【これでよし?】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のプロデューサーがリメイクは作らないと言明!

back-to-the-future-102215

The Wrap

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのエグゼクティブ・プロデューサー、フランク・マーシャルは、シリーズのリメイクやリブートを、彼が関わっている限りは作らないと語った。The Wrapが伝えている。

「私に発言権がある限りは作らないよ」と彼はインタビューで語った。「この映画の存在は『E.T.』のようなもので、2度と触れてはいけないものなんだ。私は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が大好きだ。もう少しでシカゴ・カブスの優勝を当てただろ?」

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』では、カブスが2015年にワールド・シリーズで優勝すると予想していて、それは今年になって実現した

2014年には、シリーズの脚本家ボブ・ゲイルも、4作目が作られることはないと語っている。「1作目が製作されてから何年もあとに続編が作られた映画はたくさんあるけれど、その中で良い作品があったかというとひとつも思い出せないよ。再現することはできないと思うんだ」

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズは、マイケル・J・フォックスとクリストファー・ロイドがマーティ・マクフライとドク・ブラウン役で出演し、シリーズ3作で興行収入は4億1670万ドルに達している。