神尾楓珠「すごい青春」、佐藤浩市「自分も“何か”を伝えたい」市船吹奏楽部の絆が生んだ奇跡の実話を映画化『20歳のソウル』2022年公開!

千葉県船橋市立船橋高校で代々受け継がれる応援局「市船soul」を作曲した一人の青年・浅野大義さんと、市船吹奏楽部の絆が生んだ奇跡を辿った、中井由梨子による小説「20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド」を、神尾楓珠と佐藤浩市共演で映画化する『20歳のソウル』が、2022年に公開されることが決定した。

千葉県船橋市立船橋高校には、代々受け継がれている「市船soul」という応援曲がある。その楽曲は、運動部の試合中に演奏されると勢いがつき、「ソウルが流れると点が入る!」「市船のチャンステーマ」など市船を勝利へ導く神応援曲としてTwitter上で話題になった。その名曲誕生の裏側には、癌により20歳という若さで、短い人生の幕を閉じた浅野大義さんという青年がいた。

生前、市船の吹奏楽部員だった大義さんは、野球部を応援する曲を作りたいと「市船soul」を作曲。そして完成すると、その楽曲は、運動部員たち、一緒に青春を過ごした吹奏楽部の仲間たちを勇気づけ、さらには病にかかった彼自身にも生きる力を与えた曲になった。そんな「市船soul」の作曲を一番近くで見守り、大義の青春に大きな影響を与えたのが、吹奏楽部顧問・高橋健一先生の存在だった。高橋先生は大義さんの告別式で「大義のために演奏しよう」と声をかけ、164名もの市船吹奏楽部OBが集まり、「市船soul」を演奏して大義さんを送り出した。

大義さんの物語は、本作の脚本を担当した中井由梨子により2018年に書籍化され、店頭に並ぶと「電車で読んではいけない本」として各レビューサイトで“感動”“号泣”コメントが殺到。また「NEWSポストセブン」で記事が掲載されると、「Yahoo!ニュース」に転載され、40万PVを獲得し、その後テレビ朝日「報道ステーション」でも特集されるなどメディアで大きな話題を集めた。

その映画化となる本作で主人公・浅野大義を演じるのは、2021年ネクストブレイク俳優と呼び声が高い神尾楓珠。神尾は本作で初めて、大義さんが吹奏楽部で担当していたトロンボーン、そしてピアノ演奏に挑戦する。また実際に、市船吹奏楽部の演奏も見学し、スクリーンで大義さんの人生を生きる上での役作りに反映させた。大義さんの恩師・高橋健一先生を演じるのは、昨年俳優生活40周年を迎え、これまで100本以上の映画に出演してきた、日本を代表する名俳優・佐藤浩市。佐藤は、初の吹奏楽部顧問を演じる上で、実際に高橋先生から指揮法を学び、また神尾同様、市船吹奏楽部の演奏と合唱を見学。彼らの音楽を聴いて、大好きな音楽と共に生き切った大義さんの人生を先生の目線で伝えていく。

▲市船吹奏楽部が活動の一環として参加する、YOSAKOIソーラン祭りの衣装を羽織る神尾楓珠と佐藤浩市

監督は、高橋克典主演作「特命係長 只野仁」シリーズ、佐藤浩市主演作「陽はまた昇る」、三浦友和主演作「就活家族~きっと、うまくいく~」等、テレビ朝日で演出家・プロデューサーとして活躍した秋山純。独立後は映像制作会社を設立し、映像界で活躍を続ける。脚本は、本作の原作の著者でもある中井由梨子。中井はこれまで作家・脚本家・演出家として幅広く活動。2017年、朝日新聞の記事をきっかけに、大義さんの関係者へ取材を行い、2018年に著作を上梓した。今作では脚本を担当し、映画として何を伝えたいか、改めて大義さんと向き合い、脚本を書き上げた。大義さんが残した「市船soul」は市船吹奏楽部の後輩たちに受け継がれ、高校野球のスタンド等で今も生き続けている。

▲浅野大義さん本人(左)

▼スタッフ&キャスト コメント

■神尾楓珠(浅野大義役)
最初、実話ということを知らずに脚本を読ませていただいたのですが、映画みたいな、すごい青春だなと感じました。本作で、浅野大義さんを演じる上で、いろいろな方たちからお話を伺い、彼は周りからの人望が厚く、とても愛されていたんだなと感じ、映画ではその魅力や、そして彼が残してくれた生き様が、きちんと伝わる様に演じられたらいいなと思います。

■佐藤浩市(高橋健一役)
市船・吹奏楽部の生徒たちが演奏しているのを見させていただき、昨今、このコロナで演奏できる場、表現できる場が失われた生徒たちが、“何か”を伝えようと、とても生き生きと演奏していました。その姿を見て、この映画で、そして浅野大義さんの人生を通して、自分自身もこの子たちのその“何か”を伝えたいと思います。

■秋山純(監督)
4年前の朝、新聞で大義くんの記事を読みました。彼の生きた証を多くの人に知ってもらいたい。その想いは、たくさんの仲間、素晴らしい俳優陣へと縁を繋ぎ、映画として実を結びました。大義くんが我々を選んでくれたのだと信じています。

■中井由梨子(原作・脚本)
浅野大義、という音楽好きの青年が20歳の若さで亡くなった。その事実の中に、想像もできないような奇跡が、たくさんの人々の絆が、溢れ出す想いがあります。短くても力強く生ききる、命の輝きを感じてください。誰もが共感できる、明日への勇気となるような映画です。

『20歳のソウル』
2022年 全国公開
監督:秋山純
原作:中井由梨子「20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド」
脚本:中井由梨子
出演:神尾楓珠 佐藤浩市
配給:日活

【ストーリー】 浅野大義(神尾楓珠)は市立船橋高校吹奏楽部に所属する男の子。担当はトロンボーン。活発で優しく、そして真っすぐな大義は、いつも周囲を明るく照らし、そして大義自身も部員たちに支えられ、青春を謳歌していた。なにより特別な存在である顧問・高橋健一先生(佐藤浩市)に大きな影響を受け、心身共に成長していった。大義は、野球の強豪校でもある市船・野球部のために、オリジナル応援曲の作曲に挑戦。作曲の難しさと葛藤しながらも 高橋先生からの叱咤激励もあり「市船soul」が誕生する。そして、いざ試合で演奏されるとたちまち得点を呼ぶ“神応援曲”として呼ばれる様になる。高校を卒業した大義は、高橋先生の様な教師を志し音楽大学へ進学、夢に向かってキャンパスライフを過ごしていた。そんな中、ある日突然、大義の身体に異変が襲う。診察の結果、大義の身体は癌に侵されていた…。

©2022「20 歳のソウル」製作委員会