福士蒼汰主演『曇天に笑う』米ニュース番組ふう特別解説映像を8日連続で公開!

福士蒼汰主演、本広克行監督でおくる、大ヒットコミックシリーズの実写映画化『曇天に笑う』が、2018年3月21日より全国ロードショーとなる。このほど、米ニュース番組ふうの特別映像が公開された。

本映像は、司会であるミランダ・モーガンと日本文化研究家・ホプキンス教授が、最新映像ともに本作を解説する特別幕間予告。アメリカで実際に放送されているかのような、架空の人物によるニュース番組ふうの作りとテンポのいい展開で笑いを誘う内容となっている。第一弾となる「オロチ編」では「曇天」というタイトルの由来について語られる。映像の後半では、ホプキンス教授の異様なテンションに、ミランダもあきれ顔…!?

特別幕間予告「DONTEN HEADLINE NEWS」 は、12月21日(木)~8日間連続で、毎日20:00にYouTubeと特設サイトにアップ。コミカルな二人によって、どのような最新映像が届けられるのか、期待して待とう。

■「DONTEN HEADLINE NEWS」特設サイト:
http://donten-movie.jp/dhn/

donten_main

『曇天に笑う』
2018年3月21日(水・祝) 全国公開
監督:本広克行
原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝
脚本:高橋悠也
主題歌:「陽炎」サカナクション(NF Records/ビクターエンタテインメント)
出演:福士蒼汰 中山優馬 古川雄輝 桐山漣 大東駿介 小関裕太 市川知宏 加治将樹 若山耀人 池田純矢 若葉竜也 奥野瑛太 宮下かな子 深水元基 山路和弘 東山紀之
配給:松竹

【ストーリー】 「どんな時でも笑っていられる強い男になれ!」が信条のお調子者、曇天火(福士蒼汰)は、3兄弟の長男で、弟思いで人々から慕われていた。どんな悪党にも負けない最強の男として村を守っている一方で、実は弟にも言えない秘密を抱えていた。彼らの暮らす地では、300年に1度曇り空が続く日、世界を滅ぼす破壊の神・オロチ(大蛇)が復活し、人々に災いをもたらすという伝説があった。ついに曇り空が続き、オロチ復活がささやかれるある日、オロチの力を利用し、政府転覆を目論む忍者集団・風魔一族が村を襲い、明治政府と大闘争がおき、それに巻き込まれた天火の弟・空丸(中山優馬)は、命を狙われ捕らわれの身になってしまう。弟を救うため、単身で風魔一族に戦いを挑む天火だが、仲間の裏切りに遭い絶体絶命の窮地に―。果たして天火は愛する弟を守れるのか?そして彼が隠し続けてきた秘密とは―?

©映画『曇天に笑う』製作委員会 ©唐々煙/マックガーデン