仏の名優マチュー・アマルリックの監督最新作!物語の詳細を知らないままに見てほしい傑作『彼女のいない部屋』8月公開!

フランス映画界の名優であり『さすらいの女神たち』など数々の監督作でも知られるマチュー・アマルリックの最新作で、昨年のカンヌ国際映画祭「カンヌ・プレミア」に選ばれた『SERRE MOI FORT(原題)』が、邦題『彼女のいない部屋』として8月26日より公開されることが決定した。併せて、海外版ポスタービジュアルがお披露目となった。

本作は、フランスの個性的名優でもあるマチュー・アマルリック監督の最新作は、物語の詳細を知らないままに見てほしい、誰も見たことのない新たな表現に到達した感動的な傑作。アマルリックは、アルノー・デプレシャン、オタール・イオセリアーニ、ウェス・アンダーソン、黒沢清ら名監督作品への出演や『007/慰めの報酬』での強烈な悪役まで俳優として大人気なのはもちろんだが、実は監督としてもトップクラス。本格的な長編監督第1作の『さすらいの女神たち』ではカンヌ映画祭監督賞・国際映画批評家連盟賞を受賞し、2017年の『バルバラ セーヌの黒いバラ』はカンヌ映画祭ある視点部門の開幕作に選ばれた。

そのアマルリックの「実は最高傑作ではないか?」とフランス国内で絶賛が寄せられているのが、最新作『彼女のいない部屋』である。海外資料にあるストーリーは「家出をした女性の物語、のようだ」という1行のみ。フランス公開時にも、物語の詳細は伏せられ、展開を知らない観客が、ある真実に気づいたときに大きな衝撃で心が動揺するほど感動したという作品だ。

主演はポール・トーマス・アンダーソン監督のアカデミー賞受賞作『ファントム・スレッド』や M・ナイト・シャマラン監督作『オールド』、ミア・ハンセン・ラヴ監督作『ベルイマン島にて』で今最も輝くヨーロッパ女優と言われるヴィッキー・クリープスが務める。

『彼女のいない部屋』
2022年8月26日(金)より、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開
監督・脚本:マチュー・アマルリック
出演:ヴィッキー・クリープス アリエ・ワルトアルテ
配給:ムヴィオラ

© 2021 – LES FILMS DU POISSON – GAUMONT – ARTE FRANCE CINEMA – LUPA FILM