大泉洋に宮野真守が感服「頼んでもいないのにベラベラしゃべる(笑)」映画『グリンチ』初日舞台挨拶レポート

『怪盗グルー』シリーズ、『ペット』、『SING/シング』を手掛け、大人気キャラクター「ミニオン」を生み出したイルミネーション・エンターテインメントが贈る長編アニメ最新作『グリンチ』が12月14日より公開初日を迎え、同日、TOHOシネマズ日比谷にて行われた舞台挨拶に、日本語吹替版を担当する大泉洋、杏、横溝菜帆、宮野真守が登壇した。

本作は、絵本作家ドクター・スースの絵本を原作とした長編アニメーション。日本語吹き替えでグリンチ役を担当した大泉は、上映後の舞台に登場し、「今ご覧になったということで、大丈夫? 字幕じゃなかったでしょうね?」と会場を笑わせた後、「なかなか感動的な映画。泣けちゃうんですよね〜」とコメント。MCが会場の観客に向けて「映画を見て泣いた人は?」と質問すると、半数近くが手を上げたが、これに納得できない大泉は「手を上げてない人は鬼みたいな人ですよ!」とボヤキ。「そういう大泉さんは泣きました?」とMCから返されると、「私は泣きませんでした(笑)」と高笑いし、ナレーター役の宮野から「鬼じゃないですか!」と突っ込みが飛んだ。大泉は泣けなかった理由として「ニューヨークで(英語版)を見たんですよ。カンバーバッチの芝居じゃ泣けなかった」と毒づくと、宮野から「やめろ!」と素早い突っ込みを受けた。

本作はクリスマスがテーマということで、各キャストのサンタへのお願い事が発表される企画も。「『グリンチ2』を作ってください」と紙に書いた大泉は、その理由について「単純にもう一回、ニューヨークプレミアに行って、もうちょっとカンバーバッチとお話したい」と本心を明かした。続けて杏が、「いっぱい入るリュックサックが欲しい」と発表すると、大泉は目をむいて「買いなさいよ!」とボヤキ。続けて「大泉洋」と書いた宮野は、「センスに感服。頼んでもいないのにベラベラしゃべる」と大泉のトークを絶賛していた。

当日は、世界中で唯一ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにしかいないベイビーグリンチが、東京・日比谷にサプライズ登場。ベイビーグリンチから特製クリスマスリースをプレゼントされた大泉は「大変ですよ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンから来てるんですから。新幹線でしょ? 恐らくグリーン車でしょうね(笑)」とグリンチカラーにかけたボケを放ち、今日一番の満足げな顔を見せて高笑いしていた。

【フォトギャラリーはコチラ】

『グリンチ』
12月14日(金) 全国ロードショー
監督:ヤーロー・チーニー スコット・モージャー
プロデューサー:クリス・メレダンドリ
声の出演:ベネディクト・カンバーバッチ キャメロン・シーリー
日本語吹替版キャスト:大泉洋 杏 秋山竜次(ロバート) 横溝菜帆 宮野真守
配給:東宝東和

【ストーリー】 フーの村に住む人々はみんな陽気でクリスマスが大好き。けれど村の北にある洞窟で暮らすグリンチはクリスマスが大嫌い。今年は食料が底につき、村まで調達しに向かったものの、クリスマスを待ち遠しそうに笑いあう村人たちが憎くて憎くて仕方ないグリンチは、「村からクリスマスを盗んでやる!!」と心に決めて、大計画に乗り出すが…。果たして村の人々はグリンチによってクリスマスを盗まれてしまうのか!?

©2018 UNIVERSAL STUDIOS