『永い言い訳』西川美和作品の中でベスト! モックンだけじゃなくて竹原ピストルや子役の演技も素晴らしい!

『ゆれる』『ディア・ドクター』の西川美和監督が、自身の書き下ろし小説を映画化。主演は本木雅弘、共演に竹原ピストルら個性派がそろっている。『お父さんと伊藤さん』『淵に立つ』と家族を描く作品に続いて、こちらも妻に死なれても悲しめない夫を主人公にした、ちょっとかわった家族のドラマ。邦画の傑作が多いと言われている今年、本作もその一本に加わりそうだ。
20160915120431-0001

初日に観た永い言い訳が刺さりまくって、顔ぐしゃぐしゃで、自転車で来てよかったと泣きながら帰って来ました。名作ぞろいの今年の映画の中でもこれホントヤバいです。中盤?から涙止まらなかったし、終わってしばらく席立てなかった。

https://twitter.com/keinuxx

今年見た邦画、大きな海外映画祭に出ていたどの作品よりも私はこの作品が好きだ。シンプルで素朴な音楽もいい。日本の風景や日常もいい。何より本木雅弘が素晴らしい。子役他もいい。あ、この人、パパだったよね!と思い出す子供と遊ぶとき、生活するときの自然さが本当にいい。

https://twitter.com/Ruriko_Miura

出だしの夫婦の会話、幸夫のクドくネガティブな性格がわかる。夫婦の危うさ、歯がゆさ。妻を亡くした事で出会った親子と共に変化していく感情。幸夫と陽一は正反対、幸夫と真平は合わせ鏡の様やった。泣くことだけが悲しみを表す感情じゃないんやなと。ピストルさん、好演。

https://twitter.com/murasaki2040

西川美和監督作で一番の出来なのは間違いない。今年観た作品でもベストの映画かも。心が震えた。

https://twitter.com/midzutaku


『永い言い訳』
2016年10月14日公開
監督:西川美和 出演:本木雅弘 竹原ピストル 藤田健心 白鳥玉季 堀内敬子 池松壮亮 黒木華 山田真歩 深津絵里