みうらじゅん&町山智浩が副題を考案!マシュー・マコノヒー『ビーチ・バム まじめに不真面目』ポスタービジュアル

『スプリング・ブレイカーズ』以来、7年ぶりとなるハーモニー・コリン監督最新作で、アカデミー賞俳優マシュー・マコノヒーが破天荒な放蕩詩人を演じる『ビーチ・バム(原題)』の邦題が『ビーチ・バム まじめに不真面目』に、公開日が4月30日に決定した。併せて、ポスタービジュアルがお披露目となった。

ムーンドッグは、かつて一冊だけ出版した詩集が成功し、天才と絶賛されていた詩人。その後は長らく大富豪の妻に頼り、酒とマリファナと女、太陽と海、船をこよなく愛し、ハウスボートでのパーティなどお祭り騒ぎの放蕩生活を送っていた。だが、ある事件がきっかけで新しい詩集を出版しなければ、無一文のホームレスになるという窮地に陥る…。

主人公・ムーンドッグ(マシュー・マコノヒー)はホームレスになった後、クレイジーな仲間達(スヌープ・ドッグ、ザック・エフロン、マーティン・ローレンス、ジミー・バフェットら)に時に頼りながら新たな詩を書くための旅に出る。だが、従来のロードムービーとは大きく異なるのは、主人公が旅に出ても“ぜんぜん成長しない”“一度も反省しない”という点。周囲は彼をバカ者扱いするが、主人公の本音は「人は皆、自分の内面を見つめる余裕がなくなってしまう。人生は山あり谷あり。俺はどんな時も自分に素直に、人生を楽しみたいだけ」というものだ。

副題の「まじめに不真面目」は、37年来の仲である、イラストレーター・みうらじゅんと映画評論家・町山智浩の、一時間あまりに渡る弾丸トークをもとに決定された。映画を一早く鑑賞したみうらと町山は、主人公ムーンドッグは根が真面目で、実は細かいことを気にしてしまう性格だから、照れ隠しでふざけたキャラクターを演じていると指摘。「実はまじめに不真面目を貫くって大変なんだよね」とみうらと町山の意見が一致し、そこからこの邦題が生まれた。

別の邦題候補として、みうらは、主人公が詩人(ポエマー)であり、ヒッピーでもある事から、ポエマーとヒッピーを掛け合わせた造語“ポエッピー”を編み出し『ハッピー・ヒッピー・ポエッピー』という案を。町山は、この浮世離れした主人公を一言で表し『渚の解脱マン』と名付けた。これらの邦題が入った2種のチラシは、後日映画館に配置される。

ポスタービジュアルには、毎日どんちゃん騒ぎのパーティをするハウスボートの上で、満面の笑みを浮かべる元・天才詩人ムーンドッグの姿が収められる。劇中の印象的なセリフ「Fun is a Fucking Gun」とその意訳「楽しんで生きるのは、闘いだ」のキャッチコピーは、トランプ前大統領の誕生がきっかけで本作の構想を思いついたというハーモニー・コリン監督が、本作に込めた力強いメッセージでもある。

『ビーチ・バム まじめに不真面目』
4月30日(金)より、キノシネマみなとみらい・立川・天神ほか全国順次公開
監督・脚本:ハーモニー・コリン
出演:マシュー・マコノヒー スヌープ・ドッグ アイラ・フィッシャー ステファニア・オーウェン ザック・エフロン ジョナ・ヒル マーティン・ローレンス ジミー・バフェット
配給:キノシネマ

©2019 BEACH BUM FILM HOLDINGS LLC. ALL RIGHTS RESERVED.