【全起こし】星野源、石田ゆり子を優しくフォロー(会場和む) 連続ドラマW「プラージュ」完成披露試写会&舞台挨拶 全文掲載!

WOWOWプライムにて8月12日(土)よる10時より放送開始となる「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」。本作の完成披露試写会&舞台挨拶が、7月31日に東京国際フォーラムで行なわれ、出演者の星野源、石田ゆり子、仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、渋川清彦、スガシカオ、監督の吉田康弘が登壇した。

IMG_6990

人気&話題沸騰中の才人・星野源が挑むのは、思わぬことで「前科者」となり、恋も仕事も失ってシェアハウスに辿り着いた男・吉村貴生。さまざまな過去を背負い居場所を失った厄介者たちが集まるシェアハウス「プラージュ」では、不器用ながらも懸命に生きて行こうとする住人たちに過去からの黒い影が忍び寄り…。貴生と「プラージュ」で生活をともにする住人たちには、心優しきオーナーである朝田潤子に石田ゆり子、壮絶な過去を持つ小池美羽に仲里依紗、何か企んでいそうな正体不明の野口彰に眞島秀和、過去の男との因縁から逃れられない矢部紫織に中村ゆり、ある事件で恋人と別れ古着屋で働く中原通彦に渋川清彦と、個性的な俳優陣が扮し、豪華共演も注目だ!そして、服役しながら再審請求をした加藤友樹を、今年デビュー20周年で俳優初挑戦となったスガシカオが熱演した。

IMG_6571

MC:それでは先ほど第一話をご覧くださったばかりの皆さんにご挨拶いただきたいと思います。まず、本作の主演、吉村貴生を演じられました星野源さんです。

星野:皆さんこんばんは。貴生役の星野源です。役のオファーをいただいたのは、ちょうど去年の夏頃で、一年かけてやっと…。僕もですね、昨日やっと完成版を観まして。今日初めてこうやって観てもらって、とても今日は楽しみにしてきました。観に来ていただいて、ありがとうございます。貴生に関しての役の説明は、あんな(観ていただいた一話のような)感じです。あんな感じの人です。おバカという感じですね。これからもどんどん、いろんな人と出会ったり、触れ合ったりして、貴生がどう変わっていくかぜひ見届けていただきたいと思います。今日は短い時間ですが最後までよろしくお願いいたします。

MC:続きまして、小池美羽を演じました、仲里依紗さんです。

仲:小池美羽を演じました、仲里依紗です。一話ではまだ美羽ちゃんは、まだまだ謎に包まれていて、どんな娘なんだろう?という…。全部言いたいんですけど、皆さまにはお家に帰って楽しんでいただきたいので、言えないです。美羽ちゃんを演じている時は、結構辛い時もあったんですけど…。私も昨日、全部観て、結構いろいろなものがこみ上げてくるような役だったので。美羽ちゃんはいろんな人に助けていただきながら、シェアハウスってなんかいいなあ、って見えるような作品になっていると思うので、ぜひ最後まで楽しんでください。よろしくお願いいたします。

IMG_6624

MC:続きまして、野口彰を演じました、眞島秀和さんです。

眞島:野口役をやらせていただきました、眞島です。私の役なんですけど、まだ一話の段階で、どうなっていくとか、ネタバレになるのであまり話せる部分が少ないといいますか。現場では、皆さんもちろんそうなんですけど、特にスガ(シカオ)さんと同じ空間にいるのがすごく不思議で(笑)。ずっと僕はスガさんの曲をいろいろ聞かせていただいていたので。本当に目の前にいらっしゃるのが、不思議な感じが実はしていました(笑)。まだ一話では、まだまだ見えない部分がたくさんあるとは思いますので、ぜひ全話観ていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。

IMG_6651

MC:続きまして、矢部紫織役の中村ゆりさんです。

中村:こんばんは、中村ゆりです。私の役は昔の男を、いろいろと…(笑)面倒をかけられるんですね(笑)。だから前科ものばかりのシェアハウスといっても、実はいい娘なんです(笑)。自分のせいで前科ものになったわけではないという役どころなんですけど。「プラージュ」の中では、すごく明るくてムードメーカー的な役割です。本当にそれぞれに役者さんも魅了的な役どころの方ばかりで、ハートフルなドラマになっていますので、皆さんぜひ、最後まで楽しんでください。ありがとうございます。

