人気グラビアアイドル 青山ひかるの下着姿が満載!『映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~』予告編&ポスタービジュアル

「ヤングアニマル」にて1997年の連載開始から22年目を迎え、累計2700万部を超える克・亜樹による人気コミックの劇場版となる、人気グラビアアイドルの青山ひかるが主演を務める『映画版 ふたりエッチ ~ラブ・アゲイン~』が4月12日より、『映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~』が5月10日より連続公開される。このほど、『~ダブル・ラブ~』の予告編、ポスタービジュアル、場面写真がお披露目となった。

本作は、奥手な新婚カップルが試行錯誤を重ねながらエッチを学んでいく姿を描くラブコメディ。主人公・小野田優良を演じるのは、人気グラビアアイドルの青山ひかる。優良の旦那・小野田真役には、『ダブルミンツ』の佐々木道成。このほか、『走れ!T校バスケット部』の吉田早紀、『殺人鬼を飼う女』(4月12日公開)の大島正華や、相良朱音、石田隼、水樹たま、窪寺昭らが出演。監督は、ドラマ「相棒」シリーズの演出や「ミナミの帝王」の脚本を手掛ける近藤俊明が務める。

予告編と場面写真では、主人公・優良(青山ひかる)のセクシーな下着姿などが収められている。

『映画版 ふたりエッチ ~ラブ・アゲイン~』
4月12日(金)よりシネマート新宿にて公開
監督・脚本:近藤俊明
原作:克・亜樹「ふたりエッチ」(白泉社「ヤングアニマル」連載)
出演:青山ひかる 佐々木道成 吉田早紀 大島正華 相良朱音 石田隼 久保瑛則 森本のぶ 水樹たま 窪寺昭
配給:AMGエンタテインメント

【ストーリー】 小野田優良(青山ひかる)と真(佐々木道成)は、二人とも性体験が全く無い童貞・処女で、そのことを知らずにお見合い結婚した。お互い初心者同士である二人は、初夜を迎えたものの、あまり上手には出来なかった。そこで二人は「本当の夫婦」を目指してエッチのステップアップを決心。すぐに果ててしまう真の為に、優良は妹の梨香からHなアドバイスを受けながら自分磨きを頑張る。その一方、すぐにHばかりしたがる真に戸惑い始める優良。真は本当に私を愛しているのか?それともSEXがしたいだけなのかと。果たして二人は「本当の夫婦」になれるのか…。

『映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~』
5月10日(金)よりシネマート新宿にて公開
監督・脚本:近藤俊明
原作:克・亜樹「ふたりエッチ」(白泉社「ヤングアニマル」連載)
出演:青山ひかる 佐々木道成 吉田早紀 大島正華 相良朱音 石田隼 久保瑛則 森本のぶ 澤井まどか 八条院蔵人 霜月めあ 武藤令子
配給:AMGエンタテインメント

【ストーリー】 小野田優良(青山ひかる)と真(佐々木道成)は、二人とも性体験が全く無い童貞・処女で、そのことを知らずにお見合い結婚してから3年目。ある日、優良が雑誌の占いをみて大騒ぎ。二人の相性が最悪で、真には突然異性が大接近するというのだ。そんなのくだらないよと一蹴する真だったが、バリバリ仕事をこなし既婚者の落ち着きを見せる姿に社内の多くの後輩女子社員から言い寄られて“モテキ”を迎えていた。そんな社内に新卒で入社したのは、真が大学生時代に家庭教師として受け持っていた菊地みゆきだった。実はみゆきは当時から真に想いを寄せており…。

(C)2019 克・亜樹/白泉社・AMG エンタテインメント