スティーヴィー・ワンダーらが参加!50年を経て蘇るブラック・ミュージックの祭典『サマー・オブ・ソウル』2021年公開!

2021年1月に開催されたサンダンス映画祭のオープニング作品として上映され、ドキュメンタリー部門審査員大賞と観客賞をダブル受賞した映画『SUMMER OF SOUL (OR,WHEN THE REVOLUTION COULD NOT BE TELEVISED)』が、邦題『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』として、2021年に公開されることが決定した。併せて、US版ティザー予告編がお披露目となった。

ウッドストックと同じ1969年の夏、160キロ離れた場所で、もう一つの歴史的な音楽フェスティバルが開催されていた。スティーヴィー・ワンダーや、B.B.キングら、ブラック・ミュージックのスターが集結し、30万人以上が参加したこの夏のフェスの名は、“ハーレム・カルチュラル・フェスティバル”。その映像は、なぜか誰の目にも留まることなくその後約50年も地下室に埋もれたままになっていた。本作は、歴史的映像の驚異の大発掘を経て、アメリカ音楽史のブラック・ヒストリーの柱となることを運命づけられた映画である。

映画監督として輝かしいデビューを飾ったのは、本年度アカデミー賞の音楽監督も務めたヒップホップ界の最重要人物、アミール・“クエストラブ”・トンプソン。4度のグラミー賞受賞者、220万人のインスタフォロワーを持つ、エミネムやジェイ・Zのプロデューサーであり、本年度アカデミー賞⻑編アニメ映画賞、作曲賞を受賞した『ソウルフル・ワールド』では声優としても出演している。彼は、1969年当時、まさに頂点を極めようとしていた、黑人の歴史、カルチャー、ファッション、音楽の大々的な発表の場となったこの革命的なフェスティバルの全貌を、重要な記録映像、当時のインタビュー、そして約50年の時を経てこの映像に初めて触れる当時の参加者たちの証言を織り込みながら、パワフルなドキュメンタリー映画として完成させ、サンダンス映画祭を熱狂させた。“ブラック・ライヴズ・マター”が叫ばれ、アフリカン・アメリカンの歴史と文化に注目が集まる今、埋もれた50年の意味とともに明らかにしていく。

出演アーティストは、スティーヴィー・ワンダー、グラディス・ナイト、デヴィッド・ラフィン(元ザ・テンプテーションズ)といった当時のヒットチャートを席巻中のモータウン勢から、B.B.キング、ハービー・マン、マックス・ローチなどのブルース、ジャズ勢、さらにマヘリア・ジャクソン、ザ・ステイプル・シンガーズ、ザ・エドウィン・ホーキンス・シンガーズといったゴスペルの最高峰から、さらにポップ、ラテン、アフリカまでを俯瞰した、まさにブラック・ミュージックを包括したスターが勢揃いした。

才気に満ち溢れた若きスティーヴィー・ワンダー、フェスの1年前に非業の死を遂げたキング牧師に捧げる、ゴスペルの女王マヘリア・ジャクソンとメイヴィス・ステイプルズの、会場を異次元に導く歴史的熱唱、ウッドストックでもベスト・アクトの一つと称された当時人気絶頂のスライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーンの圧巻のパフォーマンス、そして後世に語り継がれ、聴くものの人生を変えたニーナ・シモンのメッセージ…50年の時を超え封印を解かれた、音楽フェスティバルの全貌が蘇る。

『サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)』
2021年公開
監督:アミール・“クエストラブ”・トンプソン
出演:スティーヴィー・ワンダー B.B.キング ザ・フィフス・ディメンション ステイプル・シンガーズ マヘリア・ジャクソン ハービー・マン デヴィッド・ラフィン グラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン モンゴ・サンタマリア ソニー・シャーロック アビー・リンカーン マックス・ローチ ヒュー・マセケラ ニーナ・シモン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

© 2021 20th Century Studios. All rights reserved.