『ゴースト・イン・ザ・シェル』押井守監督版へのリスペクトを含め、見所、聴き所、多いです。”東アジアの国々がごっちゃになった未来”の世界観が凄く良かった!

押井守監督によるSFアニメ『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』を、ハリウッドで実写映画化。主人公の少佐役に、『アベンジャーズ』のスカーレット・ヨハンソンが、その上司・荒巻役にビートたけしが扮する。原作ファンは賛否両論?日本語吹き替え版が好評!

20170321103105-0001

あれ?面白いなこれ。攻殻機動隊という素材を使って、オリジナルのシーンをそのまんま再現したら、終盤にとんでもない事が分かったり、結構楽しめたぞこれ。でもなぁ…終盤の展開は賛否分かれるだろうな…

https://twitter.com/FFFFigaguri

一般の観客も理解し易いよう、世界観を小さくしてしまった感は否めませんが、押井監督版へのリスペクトを含め、見所、聴き所、多いです。序盤の少佐侵入時、奥から手前へガラスが割れて行くサウンドの動きには痺れました!是非サラウンドで。

https://twitter.com/FormulaAudio

私は原作もアニメも思い入れがないためフラットに楽しめたのだけど、Twitterみてると長年のファンの複雑な心境がわかって興味深い。大ファンに横に座ってもらって、いちいち講釈してもらいながら観るのもおもしろいかもね。

https://twitter.com/yumihoashi

原作にあたるアニメ映画とは違うオリジナルストーリーは、原作信者には賛否あるかもだけど、元々コミック、SAC、アライズと、複数の違う設定が許されてきたのが攻殻機動隊だし、自分的には違和感はそんなになかった

https://twitter.com/kiyou1234

(世界観が)ブレードランナーだこれぇ!”東アジアの国々がごっちゃになった未来”の世界観が凄く良かった!それを見るだけでも一見の価値あり!

https://twitter.com/Hoonigan_Yukari

吹替版で。大筋は原作と違うけど、そこら辺は脳内で補完して映像の再現性や細かなお遊び的な要素とか楽しめた。

https://twitter.com/youkis

メインキャラ吹替がアニメと同じで嬉しい。オチもスッキリして良い。近未来SFが好きなら知識なしで大丈夫かも。アクションもVFXもふんだんに使った洋風実写。話は違くてもビジュアル寄せてくれてるだけマシ。

https://twitter.com/C_ayatakaed

いやぁ、攻殻だったわぁ!!ベースは押井監督なんだけど、神山監督も見え隠れする、良いとこ取りだったね!ちょっとこれは続編が観たいぞ!!

https://twitter.com/astray28t

『ゴースト・イン・ザ・シェル』
2017年4月7日公開
監督:ルパート・サンダース 出演:スカーレット・ヨハンソン ビートたけし マイケル・ピット ピルー・アスベック ジュリエット・ビノシュ