高良健吾、城田優は一緒にいて面白い人 WOWOW「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」キャスト&スタッフのコメントが到着

2008年「ゴールデンスランバー」で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞など、数多くの賞を受賞している人気作家、伊坂幸太郎。「ゴールデンスランバー」「グラスホッパー」「死神の精度」「重力ピエロ」など、これまで数多くの名作が映画化されてきたが、意外なことに伊坂作品の連続ドラマ化は初!老若男女問わず幅広い原作ファンも注目の本作に期待が高まる。

BBBB main2shot

このドラマの最大の見どころは、多額の借金を抱えた5股男の高良健吾&謎の組織から見張り役として送り込まれた城田優の凸凹コンビが、テンポよくトップギアで繰り広げる会話劇。出会って惹かれる女性すべてと付き合うので、いつの間にか5股をかけてしまった星野一彦(高良健吾)。シンプルに言うとダメ男なのだが、何故か憎めず、人の懐にスルっと入ってくるようなキャラクターだ。その星野を監視するのが強烈なインパクトを放つ異色のヒロイン、繭美(城田優)。「身長3m、体重200kg、金髪でハーフ」と本人もうそぶく男性プロレスラー並みの体型。そのうえ「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」など、自分に必要のない単語を黒く塗りつぶした“マイ辞書”を持っており、誰に向かっても「おまえ」呼ばわり、言動は常に破壊性を帯びている。そんな掴みどころのない星野と繭美のバディが織りなす、5人の女性に別れを告げるなんとも不思議な数日間を描いた「グッド・バイ」ストーリー。果たして“死よりも深い恐怖”が待つ<あのバス>に乗る星野の運命とは…!デビューから10年を経て伊坂幸太郎が到達した痛快な傑作が、連続ドラマでどう描かれていくのか…?

BBBB #1scene

【高良健吾(星野一彦役)コメント】

作品を読んだとき、この世界観を伝えるには「ひとつひとつの台詞を大切にすべき」だと感じました。森監督にお伝えしたら、監督もそう決めていたようでうれしかったですね。これまでにやってこなかった“一語一句忠実に台詞に縛られる”ことを楽しんでいます。優くん演じる「繭美」は理不尽ですけど、気持ちのいいキャラクターですね。優くん自身はピースフルであり、エンターテイナーであり、一緒にいて面白い人。この作品はとても不思議な魅力を持っています。僕自身も演じながら、その魅力を掴み取っていった感じです。ドラマを見ていると、展開の速さにふっと置いていかれる瞬間が必ずあると思うんですけど、必死にしがみついて見てください。きっと生きていく上で大切な“何か”を感じ取ってもらえると思います。

koura kengo_BBBB

【城田優(繭美役)コメント】
最初で最後であろう女役が繭美でよかったなと思うくらい、やりきっていますね。星野、繭美というそれぞれのキャラクターの相反する2人の正反対の部分が、だんだん近づいて、“あうん”の呼吸じゃないですけど、夫婦漫才みたいになっていくシーンがあって、そこがすごく好きです。あと悪気がないんだけど、結果的に誰かを傷つけている健吾が構築した星野というキャラクターが、すごく癖になるんですよ。誠実すぎる故に時々イラッともさせられるんですけど、結果、5人の女性は惹きつけられていくんです。回を重ねるごとに面白みも増していきますので、ぜひご覧ください。

shirota yu_BBBB

【原作・伊坂幸太郎氏コメント】
この小説は毎回、同じシチュエーション、「出会いの場面」と「恋人に別れ話を切り出す」ところから話がはじまります。それだけに、単調にならないよう、出てくる女性や物語の雰囲気に変化をつけることに力を注ぎましたから、各話の共通点や違いが楽しめる「連続ドラマ」という形で映像化してもらえるのは、本当にありがたいです。もともと森監督の作品は好きでしたし、脚本の鈴木さんは、世の中で僕の作品を最も理解してくれている方の一人だと常々思っています。今からできあがりが楽しみでなりません。

【プロデューサー・武田吉孝コメント】
熱烈な支持を集める伊坂幸太郎さんの原作でありながら、6章仕立ての小説を6話連続形式で完結するというWOWOWならではのやり方で初めて、連続ドラマ化を実現することが出来ました。
星野役の高良健吾くんは、今年30歳を迎えます。20代の切れ味や勢いが、オトナの味わいにうつろい始めるこの頃、今の高良くんなら、5股男なのにどこか捉えどころがなく憎めない星野一彦という役に、得難いペーソスと昏れなずむ青春感を与えてくれる確信があり、「ひゃくはち」以来10年ぶりとなる森義隆組に登板をお願いしました。
繭美役には当初長身の女性キャストも考えたのですが、何かパンチが足りない。ロックミュージシャンからドラァグクイーンまで様々な“強い女”の参考写真の海に溺れかけていたとき、ふと目に留まったのが、城田くんの某舞台の宣材写真でした。ああ、繭美はこの人しかあり得ないと。美しくて、気高くて、引き込むんだか寄せ付けないんだかよく分からない迫力もあって。製作者としてはもう、城田優がこの世に存在してくれてよかった、と感謝の念しかありません。
計算というより、縁やタイミングで実現した企画です。劇中何度も訪れるちょっぴり切ない“バイバイ”の後にしかし、作り手が感じたこのような出会いの幸運を、しっかり視聴者にお裾分け出来る、そんなドラマにしたいと思います。

原作本紹介「バイバイ、ブラックバード」

2009年に双葉社が企画した「ゆうびん小説」※1として執筆されるという珍しい方法が話題を呼んだ作品。2010年、その「ゆうびん小説」に書下ろしの最終話を追加した単行本が発売された。太宰治の未完の絶筆「グッド・バイ」から想像を膨らませて作った、まったく新しい小説である。「何人もの女性と同時に付き合っていた男が、その関係を清算するために、全く恋愛関係になかった女性の協力を得て一人ひとりを訪ねて歩く」を踏襲。タイトルは1926年に発表されたジャズ「Bye Bye Blackbird」。※1…書店で配布されているフリーペーパー「LOVE書店!」に付いている応募券を送った読者の中から抽選で1話につき50名限定に郵送で届けられた小説のこと。

▼「バイバイ、ブラックバード」双葉文庫本体648円+ 税
BBBB bunko

「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」
2018年スタート(全6話)毎週土曜夜10:00 ※第1話無料放送

原作:伊坂幸太郎「バイバイ、ブラックバード」(双葉文庫)
監督:森義隆(映画『聖の青春』、『宇宙兄弟』、『ひゃくはち』ほか)
脚本:鈴木謙一(映画『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』ほか)
出演:高良健吾 城田優

STORY “ある組織”への、多額の借金の清算として「とてもじゃないけど人間の生活が送れない」場所に<あのバス>で連れ去られるという運命が待ち受ける主人公・星野一彦(高良健吾)。そんな星野の願いは、<あのバス>で連れて行かれる前に、5股をかけていた5人の恋人たちに会って別れを告げること。そんな彼のお目付け役として“お別れ行脚”に付き合うことになったのが、怪異な外見と毒舌を発揮する繭美(城田優)。監視役の繭美と共に「大切な人にさよならを告げる」日々がスタートする…!