(土) 全国ロードショー
監督・脚本:原田眞人 原作:司馬遼太郎「関ケ原」(新潮文庫刊) 製作:「関ヶ原」製作委員会
出演:岡田准一 有村架純 平岳大 東出昌大 役所広司 
配給:東宝 アスミック・エース 

公式サイト http://sekigahara-movie.com/
公式ツイッター @sekigaharamovie
公式フェイスブック https://www.facebook.com/sekigahara.movie 
『関ヶ原』公式サイト http://sekigahara-movie.com/ 

STORY 関ヶ原の戦い――それは、戦乱の世に終止符を打ち、後の日本のありようを決定づけた。秀吉亡き後、豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成(岡田准一)と、天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)。両雄はいかにして世紀の合戦に向かうのか? そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽(有村架純)との、密やかな“愛”の行方は……。権謀渦巻く中、“純粋すぎる武将”三成を中心に、忠誠を誓う島左近、両軍の間で揺れる小早川秀秋など武将たち、彼らを取り巻く女たちの“未来に向けた”戦いが、今、幕を開ける!!

©2017「関ヶ原」製作委員会