東出昌大、ヤン・イクチュンとの初対面に大感激! 映画『息もできない』トークイベント開催

2009年の作品発表時、世界の国際映画祭・映画賞で25以上もの賞に輝き、2010年の日本公開時にも、大きな話題を呼んだ『息もできない』。この度、7月19日に9周年を迎えた新宿ピカデリーにて、本作の三夜限定(8月7日、8月8日、8月10日)上映&トークショー開催が決定。初日の8月7日、本作の製作・監督・脚本・編集・主演を務めたヤン・イクチュンと、『息もできない』のファンであると公言する東出昌大が登壇し、作品について熱いトークを繰り広げた。

【本イベントの模様の全文掲載はコチラ】

IMG_7851

最初に挨拶したヤン監督は「観に来ていただき、どうもありがとうございます。この映画が公開されたのが2010年のことになるので、本作で観客の皆さんにお会いするのは本当に久しぶり。これを撮影したのが2007年だったので、10歳も年をとりました(笑)」と笑顔でおどけた。続けて挨拶した東出は「ヤン監督とは、なかなかお会いできる機会がないので、今日は1ファンとしていろいろな話を掘り下げて聞きたい」と語った。

普段から韓国映画を観ているという東出が「(本作が)一番好きな韓国映画。だからしゃべりに来たんですけど、しゃべれなくなっちゃう(笑)」と緊張した面持ちでコメントすると、ヤン監督は「本当に感謝しています。心からありがたいです」とお礼の言葉を述べ、続けて俳優・東出に対して「俳優にとっては初期のころの作品が大事かなと思って、『桐島、部活やめるってよ』を拝見させていただきました。演技をする時に、あえて何かを表現しようというのではなく、無表情な中にもすごく重みの感じられる演技が印象的でした。私もあと10センチ身長が高ければ、東出さんみたいにカッコよく表現できるんじゃないかと思う(笑)」とコメントし、会場を沸かせた。

最後に東出は「ヤン監督は日本と韓国の橋渡しをしてくれる方。政治的なことだったりをまたいで、お互いに手をとりあって芸術分野で頑張れるのは素晴らしいことだと思う。こっちは一方的に尊敬してますけど、こっちはこっちで頑張って尊敬される役者になれれば、クリエイターになれればと、島国で思う次第です」とコメントし、イベントを締めくくった。

【本イベントの模様の全文掲載はコチラ】

IMG_7789

『息もできない』
監督・脚本:ヤン・イクチュン 出演:ヤン・イクチュン キム・コッピ イ・ファン
配給:ビターズ・エンド スターサンズ

STORY 偶然の出会い、それは最低最悪の出会い。でも、そこから運命が動き始めた…。「家族」という逃れられないしがらみの中で生きてきた二人。父への怒りと憎しみを抱いて社会の底辺で生きる取り立て屋の男サンフンと、傷ついた心を隠した勝気な女子高生ヨニ。歳は離れているものの、互いに理由なく惹かれあった。ある日、漢江の岸辺で、心を傷だらけにした二人の魂は結びつく。それは今まで見えなかった明日へのきっかけになるはずだった。しかし、彼らの思いをよそに運命の歯車が軋みをたてて動き始める…。

©2008 MOLE FILM ALL Rights Reserved