IMG_6678

MC:中原通彦役の渋川清彦さんです。

渋川:(マイクに付いているロゴを確かめながら)こっちを見せろと言われたんで(笑)。お疲れ様です、渋川です。通彦役を演じました。ずっとあんな感じで、5話まで、源ちゃんをいじっていきますんで、楽しみにしていてください。ありがとうございました。

IMG_6698

MC:ありがとうございました。続きまして、加藤友樹を演じましたスガシカオさんです。

スガ:役者という仕事を初めてやらせていただきました、スガシカオです。全然、右も左も分からず始まったんですけど、百戦錬磨の先輩役者の皆さんにね、いろいろ教えていただいて、源ちゃんにはセリフの覚え方とか教えてもらったりとか。

星野:(爆笑)

スガ:(石田)ゆり子さんには振り向き方とかを教えてもらって(会場爆笑)。リハーサルの時に皆さんの演技を見て勉強したりして、なんとかご迷惑をかけないようにやったんですけど。実はDVDが配られてはいるんですけど、僕は怖くてまだ観られなくて、いったいどうなっているのやらという感じなんですが。でも役者という仕事がとても面白くて、自分に返ってくるものが大きかったので、すごく有意義な楽しい仕事をさせていただきました。本当に面白いものになっているみたいなので、僕も放送を一緒に緊張しながら観たいと思っています(笑)。

IMG_6751

MC:ありがとうございます。続きまして、朝田潤子を演じました石田ゆり子さんです。

石田:こんばんは。本日はお忙しい中、ありがとうございます。本当に見ごたえのある素晴らしいドラマで、私も完成したものを観たんですけど、ちょっと「ウッ」と胸が詰まる思いで、本当に細やかにとてもとても丁寧に愛情をいっぱい詰め込まれて出来上がったドラマです。私の役はプラージュのオーナーで、あ、皆さん観たんですよね(笑)。朝田潤子さんっていうんですけど、人として、こういう気持ちで生きていけたらいいなというくらいの母性の塊の人で、私は全然、潤子さんと比べると足元にも及ばない人間なんで(笑)。こういう人になりたい…(笑)

IMG_6774

星野:(石田の隣で首を振りながら)そんなことない。(会場和む)

石田:ありがと、ほんと(笑)。こんな人になりたいなと思いながら、幸せな気持ちでいました。全部で5話あります。本当に目が離せない話ばかりです。皆さん、本当にステキです。ぜひ、WOWOWに入ってください。よろしくお願いします(笑)。

IMG_6786

IMG_6790

MC:そして本作を手がけられました、吉田康弘監督です。

吉田:本日はお越しいただきましてありがとうございます。かなり多数の応募があったと伺っております。その中で皆さん、選ばれし人々でございます。非常に貴重な会でございますので、観ていただいた人は是非、気に入っていただけた人は応援していただければと思いますので、これから周りの人にオススメしていただけたらと思います。そして引き続き5話まで、感想をいただけたらと思います。よろしくお願いいたします。

IMG_6813

MC:まず最初の質問です。本作のテーマに絡めまして、男性キャストの過去について、迫ってみたいと思います。プラージュは、罪やさまざまな過去を背負った人々の再生をテーマにした作品なんですが、男性キャストの皆さま、今まで過去を振り返って、最大の罪だと思うことはなんでしょうか?

星野:ドラマの話をしましょうよ。(会場笑い)なんでドラマの話をせずに、罪の話をするんですか。

MC:まずは、罪の話で(笑)。後ほどちょっと(ドラマの話も)お伺いさせていただきます。ちなみに、マスコミの方が書ける範囲で、罪を発表していただけると(笑)。まずは星野さんから。

星野:僕、最近、罪だなと思いつつ、なかなか止められないのが、締め切りを守らないようになりまして。僕、今年の目標が無理をしないっていう目標なんですけど、見事にそれが締め切りに影響を。締め切りって本当は守った方がいいんですけど、締め切りって大抵、守らないことを見越してちょっと前に設定されていると思うんですけど。それをだいたい分かってしまう年頃っていうか(笑)。まだ大丈夫っしょ、みたいな。その中で、甘えてしまって、「無理しない、無理しない、なんとかなる」という気持ちで。例えば、文筆的なところとか、曲の締め切りとか…、守らないっすね……。(会場笑い)

