『沈黙−サイレンス−』観た人の人生観を変える程の力がある

遠藤周作の小説をマーティン・スコセッシ監督が映画化。キャストには、アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、日本からは窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシら、各世代の実力派が集結したことも話題に。日本でのキリスト教弾圧というテーマに、日本人は何を思うのか?

20161228172650-0001

予想以上に素晴らしい作品、映像だった。 ただただ映画、作品良かった!良かったね!の一言で済まされない位に色んな意味で考えさせられる作品だった。

https://twitter.com/endsmegu

良い映画に出会えてよかった。遠藤周作の本を読まねば。 アンドリュー・ガーフィールド素晴らしかった!Never let me go の時といい、泣かせたら右に出る俳優はいないのではないかと思うぐらい彼の涙は私の脳裏にしかと焼き付いている。

https://twitter.com/kyokomonti

本来映画には観た人の人生観を変える程の力があるものですが、この映画は久しぶりの映画らしいとても良い作品だと思います。日本でのキリスト教弾圧をテーマとした映画はとても珍しく貴重な1本です。

次は「島原の乱」の映画化を – ユーザーレビュー – 沈黙 -サイレンス- – 作品 – Yahoo!映画

ロドリゴはどこに神を見たのか。あの声は誰の声か。あれはロドリゴの内なる声に違いないが神とは己の中にいるというのが描きたかったことか。正しいことは何もなく、間違っていることは何もない。キリシタン迫害があったからこそ植民地化を免れたのも紛れもない事実。皆正しい。だから争うのか

https://twitter.com/ggyo_

スコセッシ監督がこれほどまでの熱意を傾けて「沈黙」を創り上げたことは奇跡という他ない。そして日本役者陣の素晴らしい演技には惜しみない賛辞を送りたい!!

https://twitter.com/freesia_k530

原作に対するリスペクトを強く感じた。翻訳もほぼ原作通り。このまま「野火」を借りにTSUTAYAに走りたいレベルで塚本晋也さんが凄かった。TSUTAYAに走るか走らんか走ろう、走ろう!やばい「走」がゲシュタルト崩壊

https://twitter.com/U_sao_R

いい映画ってのは考えさせられるなあ〜マーティン・スコセッシっていうのと窪塚目当てにいったが、贔屓目なしで窪塚はやっぱいいな〜メッセージ性あるな〜自分持ってんな〜怪獣の教えに引き続きいいの演じてるな

https://twitter.com/bkata119

観ているほうがずっと穴吊りにされているような苦しさを覚えた。正しいと信じるなにかに翻弄される人々や、井上筑後守と通訳の言葉の中の現実に共感を得て、原作発売当時に読んだときと自分の考え方がまるで変わっているんだなあと感じた。

https://twitter.com/herbal_two

美しい映画だった。人は皆、美しい心で生まれてきて、いろんな境涯に流されて、そして死に行く。大きな仕事を終えたような脱力感。そんな素晴らしい映画だった。
舞台挨拶でのキャストの方々の言葉にも涙した。ハンカチがぐしょぐしょだ

https://twitter.com/tip_top_pot_pit

宗教がらみでトンチンカンな事を言い出す輩が出てきそうだが、スコセッシらしい傑作であると思う。‘君らは教えるだけで、教わろうとはしない’との台詞に共感してしまい、私個人とすれば幕府側の考えに賛同した。

https://twitter.com/muramuda

劇中にほとんど音楽というものが流れない

だからこそ、人の息遣い、苦しい声、笑う声、海の音

が内に入ってくる

映画を観ながらこんなに内で向き合うっていうのは中々ない

https://twitter.com/kazuki__634

『沈黙−サイレンス−』
2017年1月21日公開
監督:マーティン・スコセッシ 出演:アンドリュー・ガーフィールド アダム・ドライヴァー 浅野忠信 窪塚洋介 イッセー尾形 本晋也 小松菜奈