『バーニング・オーシャン』マーク・ウォールバーグにハズレなし、ヘタなドキュメンタリーより胸を打った

マーク・ウォールバーグとピーター・バーグ監督の強力タッグで、2010年に起こったメキシコ湾岸石油流出事故を完全映画化した海洋ティザスター大作『バーニング・オーシャン』。池上彰が芦田愛菜を生徒にして本作の事故を徹底解説した特別講義も話題になった。さて、映画の感想はいかに!?

20170321102926-0001

手持ちカメラによる寄り気味ショットが大惨事の現場をリアルに、畳み掛ける様に映し、恐怖で身の毛がよだつ。“モンスター”を飼い慣らす科学技術は過信したり運用に慢心してはいけない、という今更ながらの教訓。

https://twitter.com/ichiwheat

大事故に至るまでの臨界点が迫ってくるまでのジリジリするかんじと、その後のよくあんなに生き残れたなという大事故ぶりが実話ベースならではな説得力の強さと臨場感がよかったです。

https://twitter.com/kennnyd

やばすぎたなぁ、もう一言で言えないくらい、感動というか、これがリアルで起きたことなん!?って感じやった(笑)涙無しでは見られないって程やないけど俺は感極まったなぁ

https://twitter.com/YP_Jack

期待通り!良い!ピーター・バーグの迷いの無さと潔さ、ストレートに画と台詞に反映されている、大好きだ。素晴らしかった『ローン・サバイバー』の臨場感と痛みの極限、男たちの凄まじい重厚なパッションには及ばないが、事故直前までの彼らの会話とカメラワークで十分。最高。

https://twitter.com/azuful

2010年メキシコ湾原油流出事故をモチーフとした災害パニック映画。この手の映画は好きです。爆発のシーンは大迫力!金より安全を第一に考えないとよね!私なら自分だけ生きたい人になるか、人を助ける人になるかどっちだろうとそんなことを考えてしまったわ。

https://twitter.com/otoboke1717

事故の因果関係と、石油掘削各所の人物配置の仕方が分かり易くて、娯楽映画の良い見本。石油掘削の分かり辛い点を復唱してくれて、劇中の人物たちの確認する大切さが現れ、観客の理解もスムーズに行えて好感を持った。

https://twitter.com/getterobog

観賞!予想以上!期待以上の作品で、大変満足だった~!でも、事故が起きてからのハラハラドキドキ感ハンパなかったし、凄い恐ろしかったし、見てて痛々しいシーンもあって、多分しかめっ面で観てたと思うwでも、ラストに犠牲になった方々が流れて、涙が止まらなかったよ。

https://twitter.com/mimico57

アメリカ版プロジェクトXと言う感じの、お仕事もの(というほど生易しいものではないが)。現場レベルの悲鳴は採算とか会社組織の前に沈黙させられ、限界を超えて会社に襲い掛かるものなのだと。

https://twitter.com/chat_noir_nord

実話ベースのディザスター映画であり教訓も交えながら手際よく見せ場を作っていく
俳優陣もみな好演で大がかりなセットも迫力満点。ピーター・バーグ監督お見事としか言いようがない!

https://twitter.com/amgswb2013

ジョン・マルコビッチ演じる敵役がまたリアリティがあります。現場に無理難題を押しつける発注先のお偉いさん。「ああ、こういう人いるよな」とついうなずいてしまう観客も多いのではないでしょうか。

https://twitter.com/HP0128

マーク・ウォールバーグにハズレなしやねんなー、ここ数年。2010年の事故を描いてるんやけど、火薬の量多めでホンマにこんな事故やったんやろなーって、ヘタなドキュメンタリーより胸を打ったわ。

https://twitter.com/jujunoshippo

『バーニング・オーシャン』
2017年4月21日(金)全国公開
監督:ピーター・バーグ
出演:マーク・ウォールバーグ カート・ラッセル ジョン・マルコヴィッチ ジーナ・ロドリゲス ディラン・オブライエン ケイト・ハドソン
配給:KADOKAWA

© 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.