MC:それはどれくらいの範囲で? まだ3日とか4日とかなら大丈夫だと思うんですけど。

星野:でも、そのくらいですね。最終的に迷惑はかけないっていう点は守りたいので。やっぱり怒られたくないので。(会場笑い)人が怒らないくらいの可愛げのある締め切りの守らなさを維持して、なるべく楽をする、楽をして生きていきたいですね(笑)。(会場笑い)

IMG_6594

MC:ありがとうございました。(会場拍手)

星野:罪を告白して拍手をもらえるっていうのはすごい嬉しいですね(笑)。

MC:続きまして、眞島さん。

眞島:本当はそんな、初対面の人の前で話すようなことではないんですけど(笑)。思い返してみて、大学を中退したことかなという。その当時、本当にやりたいこととか何にもなかった時代で、大学を辞めて、母親が3ヶ月ぐらい寝込んだということがあって(笑)。それが20年近く前の話ですけど、ずっとホントに悪いことしたなっていう思いでいます。

MC:でも、だからこそ俳優への道がつながったのでは?

眞島:いや、どうでしょうね、分からないです。でも、なるべく親孝行しようと思えるのは、そこが原因です(笑)。

MC:ステキないいお話を聞かせていただきました。ありがとうございます。次は渋川さん。

渋川:裏でも話してたんですけど、本当のことは言えませんね。(会場笑い)皆さん、そうですよね? たぶん。罪というよりも、失敗というか、ちょっと思い出したんですけど、初めて乗った飛行機で海外旅行に行ったんですけど、ひとりでニューヨークだったんですけど、21歳くらいだったかな。その時に、酒がタダで飲めるというのを知らなくて、飲めるんだと思ってすごいいっぱい飲んでいたら、ニューヨーク着いた瞬間、吐きました。(会場笑い)あれはちょっと悪かったなあと。ちょっと調子こいたなと思って(笑)。そういうところがちょっとあるんですけど。ま、そんな感じですかね?ありがとうございました。

MC:スガさんはいかがでしょうか?

スガ:僕はミュージシャンになる前に、会社員をやったんですけど。「ミュージシャンになるので会社を辞めます」って言えなくて、デビューもなにも決まってなかったので、嘘ついて会社を辞めました(笑)。

MC:どういう嘘だったんですか?

スガ:「父親の会社に就職することが決まったので」って(会場爆笑)「退職させていただきます」(笑)、って言って辞めました(笑)。

MC:もう時効ということで(笑)。

スガ:そうですね(笑)。ちなみに、当時僕は係長で。(会場に驚きの声)

IMG_6721

MC:ありがとうございます。続きましては本作の現場について、お伺いしていきたいと思います。今度は女性の皆さんにお聞きしたいのですが、この舞台は近年話題になっているシェアハウスなんですけども、皆さん、現場でシェアハウスという独特の空間、雰囲気、味わっていただけましたでしょうか? 仲さん、いかがでしたか?

仲:なんか、東京に出てきた当初を思い出しましたね。シェアハウスじゃないんですけども、学生寮に住んでいて、いろいろな方と住んでいたのを思い出して、お風呂場とか一緒だったなあとか。結構、そういうのを思い出して…。まあ、あんまりいい思い出ではないですね。門限とかあったし(笑)。プラージュは門限がなさそうだから。いいなあと思いました(笑)。

MC:皆さんとご一緒されて、いかがでしたか?

仲:寮母さんが厳しかったんですよ。だから、石田さんみたいなステキで優しい寮母さんだったらいいなあと思いました(笑)。

IMG_6643

MC:ありがとうございました(笑)。中村さんはいかがでしたか?

