「俺たち家族になるんだよ」“父”役所広司と“息子”吉沢亮のもとに傷ついたブラジル人青年が迷い込む『ファミリア』特報映像

『いのちの停車場』の成島出監督が、役所広司主演、吉沢亮共演で贈る、国籍・文化・境遇の違いを超えて、家族を作ろうとする人々を描いた感動の物語『ファミリア』が、2023年1月6より公開される。このほど、特報映像とティザービジュアルがお披露目となった。

本作は山里に暮らす陶器職人の父・誠治と海外で活躍する息子・学、そして隣町の団地に住む在日ブラジル人青年・マルコスの3人を中心、国籍や育った環境、話す言葉などの違い、血のつながりを超えて強い絆で“家族”を作ろうとする人々の姿を描いたオリジナル作品。

特報映像は、誠治(役所広司)たちが一人息子・学(吉沢亮)と、赴任先のアルジェリアで出会った難民出身のナディアとの結婚を祝福する幸せなシーンから始まる。久しぶりに焼き物の粘土を父子一緒にこねるなど、ささやかながら幸せな時間を過ごす家族のもとに、怪我を負った在日ブラジル人青年・マルコス(サガエルカス)が迷い込んできたところから物語が動き出す。厳しい生活を送る中で半グレ集団にも目をつけられ追い詰められたマルコスは、亡き父の面影が重なる誠治に「日本人にもなれない!ブラジル人でもない」とやり場のない憤りをぶつける。映像後半は、理不尽な出来事に慟哭する誠治の姿、誠治を慕うマルコスや彼の恋人エリカ(ワケドファジレ)の姿を次々と捉え、「父さん!話す言葉も育った環境も違うのにさ、俺たち家族になるんだよ」という学の幸せそうな言葉と、それを噛みしめるかのような“父”誠治の姿が胸を打つ。

ティザービジュアルは、大切な人々と共に生きることを強く願う父・誠治の表情が印象的なビジュアルとなっている。

『ファミリア』
2023年1月6日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開
監督:成島出
出演:役所広司 吉沢亮 サガエルカス ワケドファジレ 中原丈雄 室井滋 アリまらい果 シマダアラン スミダグスタボ 松重豊 MIYAVI 佐藤浩市
配給:キノフィルムズ

【ストーリー】 山里に一人暮らす陶器職人の神谷誠治(役所広司)のもとに、アルジェリアに仕事で赴任している学(吉沢亮)が婚約者ナディアを連れて一時帰国。結婚を機に会社を辞め、焼き物を継ぐと宣言した学に誠治は反対する。一方、誠治が住む隣町の団地に住む在日ブラジル人青年のマルコス(サガエルカス)は半グレに追われたときに助けてくれた誠治に亡き父の面影を重ね、焼き物の仕事に興味を持つ。そんな中、アルジェリアに戻った学とナディアをある悲劇が襲い…。

©2022「ファミリア」製作委員会