アンドリュー・ガーフィールド主演!人気YouTuberへと駆け上がろうとする若者たちの野心と狂気を描く『メインストリーム』10月公開!

ジア・コッポラ監督が、アンドリュー・ガーフィールド主演、マヤ・ホーク共演で贈る『Mainstream(原題)』が、邦題『メインストリーム』として10月8日より公開されることが決定した。併せて、場面写真がお披露目となった。

本作は、人気YouTuberへと駆け上がろうとする若者たちの野心と狂気の行きつく果てを描き出す。2020年ベネチア国際映画祭に正式出品され、全米公開時には激論を巻き起こした。

監督を務めるのは、フランシス・F・コッポラの孫にして、ソフィア・コッポラの姪であり、写真家としても活動する傍ら、水原希子を起用したユナイテッドアローズのCMディレクターや様々なMV監督としても活躍、若いながらコッポラファミリーの一員として着実にキャリアを重ねているジア・コッポラ。本作は、批評家から高評価を受け、鮮烈な監督デビューを果たした『パロアルト・ストーリー』に続く長編2作目となる。

主演は、2011年に『ソーシャル・ネットワーク』でゴールデン・グローブ賞助演男優賞に初ノミネートされ、その翌年には『アメイジング・スパイダーマン』の主役に抜擢、『アンダー・ザ・シルバー・レイク』での怪演も記憶に新しいアンドリュー・ガーフィールド。破天荒でシニカル、圧倒的カリスマ性でスターダムを駆けあがり、狂気に染まる主人公・リンクを熱演し、またプロデューサーとしても本作の制作に関わる。ヒロインには、ユマ・サーマンとイーサン・ホークを両親にもち、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』やNetflixシリーズ「ストレンジャー・シングス」への出演でブレイクを果たしたマヤ・ホーク。女優だけにはとどまらず歌手・モデルとしても活躍し、ファッションアイコンとして絶大な人気を誇る彼女が演じるのは、うだつの上がらない日々を過ごしながら成功を夢見る女の子フランキー。彼女がリンクと出会うことによって、彼らの運命の歯車が大きく狂いだしていく。

『メインストリーム』
10月8日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開
監督・脚本:ジア・コッポラ
脚本:トム・スチュアート
出演:アンドリュー・ガーフィールド マヤ・ホーク ナット・ウルフ
配給:ハピネットファントム・スタジオ

【ストーリー】 夢と野心が交錯する街LA。20代のフランキー(マヤ・ホーク)は映像作品をYouTubeにアップしながら、さびれたコメディバーで生計を立てる日々に嫌気がさしていた。ある日、天才的な話術の持ち主・リンク(アンドリュー・ガーフィールド)と出会い、そのカリスマ性に魅了されたフランキーは、男友達で作家志望のジェイク(ナット・ウルフ)を巻き込んで、本格的に動画制作をスタートする。自らを「ノーワン・スペシャル(ただの一般人)」と名乗り、破天荒でシニカルなリンクの言動を追った動画は、かつてない再生数と「いいね!」を記録。リンクは瞬く間に人気YouTuberとなり、3人はSNS界のスターダムを駆け上がっていく。刺激的な日々と、誰もが羨む名声を得た喜びも束の間、いつしか「いいね!」の媚薬は、リンクの人格を蝕んでいた。ノーワン・スペシャル自身が猛毒と化し、やがて世界中のネットユーザーからの強烈な批判を浴びるとき、野心は狂気となって暴走し、決して起きてはならない衝撃の展開をむかえる…。

©2020 Eat Art, LLC All rights reserved.