『牝猫たち』孤独の描き方がスッと染み込む素敵な作品

日活ロマンポルノを、28年ぶりに復活させる「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」の1作として、『凶悪』の白石和彌が監督した映画『牝猫たち』。ロマンポルノながら、白石和彌監督作とのことで初日の劇場は若い男女で満席状態。気になる人は恥ずかしがらずに劇場へ急げ!

20170105122700-0001

これがリアルなのかな。 誰もが悩んで、それでも生きていく。。 すごく考えさせられた。 観てよかった!!

https://twitter.com/kyo_1111111

これは傑作だった。巨匠、田中登監督の「牝猫たちの夜」のオマージュだが、3人の風俗嬢を主人公にした以外の設定はかなり変えてある。日活ロマンポルノのクラシックな世界を踏襲しながらも現代的な視点を取り入れており、それが時にリアリティーがあり時にシュールできれいに融合している。3人の女優たち、井端珠里、真上さつき、美知枝もそれぞれ魅力的

ガッパ – ユーザーレビュー – 牝猫たち – 作品 – Yahoo!映画

主演の井端珠里は期待通りの素晴らしさ。脇役ではデリヘルの店長が魅力的だったのが良かった。ラスト近くのある愉快なくだりで、何故か少し涙腺が弛んでしまったよ。たとえ金で買った時間であろうとも、あの男の人生にも幸せな瞬間があっていいし、それが映画の中にある事が嬉しかった。

https://twitter.com/yamanenamay

孤独の描き方がすっと染み込んできて素敵な作品でした。ロマンポルノ・リブートプロジェクトの一作で、今の風俗嬢を描く作品。白石和彌監督は「火花」でもそうだったけど、やりきれなさとか寂しさをにじませるのがとても上手。似た色で世の中を見てるから、息がしやすかった。

https://twitter.com/SyKaku

『牝猫たち』
2017年1月14日公開
監督:白石和彌 出演:井端珠里 真上さつき 美知枝