山田涼介「なぜ私がゴミ処理の責任者に?」濱田岳、オダギリジョー、西田敏行が出演!『大怪獣のあとしまつ』特報映像

松竹と東映が史上初のタッグを組み、「時効警察」シリーズなどの三木聡監督が山田涼介主演、土屋太鳳共演で贈る完全オリジナル脚本の特撮コメディ『大怪獣のあとしまつ』の公開日が2022年2月4日に決定し、追加キャストとして、濱田岳、オダギリジョー、西田敏行が出演することが発表された。併せて、特報映像もお披露目となった。

本作は、誰もが知る“特撮映画”の、誰も見たことのない“その後の世界”を描く空想特撮エンターテイメント。ある日突然、この国を襲う大怪獣が死んだ。ビックリするほど死体が巨大。ガス爆発も時間の問題。片付けられなきゃ国家崩壊。この尻ぬぐい、誰が、どうやって…。未曽有の国家的危機の現場指揮の任務を背負わされたのは、首相直属の特殊部隊である特務隊員の帯刀アラタ(山田涼介)。そんな彼の前に、環境大臣秘書で、かつて特務隊で同僚だった雨音ユキノが現れて…。二人は、前代未聞の無理難題“巨大な死体の後片付け”に、知恵と工夫と愛で立ち向かう。

新たなキャストとして、雨音ユキノ(土屋太鳳)の夫で、真相究明のために暗躍する総理秘書官・雨音正彦役で、幅広い役柄をこなし演技派として存在感を示す濱田岳がキャリア史上最も謎に満ちた役柄を体現。ドレッドヘアが特徴的で元特務隊であり爆破処理のプロ、ブルース役に、「時効警察」シリーズで主演を務め三木聡作品の常連、オダギリジョー。そして未曽有の難問に立ち向かい翻弄される内閣総理大臣・西大立目完役には、日本映画界を代表する名優・西田敏行が扮する。西田と濱田は「釣りバカ日誌」以来のコンビとなる。

怪獣の雄叫びから始まるド迫力の特報映像では、いままで謎のベールに包まれていた超巨大怪獣の姿が明らかに。東京ドームの約1.5倍にあたる最全長380m(頭から尻尾まで)、さらに全高155m(つま先から胴体まで)スケールの超巨大怪獣はあのゴジラをも凌ぎ、邦画史上最大級。観る者を一気に壮大な世界観に引き込む。人々を苦しめた大怪獣がいなくなり、平和な世界に戻ったはずが…今度は死体が爆発したら国家崩壊の緊急事態に。荒廃した街や、市民によるデモの緊迫したシーンなど、特撮ならではのスケールと切迫した映像に本作への期待が高まる。

場面写真には、なにやら意味深なバンクシー風の怪獣のイラストが収められる。

『大怪獣のあとしまつ』
2022年2月4日(金) 全国公開
監督・脚本:三木聡
出演:山田涼介 土屋太鳳 濱田岳 オダギリジョー 西田敏行
配給:松竹 東映

【ストーリー】 人類を未曽有の恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然、死んだ。国民が歓喜に沸き、安堵に浸る一方で、残された巨大な死体は徐々に腐敗・膨張を進めていた。爆発すれば国家崩壊。終焉へのカウントダウンは始まった。絶望的な時間との闘いの中、国民の運命を懸けて死体処理を任されたのは、警察でも軍でもなく、3年前に突然姿を消した過去をもつ1人の男…。彼に託された“使命”とは一体?果たして、爆発を阻止することができるのか!?

©2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会