青柳翔、町田啓太、鈴木伸之『jam』の続編決定に「知らなかった…」映画『jam』初日舞台挨拶レポート

劇団EXILEの全メンバーが総出演する、3人の男たちの絡み合う運命を描くSABU監督最新作『jam』が12月1日より公開初日を迎え、同日、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に劇団EXILEの青柳翔、町田啓太、鈴木伸之、秋山真太郎、八木将康、小澤雄太、小野塚勇人、佐藤寛太、野替愁平、そしてSABU監督が登壇した。

場末のアイドル演歌歌手・ヒロシを演じる上で、青柳はSABU監督からアドバイスをもらったというが、「監督が俺の横に来てボソッと『昨日、鈴木くん良かったよ』って。次のシーンが終わると、『町田くん良かったんだよな〜』」と監督からやる気を焚き付けられたと語りつつ、「後々聞くと、町田にも『鈴木くん良かったよ、昨日』と言っていた」ことを明かし、監督の演出方法にすっかりハマったことを明かした。

彼女に一途過ぎて変態的な男・タケルを演じた町田。「リップクリームを塗るシーンで監督から『いやらしく塗って』と言われて(笑)。後でそのシーンを見た女性スタッフさんたちが『いや!きもーい!』(笑)」と言われたことを明かして、会場を爆笑させた。

復讐に生きるテツオを演じた鈴木は「準備稿の段階ではセリフがあったのですが、決定稿ではなくなっていて(笑)」と苦笑い。「セリフを覚えなくて良かったので、アクションに集中できた」と笑顔でコメントした。

イベントの最後には、本作のプロデューサーでもあるEXILE HIROからビデオメッセージが公開された。メンバーたちが見守る中、サプライズで『jam』の続編決定が発表されると、会場から大きな歓声と拍手が。メンバーたちも聞かされていなかったようで、「知らなかった…」とあっけにとられた様子だった。

【フォトギャラリーはコチラ】

『jam』
12月1日(土)より新宿バルト9ほか全国公開
監督・脚本:SABU
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
出演:青柳翔 町田啓太 鈴木伸之 秋山真太郎 八木将康 小澤雄太 小野塚勇人 佐藤寛太 野替愁平 筒井真理子
配給:LDH PICTURES

【ストーリー】 主人公は3人。場末のアイドル演歌歌手・ヒロシ(青柳翔)は、熱烈なファンに支えられ舞台では華やかに輝きながらも、いつも心に空虚感を抱えている。ある日のコンサート終わり、ファンの一人・雅子(筒井真理子)に付きまとわれ、そのまま彼女の暴挙に巻き込まれ、彼女の自宅に監禁されてしまう。一方、大切な彼女が瀕死の重傷を負ってしまい、毎日彼女の意識回復だけを望むタケル(町田啓太)。彼は、“善いこと”貯金をすれば、彼女の意識が戻るのではないかと信じ、毎日必死に生きる。そして、刑期を終え、刑務所からシャバに戻ったテツオ(鈴木伸之)。自分を刑務所送りにしたやくざに復讐を仕掛けるために、やくざ事務所に単身殴り込みをかける。彼らのストーリーが同時間&同じ街で交差し絡み合いながら、それぞれの人生の“因果応報”が巡り巡って行くのだった…。

©2018「jam」製作委員会