中村:控室みたいなところで、畳の部屋なんですけど、皆んな自由にゴロゴロしたり(笑)。夜になると、ちょっと薄暗くて、ゆり子さんがランプを持ってきてくださって(笑)。キャンプファイヤーみたいになっちゃいましたよね(笑)。恋話とかも始めたり(笑)。なんか不思議な…(笑)。そのおかげで、すごく皆さんと楽しいお話をさせていただきました。

IMG_6686

MC:ありがとうございます。石田さんはオーナーさんでいらっしゃいましたけど。

石田:今、(中村)ゆりちゃんがおっしゃったことと一緒なんですけど、2階に楽屋として使わせていただいていた部屋があって、10畳位の部屋で、そこにみんな定位置があって、そこに朝から晩まで、ずっと待っているという。もちろん、撮影の時は下に降りて、終わったら上がってきて。なんか林間学校? 修学旅行みたいな雰囲気で(笑)。昼間はカレーとか、ラーメンの話?

星野:差し入れをいただいたら、差し入れの話で盛り上がる。

石田:甘いものの話で盛り上がったり。夜は、どうにもなんなくて人生を吐露し合うという(笑)。(会場爆笑)

星野:ちょうど、プラージュのシーンを撮っている上の階が控室で、ちょっと動くとギシっと鳴るから動けなかったんですよね。だからシーンとしながら、ボソボソボソっとしゃべってて、必然的に人生の話になっていくという。

石田:でも、あの時間が、すごくこのドラマの、プラージュでみんなが暮らしているっていう空気を作ったなあと思いますね。

IMG_6789

MC:ありがとうございます。という風に監督、お話くださってくれましたけど、撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

吉田:すごく良かったです。7人の皆さんが本当に個性を発揮していただいて、グループショット、ワンショットワンショットの寄りもステキでしたけど、グループショットが僕はすごくいいドラマになったなと、思ってます。それは、細やかな上でのコミュニケーションがあったりとかしたおかげなのかなと思っております。

MC:この後、皆さんとても気になっていると思います。2話以降、もっと皆さんが交じり合うということですよね。

吉田:本当に2話以降、また1話と違う面白みがあります。ジャンルが変わっていくといいますか、最後にまた、5話で1話から含めて大団円といいますか、グッと落ちるラストになっていますので、お楽しみいただけます!

IMG_6812

MC:楽しみです!ありがとうございます!

※ここから会場に来てくれた方に、プレゼント企画がスタート。抽選で選ばれた一名の方に、全員のサイン入りポスターがプレゼントされるというイベント中、抽選ボックスを持ってきた男性スタッフを前に星野が「すごいビックリしたんですけど、(男性スタッフ)と、たまたま知り合いなんです。すっごいビックリなんですけど!なんでここにいるの!?」と、会場を驚かせる。そして、幸運にもポスターが当たったお客さんに星野が一言「メルカリで売るなよ」(会場爆笑)。その後、原作者の誉田哲也がサプライズ登壇し、ドラマ化についての感想などが聞かれた。

MC:誉田さん、こうしてドラマ化されました。今、どんなお気持ちですか?

誉田:ついこの前、僕も全話観させていただきまして、最後まで隙なく楽しめるドラマになっておりましたし、安心してくださいスガさん、ステキでしたよ(笑)。(会場笑い)

スガ:(照れながら)ありがとうございます(笑)。

誉田:とっても楽しいドラマでした。

MC:ありがとうございます。そして今回なんと、会場の皆さんにプレゼントがあると。

誉田:はい。いる?

MC:もちろんですよ! 皆さん、欲しいですか? (会場拍手)

誉田:僭越ながら、サイン本を一冊。

MC:ありがとうございます。それでは、星野さんのお知り合いの方から(番号を)引いてもらって。

誉田:(BOXを持った男性スタッフに)はじめまして(笑)。

※当選者が発表された後、最後の挨拶に。

MC:それでは皆さん、最後のご挨拶をよろしくお願いいたします。

仲:観れば観るほど、引き込まれる作品ですし、キャストの皆さん、一人一人が愛情深いキャラクターになっていますので、本当に皆さんのキャラクターのファンになっていくと思うので、最後までご覧ください。よろしくお願いいたします。

眞島:とっても面白い作品になっているはずです。ぜひ、WOWOWにご加入ください。よろしくお願いいたします。

中村:なんといっても、スガシカオさんの俳優デビュー作ですから(笑)、見逃せません! よろしくお願いいたします(笑)。

渋川:やっぱり、監督が最高だったので、現場も本当に最高でした。作品も最高です。お願いします!

