「普通より染色体が一個多い」天才書家とその母を追ったドキュメンタリー『書家 金澤翔子 共に生きる』2023年5月公開

天才書家として注目を集める金澤翔子と母・泰子を追った初のドキュメンタリー映画『書家金澤翔子共に生きる』が、2023年5月より公開されることが決定した。併せて母・泰子と監督、プロデューサーよりコメントが寄せられた。

NHK大河ドラマ「平清盛」の題字を担当するなど、今や天才書家と呼ばれるようになった金澤翔子は、5歳から母・泰子を師として書道を始め、純粋な心で揮毫する彼女の“書”は数多くの人々を魅了してきました。彼女の代表作の一つである「風神雷神」は、京都の建仁寺で国宝・俵屋宗達の「風神雷神」の屏風と並んで書が納められ、日本のみならず国連でのスピーチやニューヨークやプラハでの個展開催など世界的な活躍を見せている。金澤翔子が書家として一流の舞台まで上り詰めるまでにはいくつもの努力と挑戦、そして母・泰子の支えがあった。生まれてすぐにダウン症と診断された彼女に母である泰子がどう向き合ってきたのか、どうやって彼女の才能を開花させていったのか、天賦の才能を二人三脚で開花させた金澤翔子と母・泰子を追った初のドキュメンタリーとなっている。

映画では、彼女たちの日々の活動や全国巡回展に密着して金澤翔子と母・泰子が共に生み出す“書道”と彼女たちの幸せの形に迫っていく。

■金澤泰子(金澤翔子の母)コメント
翔子と私のことが映画になると聞いてびっくりしています。翔子はまわりにいる人に喜んでもらいたい一心で、書いてきました。そばにいる私自身が、一番翔子に喜びや驚きをもらってきたのかもしれません。翔子の物語を観て、いろいろな方々が元気や勇気を感じてもらえたら嬉しいです。

■宮澤正明(監督)コメント
翔子ちゃんの笑顔は、癒される。無償の微笑みに人々の心は救われる。翔子さんの涙は、美しい。無心の魂には愛が溢れ人々の心に連鎖する。金澤翔子の書は、感動する。無我の生命力の強さを、人々は心の深いところで感じ今を生きる意味を悟る。過去、現在、未来はひとつ、翔子さんの尋常でない愛の深さの答えとして母泰子氏は言い放った。「翔子は、普通より染色体が一個多い。その一個の染色体の正体が愛だ。」あなたには、どんな愛が見えますか?この映画で、それぞれの自分が感じ取った愛を探してください。

■横山央一(エグゼクティブプロデューサー)コメント
翔子ちゃんにとって、書はコミュニケーションツール、そして、母と今の瞬間を「共に生きる」事が彼女の人生。上手く書こうとか、格好良く決めようとか、純粋無垢な彼女の概念には存在しない。それこそが天から授かった彼女の才能。そんな魂から搾り出される言葉の数々を多くの人達に体験して頂きたい。

『書家 金澤翔子 共に生きる』
2023年5月より公開
監督:宮澤正明
配給:ナカチカ

©映画「書家金澤翔子共に生きる」製作委員会