『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』マナーCM完成&声優・古谷徹より応援コメントが到着!

イタリア映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』が、5月20日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開。そしてこのたび、本編映像を使用した劇場マナーCMが完成、さらに日本アニメ界レジェンドたちからの熱烈な応援も到着した。

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』main

昨年のGWに東京で開催された“イタリア映画祭2016”で本邦初上映され、イタリア映画ファンはもとより、アニメファンにも大きな反響を呼んだ『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』が、いよいよ劇場公開される。その特異な題名は、日本で75年に放映された永井豪原作のアニメ「鋼鉄ジーグ」から。79年にイタリアでも放映されたそのアニメに夢中になり、日本アニメの大ファンとなったガブリエーレ・マイネッティ監督による本作は、ふとしたきっかけで怪力を得たチンピラが、正義に目覚めていくヒーロー誕生譚だ。

本作にはロボットは登場しない。あくまでも「鋼鉄ジーグ」はモチーフで、アニメの実写化ではない。にもかかわらず、昨年末の日本公開決定の発表時には永井豪による応援コメントが披露され、ネット上で話題となったが、公開直前にして今度は、アニメ「鋼鉄ジーグ」で主人公の司馬宙を演じた声優、古谷徹からもコメントが届いた。「テロリストと戦うアクションヒーロー物なのに現代のイタリアを、そして人生の絶望や悲哀、希望をも描いている感動的な作品!」と絶賛、「アニメ版『鋼鉄ジーグ』への敬愛を感じ誇りに思った」と結んでいる。

↑古谷徹
↑古谷徹

そして、アニメ版でヒロイン卯月美和役を演じた声優、𠮷田理保子が、本作が公開される劇場で上映される、映画の場面を使用したマナーCMのナレーションを担当し、美和役を彷彿とさせるセリフで、映画上映中の携帯電話の使用禁止や、お喋り禁止を訴える。

「アルプスの少女ハイジ」のクララ役や、「魔女っ子メグちゃん」のメグ役などで一世を風靡した𠮷田は現在キャスティングコーディネーターをしており声優は引退しているが、今回配給会社からのオファーを快諾。約20年ぶりにマイクの前に立ち、ブランクを感じさせないナレーションを披露。「思いがけない懐かしい『鋼鉄ジーグ』のお仕事をさせていただき、若い頃を思い出して楽しかったです」と語る。

さらにアニメ版の主題歌を歌った“アニキ”こと歌手の水木一郎は、3月のマイネッティ監督来日時に監督と交流し、本作のエンディングで流れる「鋼鉄ジーグのうた」イタリア語バラードバージョンを、自らカバーすることを宣言。イタリア人の友人に発音を習い、4月30日(日)にZEPP TOKYOで行われたライブ “スーパーロボット魂 2017 “春の陣” ~20th Anniversary~”で、会場を埋め尽くすファンの前でイタリア語バラード版の冒頭部分を歌い上げ、喝采を浴びた。

↑水木一郎
↑水木一郎
↑水木一郎
↑水木一郎

歌唱後、「鋼鉄ジーグはイタリアでも大ヒットしていて、僕の歌がたくさんのイタリアの歌手の方たちにカバーされているんです」と話し、さらに「小さいころに鋼鉄ジーグを観て育った監督が映画を作ったんです。最後に主題歌がイタリア語のスローバージョンで流れるのがとても感動的で。この歌は長年歌い続けていますが、今回のライブで初めてイタリア語バージョンに挑戦しました。いつかイタリアで歌う機会があったらいいですね。アニメや主題歌が国境を越えて愛されていることが本当にうれしいです。映画は5月から公開ですから是非観てください!」と大勢の観客の前で語った。

↓『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』劇場マナーCM

『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』
2017年5月20日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー
監督:ガブリエーレ・マイネッティ
出演:クラウディオ・サンタマリア
配給:ザジフィルムズ
公式HP:http://www.zaziefilms.com/jeegmovie/

(c)2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. – Rome, Italy. All rights Reserved.