市原隼人主演最新作!映画『サムライせんせい』ポスタービジュアル、予告編解禁!

東京公開を2018年新春に控え、主人公・武市半平太の故郷である高知県での先行上映が決定している市原隼人主演最新映画『サムライせんせい』より、待望のポスタービジュアルが解禁となる。そして、高知だけでなく、鹿児島、山口、佐賀でも11月18日(土)より公開されることが決定。正に、平成の薩長土肥連合とも言える先行公開を皮切りに、日本列島を北上する武市半平太旋風が巻き起こる。

sumuraiT_B1

今回解禁されたポスタービジュアルには、大きな半平太と小さな半平太が登場。本作は幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太が平成の世に迷い込み、学習塾を手伝うことで繰り広げられる痛快なストーリーだが、半平太の胸に去来する過去にやり残したことへの郷愁と過去から繋がる現代への不思議な思いが描かれている。そんな半平太の心模様を象徴的に表したビジュアルで、現代の路上にたたずむ半平太は自分が生きてきた過去への思いを胸に空を仰ぎ、前を見据えた大きな半平太は、現代に迷い込み「この時代も悪うないぜよ」と現代にエールを贈る。

更に、先行上映される薩長土肥バージョンとして公開される予告編では、平成の時代に迷い込んだ直後の半平太と、いきなり現れたサムライにアタフタする現代人が登場。見たことのない現代の風景や生活ぶりに驚くばかりの半平太に反し、サムライを受け入れていく周囲の人々の温かさが垣間見られるシーンも盛り込まれている。幕末時代と現代の様子が交錯する中、予告映像の後半では昔も今も変わらない日本への思いを語る半平太。「この日の本(ひのもと)をよくするために全力で奔走せないかんぜよ!」と、祖国を変えようと奔走した半平太らしいセリフが今を生きる現代人の心に深く刻まれる映像が出来上がった。

本作で主人公・武市半平太を演じるのは、現在NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で傑山役を好演中の市原隼人。半平太と同じく平成の世に迷い込んだ坂本竜馬を忍成修吾が演じ、物語のキーパーソンとなる佐伯老人に橋爪功、半平太の妻に奥菜恵といったベテラン陣が顔を揃え、半平太に関わる現代の若者には押田岳、武イリヤといったフレッシュな顔ぶれが登場。本作でメガホンをとるのは、『キャプテントキオ』(’07)、『新選組オブ・ザ・デッド』(’15)の渡辺一志。

『サムライせんせい』
11月18日(土)TOHOシネマズ高知他、薩長土肥先行公開
2018年新春、東京公開ほか、全国北上公開
監督:渡辺一志
出演:市原隼人 忍成修吾 奥菜恵 押田岳 武イリヤ 橋爪功
配給:ピーズ・インターナショナル

STORY 幕末からタイムトラベルで現代へやってきたちょんまげの侍。それは幕末を生きた高知出身の志士・武市半平太。尊王攘夷か公武合体かで国論が揺れていた幕末期、失脚して、投獄の身であった土佐勤王党盟主の半平太がふと目覚めると、そこは何故か平成の日本。ひょんなことで学習塾を経営する老人・佐伯に助けられ、佐伯の好意によって佐伯家に居候することになる。
半平太は、幕末と平成との間の様々なカルチャーギャップに戸惑いながらも、サムライの格好のまま、佐伯の経営する学習塾を手伝うことに。当初は、子どもたちや町の人々から好奇の目で見られたりしたものの、持ち前の真面目さや温厚な人柄で、人々の信頼を得てゆく。平成の世の中での暮らしに、なんとかなじめてきたある日、楢崎梅太郎と名乗るジャーナリストが半平太を訪ねてやってくる。楢崎の正体は、半平太の盟友にして幕末の英雄・坂本竜馬だった!

ⒸMovie ver. Master SAMURAI. and ⒸEsusuke Croe / Libre 2017 All Rights Reserved.