【全起こし】SixTONES、Snow Manら、世界に向けて「作品とジャニーズの良さをアピールできたら」『映画 少年たち』公開初日舞台挨拶レポート 全文掲載

1969年の初演以来、若者たちの圧倒的な感動を呼び、幾度も上演を重ねてきたジャニー喜多川、企画・構成・総合演出の舞台「少年たち」を、ジャニー喜多川が初めて映画で製作総指揮を務め、ジャニーズJr.の、SixTONES、Snow Man、なにわ男子・関西ジャニーズJr.の3グループがタッグを組み映画化した『映画 少年たち』が、3月29日より公開初日を迎えた。同日、丸の内ピカデリー1で行われた初日舞台挨拶に、SixTONESのジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹、Snow Manの岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介、Travis Japanの宮近海斗、7 MEN 侍の中村嶺亜、本木克英監督が登壇した。ここでは、本イベントの模様を全文掲載でお届けする。

深澤:皆さん〜、盛り上がってますかー! 楽しんでくれていますかー! 皆さん、声出していいからね〜。ここからが舞台挨拶ブロックということなんですが、ここからは進行MCをSnow Man深澤と!

田中:SixTONESの田中の2人でお送りしたいと思います。よろしくお願いします!

深澤:よろしくお願いします。いやあ〜、田中さん〜。ついにこの日が来ましたね〜。

田中:いや(笑)。そんなカンペ通りに進む!?(笑)田中さんって呼ばれたことないですけど(笑)。まあまあ(笑)、無事、初日を迎えられたということで、僕たちも嬉しく思っております。

深澤:早速だけどさ、一人ずつさ、自己紹介でもしてもらいましょうか。

田中:そうですね、まずはSixTONESのジェシーから。

ジェシー:本日は、『映画 少年たち』に来ていただき、ありがとうございます。ジョー役を演じさせていただきましたジェシーです。短い時間ですが、楽しみましょう。

京本:ジュン役を演じさせていただきました、京本大我です。よろしくお願いします。皆さん、もう観たんですよね? 楽しんでいただけましたか? (会場拍手)ありがとうございます。僕たちジャニーズJr.が魂を込めた作品なので、これからもこの作品が育っていくように願っています。よろしくお願いします。

髙地:エガオ役の髙地優吾です。素晴らしい映画を観たと思うんですけど、皆さん、エガオが良かったとたくさん宣伝してください。そして『映画 少年たち』を僕たちと一緒に盛り上げていきましょう。よろしくお願いします。

松村:はい、ダイケン役を演じさせていただきました、松村北斗です。今日、来ていただいた皆さんを中心に、「少年たち」がどんどん広がって、良い評判を生んでいただければと思います。よろしくお願いします。

森本:ヒロト役の森本慎太郎です。本日はありがとうございます。今日、初日を迎えたということで、皆さんと僕たちで力を合わせて、『映画 少年たち』、良い作品に仕上がっているので、力を合わせて宣伝してすごい良い期間にしたいなと思います。よろしくお願いします(笑)。

田中:はい、情報屋を演じさせていただきました田中樹です。この作品を通して、「ジャニーズすげえな、ジャニーズJr.すげえな」と、世間に広められたらと思いますので、一緒に盛り上げていきましょう。今日はよろしくお願いします。じゃあ、続いてSnow Manいきましょう。岩本さん、お願いします。