『デッドプール2』主演のライアン・レイノルズ、米ハリケーン被害への支援を呼びかけ

21479621_781022618770013_1212585266137530368_n

映画『デッドプール2』で主人公のデッドプール役を務めるライアン・レイノルズは、アメリカに直撃したハリケーンによって被害を受けた人々への支援を自身のSNSで呼び掛けた。アメリカには、8月末にテキサス州にハリケーン「ハービー」が、現在はフロリダ州にハリケーン「イルマ」が直撃している。

レイノルズは、“希望、回復、復興”と書かれたTシャツを着た自身の写真をSNSに投稿し、インスタグラムには「ハリケーン“ハービー”と“イルマ”の被害を受けた人々を支援しよう。このかっこいいTシャツを着て、(NGOの)アメリケアの救急隊による復旧活動を支援して」と寄付を呼び掛けた。

レイノルズは、Tシャツが購入できるサイトとともに、チャリティー団体のサイトのリンクを添付し、「このTシャツは買わなくていいんだよ!アメリケア、またはチャリティ・ナビゲーターを使って自分で支援先を選んで直接寄付しよう」と投稿している。

また、ツイッターには、「ハリケーン“ハービー”と“イルマ”をぶっ飛ばそう」と冒頭でコメントした。

レイノルズのほかにも、ケヴィン・ハート、マイリー・サイラス、サンドラ・ブロック、ニック・ジョナス、デミ・ロバート、ロックバンドのフォール・アウト・ボーイのメンバーらがこれまでに復興団体に寄付をした。また、TVシリーズ『スーパーナチュラル』のキャスト、アメリカン・フットボールのヒューストン・テキサンズの選手であるJ.J.ワット、コメディエンヌのエレン・デジェネレスらによってチャリティキャンペーンが開始されている。

レイノルズ主演の映画『デッドプール2』は、2018年6月1日に全米で公開予定だ。