大槻ケンヂ、マーティ・フリードマンらが絶賛!ロック・モキュメンタリー『スパイナル・タップ』

架空のロックバンド「スパイナル・タップ」の全米ツアーに密着したモキュメンタリー映画『スパイナル・タップ』が6月16日より公開となるのに先立ち、大槻ケンヂ、マーティ・フリードマンらロッカーから本作を推奨するコメントが寄せられた。

本作は、名作『スタンド・バイ・ミー』、『恋人たちの予感』、『ミザリー』のロブ・ライナー監督が1984年に製作した初監督作品。ライナー監督自身が、ロックバンド「スパイナル・タップ」の全米ツアーに密着する映画監督マーティ・ディ・ベルギーを演じ、あまりにもリアルだったため、「本国で公開されたとき、観客がみんな本当の話だと思っていた」と監督は語る。バンドマンなら「あるある」と納得してしまうようなシーンがふんだんに盛り込まれ、レッド・ツェッペリンやヴァン・ヘイレンのエピソードを下敷きにしたとされるシーンも登場し、ロック好きの笑いを誘う一作となっている。

あのスティングが50回鑑賞し、「リアル過ぎて泣いていいのか笑っていいのかわからなかった」と絶賛(!?)した本作。長年本作のファンであったという大槻ケンヂ、伊藤政則、ROLLYをはじめ日本を代表するロッカー達や、人気ヘヴィメタルバンドLOUDNESSの二井原実など錚々たるメンバーからコメントが寄せられた。そして、なんと本作でバンドのメンバー達がホテルのロビーで出くわすロック・スター“デューク・フェイム”を演じたPaul Shortinoからコメントも。

著名人 コメント

■大槻ケンヂ(ミュージシャン)
バンドマンとしてこれほど身につまされて爆笑させられて泣かされるロックバンドあるある映画は他に無いです。ドキュメント風フィクション映画としても超一級品の大名作。

■マーティ・フリードマン(ギタリスト)
『スパイナル・タップ』はアメリカのロックミュージシャンの聖書のような存在感です。知らないロッカーは1人もいません。最初から最後まで、ロックミュージシャンの“あるある”シチュエーションとハプニングが続きます。でも一番感動的で不思議な事は、この映画はロック/メタルブームになる前に作ったということ。将来の予言オンパレード。昔作られた映画なのに、今でもロックの世界のことを正確に示しています。ロック映画の中でも、この映画の影響はダントツに大きいです。メタリカの革命的な「ブラック・アルバム」はまさに「スパイナル・タップ」からの影響です。洋楽界の常識を覗きたいなら、『スパイナル・タップ』はマストです!

■伊藤政則(音楽評論家/MASA ITO)
女王陛下も爆笑(したかもしれない)面白さ。大英帝国の誇りを感じさせる、ブラックなセンス・オブ・ユーモアの切れ味は、あのモンティ・パイソンも裸足で逃げ出した。しかし、底知れぬメタル愛に満ちた作品でもある。

■ROLLY(ミュージシャン)
泣いて笑って喧嘩して!以降の、ありとあらゆるロック映画に多大なる影響を与えた偉大なる元祖天才バカボンだ!ロックンロール!!!!

■二井原実(LOUDNESS)
確か”SPINAL TAP”を始めて観たのは85年の全米ツアー中、ツアーバスの中だったと思う。映画に出てくる数々の爆笑エピソードがプロのロックバンドマンにとってはあまり笑えなかったりする。何故なら、ロックバンドマンならあのエピソードに近いことを数々経験しているはず・・・だからだ。楽屋からステージにたどり着かなかったり、ステージ上での間抜けなトラブル、飛行場でのトラブル…etc,我々も数々経験している。コメディー映画ではあるのだが、ちょっと泣けるのは、ロックバンドマンのペーソスを端々に感じ、何かしら”SPINAL TAP”にシンパシーを感じるからだろう。字幕のテンポが良く、スラングやギャグも上手に翻訳されていて違和感が無い。特にロック業界関係者は爆笑必至!ロックファン必見のロッカメンタリー映画だ!

■Paul Shortino(Rough Cutt, Paul Shortino)←本作にも登場!
Hi this is Paul Shortino! From Rough Cutt, Quiet Riot & Duke Fame of This is Spinal Tap. I’ve been waiting in the lobby for the limo for 30 years now for Spinal Tap to make into theaters in Japan! That day has come and my Limo has arrived! Off to the Normo dome! Big Love 😎🎤✌

ハイ!俺はポール・ショーティノ。ラフ・カットから、スパイナル・タップのデューク・フェイムとして登場した。俺は、『スパイナル・タップ』が日本で劇場公開されるのをホテルのロビーでリムジンを待つ様に30年間ずっと待ってたんだ!その日がやっと来た。(映画の中に出てきた)エノルモドームから出発するぞ!ビックラブ♡

■柴田直人(ANTHEM)
1987年、既に僕は、アルバムのミックスとプロデュースを担当してくれたクリス・タンガリーデスから「スパイナル・タップ」について、しょっちゅう話を聞いていた。かの“モンティパイソン”を生み出したブラックユーモア文化の塊のような大英帝国で一斉を風靡したこの作品は、単に“面白い”とか“笑える”とかという次元を超えて、まさにあのメタル文化が産み落とした、アイコンの一つとさえ言えるだろう。徹底したコンセプトと細部にまで拘っている描写によって、並のメタルを題材とした作品などよりも、メタルミュージックの真髄を突いていると思うし、「あぁ、ホントわかるな〜この感じ!」と、自分の経験上いちいち思い当たる事がある。かつてのメタル文化の放っていた、狂気とエネルギーをも見事に表現できているので、その時代を知らない方が擬似体験するの
にも良い材料になるはずだ。とはいえ、、、とにかく面白いわ。

『スパイナル・タップ』
6月16日(土)より新宿武蔵野館他全国ロードショー
監督:ロブ・ライナー
製作:カレン・マーフィ
出演:ロブ・ライナー マイケル・マッキーン クリストファー・ゲスト
配給:アンプラグド

【ストーリー】 「スパイナル・タップ」は60年代にデビューし、かつて一世を風靡したイギリスの人気ロックバンド。ビートルズ・スタイル、フラワーチルドレン…時代とともに音楽性も変化させてきた彼ら。そして時は80年代、最先端であるハードロック・スタイルを武器に現在に至っている。そんななか、アルバム「Smell the Glove」のリリースが決定、大々的な全米ツアーを行うことになった!彼らの大ファンである映画監督マーティ・ディ・ベルギーは、ツアーに密着を決意。映し出されるのは、結成秘話からメンバーたちの苦悩、歴代ドラマーの怪死、トラブルから感動のステージまで、次々と明かされるファン必見のエピソードの数々。伝説のロック・ドキュメンタリー『スパイナル・タップ』がここに誕生する―!!

©1984 STUDIOCANAL All Rights Reserved.