LiSA「一層思い入れの強い楽曲に!」主題歌「炎」を担当!『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』本予告編&ポスタービジュアル

「週刊少年ジャンプ」にて連載中の吾峠呼世晴による大人気コミック「鬼滅の刃」を劇場アニメ化する『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、10月16日より公開される。このほど、本作の主題歌がテレビシリーズに続いて担当するLiSAによる新曲「炎」(読み:ほむら)に決定し、併せて、本予告編とポスタービジュアルがお披露目となった。

昨年9月末にテレビアニメ最終話「新たなる任務」が放送され、“竈門炭治郎 立志編”の物語が幕を閉じ、主人公の竈門炭治郎(かまど・たんじろう)とその仲間たちが今回の舞台となる“無限列車”に乗り込むシーンで終了した最終話から繋がる本作。炭治郎たちは、炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅろう)とともに短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているという“無限列車”を捜索することになる。

主題歌は、LiSAによるバラード楽曲「炎」。テレビアニメのエンディングテーマ「from the edge」を手掛けた梶浦由記と再タッグを組み、映画版の物語も彩る。

本予告編では、過去最強の敵・魘夢が「夢を見ながら死ねるなんて、幸せだよね」と不穏な言葉を放つ一方で、炭治郎は亡くなったはずの兄弟、花子と茂と再会を果たすが、何かを察知し「起きろ、攻撃されてる!」と自分を鼓舞。走り続ける無限列車の上で繰り広げられる炭治郎と魘夢の戦いは手に汗握るアクションの連続だ。果たして、炭治郎や列車内で応戦する炭治郎の妹・禰豆子(ねずこ)、我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)、そして鬼殺隊最強の剣士のひとり、”炎柱”・煉獄杏寿郎は、無限列車の乗客を守り抜くことができるのか?炭治郎と魘夢の激闘や、中でも異彩を放つ、杏寿郎の躍動感あふれるシーンなど、アニメーション制作を手掛けるufotableによる映像にも注目だ。さらに、LiSAによる主題歌「炎」が映像内で初披露されている。

本ポスタービジュアルには、歯を食いしばりめいっぱいの力で技を繰り出す炭治郎に対し、不敵な笑みを浮かべ余裕を漂わせる魘夢の対照的な姿が描かれており、二人の死闘を予感させる。

併せて、本作の前売り券(ムビチケカード)が8月7日より発売されることが決定した。価格は一般1,500円、小人800円。詳細は映画公式サイトにて公開される。

▼スタッフ&キャスト コメント

■花江夏樹(竈門炭治郎役)
「無限列車編」は原作を読んでいた時から、早く演じたいと思うシーンがたくさんあったので、今回劇場版として演じることができてとても嬉しいです。アフレコ現場は、出演者みんなの気持ちと気持ちがぶつかる熱い空間で僕もアフレコが終わった後「死ななくてよかったな」と本気で思ったくらい燃え尽きるほどに叫びましたし、色々な感情を爆発させる収録でした。ufotableさんが作る素敵な映像と素敵な音楽が一緒になって本当に素晴らしい作品になっているかと思います。僕もいちファンとして早く劇場で観たいと思っています。皆さんも楽しみに待っていてください!

■鬼頭明里(竈門禰豆子役)
久々の鬼滅の刃のアフレコでしたが、原作の中でも人気の高い無限列車編を映画でできるという事でわたし含め皆さん気合い十分で挑みました!アフレコの段階では絵は完成していないにもかかわらず、皆さんの熱のこもったお芝居に涙してしまうくらいだったので、完成した本編は皆さんの期待以上のものをお届けできるのではないかなと思っています!是非劇場でお楽しみ頂けたら幸いです!

■下野紘(我妻善逸役)
本予告映像、ホントすごかったなぁ…。映像から見てとれる新情報はもちろんですが、何よりも劇場版主題歌「炎」!予告映像をさらに盛り上げてくれて、ますます無限列車編が楽しみになりました!個人的にも早く観たい無限列車編、楽しみに待っててくださいね!

■松岡禎丞(嘴平伊之助役)
本予告映像の方も見させていただきましたが、やはり映像の方も物凄いクオリティに仕上げていただいて!我々も全力で限界を超えてお芝居をやりきれたので本当に良かったです。アフレコ現場の方も熱気がものすごくて、何度も何度も心が折れそうになりかけながらも前に進みました。掛け合いの力のすごさというのを再確認しましたね!今回の劇場版も、笑いあり涙ありで見ていただけると思いますので、是非映画館のド迫力スクリーンで見ていただけたらと思います!よろしくお願いします!

■日野聡(煉󠄁獄杏寿郎役)
劇場版『鬼滅の刃』無限列車編を楽しみにして下さっている皆様ありがとうございます。新たな予告映像も公開され、劇場で皆様にお届け出来る日がいよいよ迫ってきたなと身が引き締まる思いです。煉獄杏寿郎の柱としての信念、そして炭治郎達にとって熾烈を極める任務になるであろう「無限列車編」。全身全霊でアフレコに臨んでおります。是非、ご期待下さい!

■平川大輔(魘夢/下弦の壱役)
キャストの皆さんの熱気と迫真のお芝居をしっかりと受け止めつつ、それによって込み上げてくる様々な感情はグッと押さえこんで魘夢役に徹する収録は、なんとも言えない濃密な時間でした。圧倒的に美麗でダイナミックにして繊細な映像と音楽、そしてキャラクター達の魂からの叫びを劇場で是非感じて頂けたらと思います。

■LiSA(主題歌)
TVアニメに続き、劇場版『鬼滅の刃』無限列車編の主題歌を担当させていただきます。無限列車編は、原作の中で私自身最も好きなお話なので、一層思い入れの強い楽曲になりました。悲しみを抱えながらも心に炎を灯して、物語の皆が、そして同じように悲しみを持った皆様が強く前に進んでいけますように。

■梶浦由記(主題歌) コメント
TVアニメに続き、またLiSAさんとご一緒させていただけたこと、ただ光栄です。ドラマチックなエピソードに溢れた鬼滅の刃の中でも、この無限列車編のストーリーは個人的にも印象が強く、私も作品の完成を心待ちにしております。映画をご覧くださったみなさまの心に届く曲であることを祈っております!

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
10月16日(金) 全国公開
監督:外崎春雄 
原作:吾峠呼世晴「鬼滅の刃」
脚本制作:ufotable 
キャラクターデザイン・総作画監督:松島晃 
アニメーション制作:ufotable
主題歌:LiSA「炎」
声の出演:花江夏樹 鬼頭明里 下野紘 松岡禎丞 日野聡 平川大輔
配給:東宝 アニプレックス

【ストーリー】 蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは、次なる任務の地、“無限列車”に到着する。そこでは、短期間のうちに四十人以上もの人が行方不明になっているという。禰豆子を連れた炭治郎と善逸、伊之助の一行は、鬼殺隊最強の剣士である“柱”のひとり、炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、闇を往く“無限列車”の中で、鬼と立ち向かうのだった。

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable