『変態村』から10年、ベルギー闇の3部作第2弾は実在の殺人鬼カップルをモデルに愛の奈落を描いた問題作!

『変態村』の鬼才監督が手がける待望の最新作『地獄愛』が、7月1日(土)より新宿武蔵野館他全国順次公開することが決定。ポスタービジュアルも解禁となった。

ポスタービジュアル

本作は、オースティン・ファンタスティック映画祭2014にて最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞・最優秀主演女優賞の4冠を果たし、ベルギーのアカデミー賞といわれるマグリット映画賞2016では最優秀撮影賞ほか3部門を受賞した、狂気のラブストーリー映画である。

監督を務めたのは、カンヌをはじめヨーロッパ全土を震撼させたサイコ・キラー映画『変態村』(’06)でデビューを飾ったファブリス・ドゥ・ヴェルツ。監督は、そのデビュー作にも出演したローラン・リュカを主演に、ベルギーのアルデンヌ地方を舞台とした狂気の愛を描く3部作を撮影することを予定している。

その1作目が『変態村』、そして2作目が最新作『地獄愛』である。監督初の長編作品から10年経って撮影された本作は、人間が必ず心の奥に抱いている狂気的な部分を、男女二人が激しく愛し合う様によって表している。監督が「どのようにすれば観客とキャラクターが共鳴するかを考えた。その答えが狂気の愛だった」と語るように、もし自分たちがモラルから解き放たれたらどうなるかを観客に想像させることで、本作をただのホラーではない、共感を促す愛と嫉妬のラブストーリーに仕上がっている。

本作は、1940年代に約20人の女性を殺害、後に電気椅子で処刑された実在の殺人鬼カップル、マーサ・ベックとレイモンド・フェルナンデスの事件を基に作られた。フランソワ・トリュフォーが絶賛した『ハネムーン・キラーズ』(’70)を筆頭にこのカップルをモデルとした映画作品の中でも、本作は容赦なくリアルな描写によって観客の心を掴む新感覚ラブストーリーとなっている。

『地獄愛』
7月1日(土)より新宿武蔵野館ほか全国公開
監督:ファブリス・ドゥ・ヴェルツ 出演:ロラ・ドゥエニャス ローラン・リュカ エレーナ・ノゲラ 
配給・宣伝:アンプラグド
公式HP:http://2killersinlove.com/

© Panique / Radar Films / Savage Film / Versus Production / One Eyed – 2014