スガ:素晴らしい作品になっていると、絶対信じています。そして、僕はこの先、役者の仕事があるわけではないので、「プラージュ2」がありましたら、ぜひ呼んでいただいたら、張り切ってやります!(会場爆笑)

石田:本当に一人一人がとても魅力的な素晴らしいドラマです。スガさんがね(笑)、スガさんが初めて芝居をしてます(笑)。

星野:みんな知ってますよ(笑)。(会場爆笑)

石田:そうですね(笑)。でもそれが、ステキなんですよ。

スガ:(照れながら)もう、やめて~(笑)。(会場爆笑)

石田:だってねえ(笑)、スガさんは私の隣に常に役としていることが多かったんですけど、「カメラの位置で芝居は変えたほうがいいんですか、ゆり子さん…」(会場爆笑)、「カメラの数で(芝居を)変えたほうがいいんですか?」って言うから、「そんな器用なこと、私はむしろできません…」って(笑)。ね?

スガ:(笑)すいません、なんか質問ばっかりしてしまって…(笑)。

石田:本当に、こういう(明るく楽しい)現場でした。ぜひ、WOWOWに入ってください。ぜひお願いします。

MC:それでは最後に星野さん、お願いします。

星野:皆さん、今日は1話を観ていただいて、僕も昨日、初めて1話から全部観まして、思ったよりもすごくコメディコメディというか、そういう色が強いなと思って、2話以降は本当に、監督がおっしゃっていたように、いろんな魅力が話ごとに違っていて、2話の中村さんのお弁当屋さんのお父さんお母さんのシーンとか、本当に素晴らしいですし、話ごといろいろな魅力があって、4話の冒頭とかすごいヤバイですよ。すごいんですよ。仲さんが…ちょっと言えないんですけど(笑)。WOWOWならではの、WOWOWでしかできないぞっていうショットが…、すごいんですよ。でも、今、色味的にはちょっとわりと似ている感じの(笑)。本当に、WOWOWでしか見られないものにもなっていますし、さまざまなエンターテインメントの魅力が詰まった全5話になっていると思います。そんな中で、貴生もですね、本当に魅力的な皆さんに出会って、話を重ねていくうち、後悔したり、希望を持ったりすることによって、貴生自体も少しずつ変わっていくという、そういう流れをぜひ、通して観ていただけたらと思います。あと、5話のスガさんですよね、やっぱりね(笑)。

スガ:あのね、(星野は)脱いでますからね(笑)。すごい脱いでますから。そこですよ。

星野:そんなのはどうでもいいんですよ(笑)。

スガ:俺は源ちゃんの裸、初めて見た。

星野:(爆笑)、いや、僕は役者ではわりと脱がされるんですよ(笑)。よく脱がされるんです。

スガ:すごい裸だった。

星野:あれは本当に嫌でしたね(笑)。裸はなるべく無しにしたいです。スガさんは脱がれてない?

スガ:僕は止められました。

星野:止められた!?

スガ:脱ごうと思ったら、「あ、スガさんはいいですから」って。(会場笑い)

星野:なんですかね、この明確な差というか。なぜ僕は野放しに脱がされるのか(笑)。そんな5話のね、名シーンがあったりとか、本当に魅力がたくさんありますので、ぜひ皆さん、最後まで観ていただきたいと思います。そして観ていただくためには、ぜひWOWOWに加入してください。本当に最後までありがとうございました。

IMG_6576

IMG_6879

IMG_6898

IMG_6957

IMG_6984

IMG_6536

IMG_6551

IMG_6821

WOWOW『連続ドラマW プラージュ』
今夏スタート/毎週土曜夜10時(全5話予定) ※第1話無料放送
番組特設サイト http://www.wowow.co.jp/dramaw/plage/
Instagram公式アカウント @plage_wowow
原作: 誉田哲也(「プラージュ」幻冬舎刊)
監督: 吉田康弘(映画『キトキト!』、『バースデーカード』)
脚本: 大浦光太 吉田康弘
出演: 星野源 仲里依紗 眞島秀和 中村ゆり 渋川清彦 石田ゆり子