松坂桃李「ずっと謝っていた。バイト時代を鮮明に思い出しました」スーパーで働いていた学生時代を振り返る!

『あゝ、荒野』、『新聞記者』、『宮本から君へ』など話題作を世に送り出すスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画、『ヒメアノ~ル』、『犬猿』、『愛しのアイリーン』の𠮷田恵輔が監督・オリジナル脚本を務める、古田新太主演、松坂桃李共演のサスペンス・ヒューマンドラマ『空白』が、9月23日に公開初日を迎えた。同日、新宿ピカデリーにて初日舞台挨拶が実施され、キャストの古田新太、松坂桃李、田畑智子、藤原季節、伊東蒼、寺島しのぶ、𠮷田恵輔監督が登壇した。

主演の古田は「楽しい現場でした」とし、「皆さん、早く帰りたい人達が多かったので、なるべくNGを出さずに滞りなく」撮影が進んでいったという。「ものすごいトゲトゲしいシーンばかりだったので、その反動で終わったらすぐ飲みに行こうという感じ」だったことを明かした。

しかし、古田は松坂とは飲みに行かなかったそうで、「桃李は役作りをする人なんで、あんまり仲良くしちゃいけないみたな」とぼやき。「そういうことではない(笑)」と否定した松坂は、「毎シーン、古田さんとのシーンは、カロリーの消費量が高いんですよ。とてもじゃないけど、飲みに行く気力が湧かないというか…(笑)。疲弊しきって、そのままホテルに帰っていた」と、飲みに行かなかった理由を語っていた。

撮影では「ずっと謝っていた印象」だという松坂。古田から「でも、一番辛かったのは、(寺島)しのぶちゃんとのシーンじゃないの?」と振られると、スーパーの店員役の松坂は「学生時代、本当にスーパーで働いていたことがあって、当時一緒に働いていたパートの方と、しのぶさんの雰囲気が本当に似ていて、当時のバイト時代を鮮明に思い出しました(笑)」と、苦笑いを浮かべながら撮影を振り返っていた。

『空白』
9月23日(木) 全国公開
監督・脚本:𠮷田恵輔
音楽:世武裕子
出演:古田新太 松坂桃李 田畑智子 藤原季節 趣里 伊東蒼 片岡礼子 寺島しのぶ
配給:スターサンズ KADOKAWA

【ストーリー】 全てのはじまりは、よくあるティーンの万引き未遂事件。スーパーの化粧品売り場で万引き現場を店主(松坂桃李)に見られ逃走した女子中学生、彼女は国道に出た途端、乗用車とトラックに轢かれ死亡してしまった。女子中学生の父親(古田新太)は「娘が万引きをするわけがない」と信じ、疑念をエスカレートさせ、事故に関わった人々を追い詰める。一方、事故のきっかけを作ったスーパーの店主、車ではねた女性ドライバーは、父親の圧力にも増して、加熱するワイドショー報道によって、混乱と自己否定に追い込まれていく。真相はどこにあるのか…?少女の母親、学校の担任や父親の職場も巻き込んで、この事件に関わる人々の疑念を増幅させ、事態は思いもよらない結末へと展開することに…。

©2021『空白』製作委員会