【AnimeJapan2017】『ナナマル サンバツ』堀江瞬&石川界人&佐藤拓也が登場! 石川&堀江が放った甘い声の「結婚してください」に歓声が上がる!

3月25日(土)、東京ビッグサイトにて開催されている「Anime Japan2017」内日本テレビブースにて、7月から同局ほ かで放送が決定している競技クイズを題材とした TV アニメ「ナナマルサンバツ」の作品初となるイベントを実施! メインキャスト、堀江瞬(越山識/こしやましき役)、佐藤拓也(笹島学人/ささじまがくと役)、石川界人(御来屋千智/みくりやちさと役)が、キャラクターになりきった衣装で登場し、トークイベントを行なった。

_MG_5751

イベントの前日、24日に解禁になったティザーPVを見た堀江は、「絵がキレイ!」と感激した様子。PVではナレーションも担当した佐藤が「ほぼ俺しかしゃべってない」と言うと、セリフがなかった石川は「今即興で『フッ』と意味深な声だけ入れました」とアドリブで会場を盛り上げた。

_MG_5757

イベントでは、作品がクイズ研究会に所属する高校生を主人公に競技クイズを描くことちなんで、早押しクイズを実施。実際の競技クイズの大会で使われる早押し機(原作者・杉基イクラ先生の私物!)を使い、大会で行なわれる“ボタンチェック”と言われる、早押し機がきちんと動くかの確認の時間もとるなど、本格的なルールに従って進行。佐藤が問題を出題する係となり、「問題!!」と役柄そのものの迫力で熱い対決を盛り上げた。

「人気クイズ番組『ウルトラクイズ』の合言葉は、『知力』『体力』あと 1つは何?」という問題では、問題文の途中「〜〜『知力』」あたりで堀江が「時の運」と答え正解し、競技クイズのテクニックの 1つである“先読み”を披露するなど、競技クイズの面白さも伺えるコーナーとなった。また、「タレントの『DAIGO』がアルファベット3文字で表現する『DAI語』で、『KSK』は?」の問題に、甘い声で「結婚して下さい」と石川が正解し、その後、「せっかくだ から」と佐藤が促し、堀江も同じセリフを披露。会場のファンから黄色い歓声が起こった。

日本テレビの新アニメ枠「AnichU」にて放送されることが発表になり、「アニメに夢中」が由来の「AnichU」にちなんで「今夢中なこと」を聞くと、「『ナナマルサンバツ』の原作を読むことです!」(佐藤)と作品をしっかりと PRし、会場を笑わせた。 最後に、「TVアニメを通して『競技クイズ』の魅力を伝えられるように頑張ります」(堀江)「高校生の頃に憧れた「ウルトラクイズ」 や「高校生クイズ」の世界に、TV アニメを通して出場できて嬉しい。アニメも期待して」(佐藤)「楽しいだけじゃない、“競技”とし てのクイズの真剣紗なども出していきたい。楽しみに待ってて」(石川)と放送へ向けて意気込みを語った。

_MG_5703

3人が体験した、杉基先生の私物という早押し機はトムス・エンタテイメントブース(A26)にそのまま展示され、26日【13:45〜14:30】の間、来場者は自由に触れることができる。★Anime Japan では、26日(日)下記時間にて「ナナマルサンバツ」のイベントの開催を予定。

イベントスケジュール 場所:東京ビッグサイト AnimeJapan2017 日本テレビブース(J41番)
・12:30~13:30
「7月期アニメ『ナナマル サンバツ』ステージ キミもクイズ王にならないか!〜初級編〜」
出演:堀江瞬(越山識役)、佐藤拓也(笹島学人役) MC:佐々木まりな(日本テレビ)

・14:00~14:30
「7月期アニメ『ナナマル サンバツ』ステージ キミもクイズ王にならないか!〜杉基先生と学ぶ上級編〜」
出演:杉基イクラ(原作者)、中澤周(担当編集) MC:佐々木まりな(日本テレビ)

『ナナマル サンバツ』
2017年7月~ 日本テレビほかにて放送(全12話)
原作:杉基イクラ(「ヤングエース」連載/KADOKAWA刊)
監督:大宙征基 シリーズ構成:柿原優子 キャラクターデザイン:高鉾誠
声の出演:堀江瞬 川島海荷
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

公式サイト http://7o3x.com 
公式twitter @ 7o3x_anime
©杉基イクラ/KADOKAWA ©7○3×クイズ研究会