【レビュー】『羊の木』俳優・錦戸亮を見た、女優・優香も凄い、体の震えが止まらない、何度でも見たい!

『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』など、人間の光と闇を描き続ける吉田大八監督の最新作『羊の木』。主演の錦戸亮は、思いがけず“元殺人犯”の受け入れ担当者になってしまった気のいい市役所職員を演じ、想いを寄せる同級生役で木村文乃、そして元殺人犯役で松田龍平、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯という個性派俳優が顔を揃えた。ツイッターでのみんなの感想は?

de260a45d45713686f373d9db7782e61-1

https://twitter.com/mblog2

羊の木🐑
見終わって、体の震えが止まらない。終盤、涙が止まらなかった。
私は今、すごく幸せだと改めて思う。

https://twitter.com/0129_atsuko

これはハッピーエンドと捉えていいんですか?バッドエンドですか?
いろいろが渦巻いていて、感情が難しい。
何度でも見たい。見方を変えながら見ると、毎回着地点が違いそう。
そんな中でも、月末が際立つ。
結果、亮ちゃん頑張った!

例のラストのシーン、初回はホントに衝撃でドキドキしっぱなしだった。2回目ももちろんドキドキするんだけど…色んな人間の関係性、友情や愛情の究極のカタチに見えて、とても美しいなぁ…と思いながら観てた。繰り返し観るたびに、早くこのシーンが観たくて堪らなくなる。

https://twitter.com/LionM1616

羊の木観て来た
月末くんの善良さと不安感と最後の熱さが、その不安定さがいい意味で普通の人をうまく見せてた
流れる音楽が不気味な音だったり不協和音だったりして終末に向かって盛り上がって行くのもいい感じだった
ちょっとドキドキしながらだったけど観てよかった

https://twitter.com/_midochi37

映画『羊の木』。心の中にまだザワザワしたものが残っています。自分の目で見て感じたことが本物。反対に、自分の中にも持ち合わせているんじゃないかと思う怖ろしさの異様な感覚。出演者の皆さんの出すなんともいない存在感に、俳優・錦戸亮を見たんだと思いました。

https://twitter.com/hachi7e

もひとつネタバレを避けた感想を言うなら…羊の木の優香が凄かった。Qさまとかで見る元気で明るい優香じゃなくて、匂い立つような、妙な色気のある女を演じきっていた。俳優・錦戸亮を見てほしいとつぶやいたけれど、女優・優香も凄いよ。

https://twitter.com/cspc_oct19

羊の木観てきました。個人的には田中泯さんと北村一輝さんが好きなので☺️👍松田龍平ってやっぱ何か凄い。グッと引き寄せられた。これからこの様な人に出会ったら自分はどうするのか考えさせられた映画でした。のろろ〜

https://twitter.com/mmm1279

錦戸さん、
市役所職員月末さん、
すごい似合ってた!!
普通の役を
普通に出来ているのがすごい(^^)

それに木村文乃さん、
最近好きな女優さん♡
都会から戻ってきた文さん、
クールビューティーなのも
似合ってたな~(*´ω`*)

https://twitter.com/kzrytd

とりあえず時間があればもう一度観に行こうと思う。僕の映画を観る精度はまだ高くないけど、僕が期待する吉田大八監督っぽさである、限られた狭い範囲で揺れ動く人間模様、キャラクターが何かしらの夢(良し悪し関係無く)をみてる事、全体の不安定さ、は感じられた。

https://twitter.com/animetta

こんなに余韻を引きずる映画は初めて。吉田大八凄い。錦戸亮も松田龍平も本当に凄い。あんなに重苦しい雰囲気で始まった舞台挨拶も初めて。沢山のファンがいるのにみんなまだ映画に呑まれてるからワーもキャーも無い。(中継だけど)それほどに余韻が凄い。凄い映画。

https://twitter.com/rynk_03

『羊の木』
2018年2月3日公開
監督:吉田大八
出演:錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯 松田龍平
配給:アスミック・エース

© 2018「羊の木」製作委員会 ©山上たつひこ いがらしみきお/講談社