7月22日(土)のTAMA映画フォーラム『ユーリ―・ノルシュテイン監督特集』特別上映会にて開催!土居伸彰氏×ひらのりょう氏のトークも決定!!

TAMA映画フォーラム実行委員会は毎年11月に開催する映画祭TAMA CINEMA FORUMとともに年数回の特別上映会をベルブホール(多摩市立永山公民館)で実施しており、7月22日(土)に「ユーリー・ノルシュテイン監督上映 ~アニメーションの神様、その美しき世界~」を上映することが決定した。また、ニューディアー代表/新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクターの土居伸彰氏と、アニメーション作家/クリエーターのひらのりょう氏を迎えてゲストトークを実施。「アニメーションの神様」として、宮崎駿監督や高畑勲監督をはじめ、世界中のアニメーターからリスペクトされているユーリー・ノルシュテイン監督の代表6作品を楽しむことができる特別上映となっている。

霧の中メイン写真

【上映作品】
『25日・最初の日』(10分/1968年)……ロシア革命を鮮烈に描いた記念すべき監督デビュー作
『ケルジェネツの戦い』(10分/1971年)……ロシア聖像画(フレスコ美術・細密画)の手法を使いて戦争を描いた圧巻の第二作
『キツネとウサギ』(10分/1973年)……初めて動物キャラクターが登場する作品であり、初の子ども向け作品、初の単独監督作品
『アオサギとツル』(10分/1974年)……日本の浮世絵・水墨画を参考に、初めて複数の背景を重ねる手法で制作された作品
『霧の中のハリネズミ』(10分/1975年)……世界で最も愛されたノルシュテインの入門編的な代表作
『話の話』(29分/1979年)……監督の自伝的な記憶が反映された、世界アニメーション史上の名作と名高い最高傑作

↑キツネとウサギ
↑キツネとウサギ
↑アオサギとツル
↑アオサギとツル

「アニメーションの神様、その美しき世界」公式サイト http://www.imagica-bs.com/norshteyn/
© 2016 E.S.U.E C&P SMF

【ユーリー・ノルシュテイン監督】

1941年9月15日、第二次大戦下、疎開先のロシア中西部ペンザ州ガラブニーシチェンスキー地区アンドレーフカ村生まれ、75歳。初期の監督作である1968年の『25日・最初の日』及び1971年の『ケルジェネツの戦い』では、1920年代の芸術作品やロシア・アバンギャルドの影響が濃い大人向けの作品を撮るが、1973年の『キツネとウサギ』、1974年の『アオサギとツル』、1975年の『霧の中のハリネズミ』では動物が主人公の子ども向けの作品を撮り、いずれも高い評価を得た。そして1979年の『話の話』では、ロサンゼルスにおいて行われた映画芸術アカデミーとハリウッドASIFAとが共催した国際アンケートで「あらゆる民族、あらゆる時代の最上のアニメーション」として認められるなど、その評価を不動のものとする。これまでに国内外で30以上の映画賞などを受賞。

【ゲスト】
○土居伸彰(どい・のぶあき)氏  ニューディアー代表/新千歳空港国際アニメーション映画祭フェスティバル・ディレクター

↑土居伸彰
↑土居伸彰

○ひらのりょう氏  アニメーション作家/クリエーター

↑ひらのりょう
↑ひらのりょう

<上映情報>

[日時] 2017年7月22日(土)4回上映
①10:30~11:50 ②13:30~14:50 ゲストトーク14:50~15:40  ③16:30~17:50 ④19:00~20:20

[会場] ベルブホール(多摩市立永山公民館/ベルブ永山5F)多摩市永山1-5 京王永山駅・小田急永山駅から徒歩約2分

[料金] 前売・インターネット予約:1,000円(大人=中学生以上のみ)
当日:1,200円(一般)、600円(子ども=4歳~小学生)
※TAMA映画フォーラム支援会員、障がい者とその付添い者1名は当日600円
※インターネット予約は、上映当日に前売価格にて精算・チケット受渡。受付は7月21日(金)まで

[前売]  発売中

[取扱い] 多摩市立永山公民館(祝日を除く9:00~17:00)、多摩市役所売店(8:30~17:00)、
聖蹟桜ヶ丘ヴィータ7F「多摩ボランティア・市民活動支援センター」、ココリア多摩センター5F「おしごとカフェ キャリア・マム」

[インターネット予約] 公式サイトのフォームをご利用ください http://www.tamaeiga.org/special/norshteyn/

【保育サービス実施】
①10:30~と②13:30~の回の上映中。対象は満1歳以上(各回先着10名/無料)公式サイトのフォームで申込を受付。