二階堂ふみ × 吉沢亮『リバーズ・エッジ』もがき苦しむ若者たちを描いた鮮烈な予告編

どうしようもない欲望と孤独を持て余し、⽣きることにもがく若者たちの姿を鮮烈に描く岡崎京⼦の代表作「リバーズ・エッジ」を、『世界の中⼼で、愛を叫ぶ』『ナラタージュ』など恋愛映画の⼤作を⼿掛ける傍ら、『GO』『パレード』など若者たちのゆらぎを浮き彫りにする問題作も数多く⽣み出してきた⾏定勲が監督し、出演に⼆階堂ふみ、吉沢亮のほか、森川葵、上杉柊平、SUMIREら、⽇本映画の新時代を担っていく華やかな若⼿俳優たちが揃った映画『リバーズ・エッジ』が2018年2⽉16⽇より全国ロードショーとなる。先日、本作の主題歌を、かねてより岡崎京⼦と親交がある⼩沢健⼆が書き下ろして提供することが発表されたが、このほど、予告編が公開された。

公開された予告映像では、⼆階堂ふみ演じるハルナと吉沢亮演じる⼭⽥が、河原で偶然見つけた死体を共通の秘密として、いびつな友情を結んでいく様⼦が描かれる。2⼈を取り巻くクラスメートたちも登場し、⼭⽥がハルナの恋⼈・観⾳崎から激しく殴られるシーンや、⼤量に⾷べては吐く摂⾷障害を持つモデルのこずえがハルナにキスをするシーン、ハルナの親友のルミが密かにハルナの恋⼈と関係を持っている姿など、衝撃的な場⾯が疾⾛感あふれる⾳楽にのって畳み掛けられ、⻘春に別れを告げ⼤⼈になろうともがく若者たちの姿が刻まれた予告編となっている。

追加場面写真1

追加場面写真2

追加場面写真3

『リバーズ・エッジ』
2018年2月16日(金)より TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー
監督:行定勲
原作:岡崎京子
主題歌:小沢健二「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」
出演:二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵

【ストーリー】 「若草さん、今晩ヒマ? 僕の秘密の宝物、教えてあげる」。若草ハルナ(⼆階堂ふみ)は、彼⽒の観⾳崎(上杉柊平)がいじめる⼭⽥(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、放置された“死体”を⽬にする。「これを⾒ると勇気が出るんだ」と⾔う⼭⽥に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3⼈は友情とは違う歪んだ絆で結ばれていく。ゲイであることを隠し街では売春をする⼭⽥、そんな⼭⽥に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴⼒の衝動を押さえられない観⾳崎、⼤量の⾷糧を⼝にしては吐くこずえ、観⾳崎と体の関係を重ねるハルナの友⼈ルミ(⼟居志央梨)。閉ざされた学校の淀んだ⽇常の中で、それぞれが爆発⼨前の何かを膨らませていた。そんなある⽇、ハルナは新しい死体を⾒つけたとの報せを⼭⽥から受ける…。

© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社