冤罪の立証に挑む!舘ひろし × 古川雄輝 × 星野真里「連続ドラマW 60 誤判対策室」60秒予告編

ニューウェーブ警察ミステリー小説「エウレカの確率」シリーズなどで注目を集めた石川智健の人気ミステリー小説「60 誤判対策室」を、主演・舘ひろし、ドラマ初監督となる熊切和嘉によって連続ドラマ化した「連続ドラマW 60 誤判対策室」がWOWOWプライムにて5月6日より放送される。それに先立ち、本作の60秒予告編がお披露目となった。

本作は、定年を控える刑事・有馬(舘ひろし)、若手弁護士・世良(古川雄輝)、女性検察官・春名(星野真里)の3名が所属する、死刑囚を再調査し、冤罪の可能性を探る組織「誤判対策室」を舞台に繰り広げられる本格ミステリー。かつて担当した事件で無実の人物を冤罪に陥れた過去がある有馬は、その事件への贖罪の気持ちと冤罪事件の可能性を疑い、とある事件を「誤判対策室」で調査していく。やがて一人の死刑囚にたどり着き、隠されていた真実が次々と浮かび上がってくるが、すでに死刑執行というタイムリミットが迫っていた。監督は、『海炭市叙景』や『私の男』、『武曲 MUKOKU』を手掛けた熊切和嘉が務める。

予告編では、とある事件の死刑囚の冤罪の可能性に挑む、定年間近の刑事・有馬(舘ひろし)が、“最後の事件”に人生の全てをかけて挑んでいく姿の一部を見ることができる。舘自身が「今まで見たことがない自分がいる」という、有馬というキャラクターが全5話を通して描かれ、さらにWOWOWドラマを初めて手掛ける熊切監督によるトリッキーで圧巻の展開と、クールな弁護士を演じる古川雄輝ら共演者が本作を盛り上げる。

「連続ドラマW 60 誤判対策室」
5月6日、WOWOWプライムにて放送スタート
毎週日曜 夜10:00(全5話)※第1話無料放送
原作:石川智健「60 誤判対策室」(講談社文庫刊)
監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
出演:舘ひろし 古川雄輝 星野真里 村上淳 赤堀雅秋 ハマカワフミエ 酒井若菜 竹原ピストル 若松武史 小林勝也 康すおん

【ストーリー】 ベテラン刑事・有馬英治(舘ひろし)は、死刑囚の冤罪の可能性を調査する組織「誤判対策室」で60歳の定年を迎えようとしていた。組織には有馬のほかに若手エリート弁護士・世良章一(古川雄輝)と検察庁から左遷された検事の春名美鈴(星野真里)が所属する。凄腕で知られた有馬だったが、かつて担当した事件で無実の者を冤罪に陥れた過去があった。世良と春名をよそに、定年までを惰性で過ごす有馬にとって「誤判対策室」での日々はどうでもよかったが、ある時一つの事件の情報を入手する。なぜか有馬は取り憑かれたようにその事件を調べ、一人の確定死刑囚・古内博文(康すおん)にたどり着く。かつての事件への贖罪の気持ちと、冤罪を疑い必死になる有馬は、ついに隠されていた真実をみつけるが、すでに古内には死刑執行が迫っていた。