二階堂ふみ × 吉沢亮!若者たちの生と欲望を描く岡崎京子原作の映画化『リバーズ・エッジ』ティザービジュアル&場面写真解禁!!

『リバーズ・エッジ』メイン

欲望と不安の中で生きる若者の青春を鮮烈に描く、岡崎京子の衝撃作の映画化となる『リバーズ・エッジ』のティザービジュアル&場面写真が公開された。岡崎京子の原作のオリジナル復刻版(宝島社)のカバーを再現し、工場地帯に隣接する河辺に、この場所に拠り所を求める二階堂ふみと吉沢亮が演じる2人の登場人物が配置され、力強い眼の光を放っている。

『リバーズ・エッジ』ティザー表

原作で象徴的に引用される“平坦な戦場”のキーワードを含んだキャッチコピーと、斜めに横断するタイトルが、いまだに熱狂的な支持を集める伝説の漫画の待望の映画化に、インパクトを与える仕上がりとなっている。また、合わせて場面カット6点が公開された。

『リバーズ・エッジ』サブ1

『リバーズ・エッジ』サブ2

監督を務めるのは『世界の中心で、愛を叫ぶ』『ナラタージュ』など恋愛映画の大作を手掛ける傍ら、『パレード』『ピンクとグレー』など若者たちのひずみを浮き彫りにする問題作も数多く生み出してきた行定勲監督。監督のもとに、二階堂ふみ、吉沢亮のほか、森川葵、上杉柊平、SUMIREら、日本映画の新時代を担っていく華やかな若手キャストたちが集結。どうしようもない欲望と孤独を持て余し、生きることにもがく高校生たちの姿を鮮烈に浮かびあがらせる。

『リバーズ・エッジ』サブ3

『リバーズ・エッジ』サブ4

『リバーズ・エッジ』サブ5

『リバーズ・エッジ』
2018年2月、TOHO系全国ロードショー
監督:行定勲
脚本:瀬戸山美咲 
出演:二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵

STORY 「若草さん、今晩ヒマ?僕の秘密の宝物、教えてあげる」。ハルナ(二階堂ふみ)は、カレシの観音崎(上杉柊平)がイジメる山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、腐りかけた死体を目にする。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという摂食障害のモデル・こずえ(SUMIRE)が現れ、3人は友情とは違う歪んだ絆で親しくなっていく。その一方で、父親のわからない子どもを妊娠するハルナの友人・ルミ(土居志央梨)と、山田に好意を寄せるクラスメイト・カンナ(森川葵)は過激な愛情を膨らませていく。そしてある日、また新たな死体が生まれてしまう。

© 2018 映画「リバーズ・エッジ」製作委員会