小栗旬=太宰治 “禁断の恋の実話”を描く『人間失格』特報映像&ポスタービジュアル

累計1200万部以上を売り上げた、天才作家・太宰治による日本文学史上最高の傑作の誕生秘話を、主演に小栗旬を迎え、蜷川実花監督が映画化する『人間失格』が、9月13日より公開される。このほど、本作の特報映像とポスタービジュアルがお披露目となった。

突飛な言動と奔放な私生活で文壇から煙たがられながらも、ベストセラー作品を連発した天才作家・太宰治。正妻と二人の愛人という3人の女性と並行して関係を持ちながら、自堕落な生活を送り、自殺未遂を繰り返した果てに愛人と川に身を投げるというスキャンダルは、社会的事件として世間の注目を浴びたが、その裏には、隠された彼の“本当の人生”と、彼をめぐる“3人の女との恋と愛”の物語があった。太宰の遺作の誕生秘話が、太宰自身と彼を愛した3人の女性たちの目線から、事実をもとにしたフィクションとして、初めて映画化される。

監督は、2020年東京オリンピック委員会理事を務めるなど、日本を代表するトップクリエイターであり、世界屈指の写真家であると同時に、常に新作が待望される映画監督の一人、蜷川実花。太宰の圧倒的な色気と才能に惹かれ、クリエイターとしても深い共感を覚えるという蜷川は、監督4作目となる本作では、膨大なリサーチを経て、太宰治の恋と生涯をサスペンスフルに、スキャンダラスに、エロティックに、蜷川ならではの新解釈と圧倒的なビジュアルで描き出す。酒と恋に溺れながら、圧倒的な人気と才能で魅力を放つ天才作家・太宰治を演じるのは、人気・実力を兼ね備えたトップ俳優、小栗旬。蜷川監督との初のタッグとなる本作では、役作りのために短期間で大幅な減量を敢行、刺激的な演技で観る者を翻弄する。さらに、太宰の正妻・津島美知子役を宮沢りえ、太宰の愛人で弟子でもある作家・太田静子役を沢尻エリカ、太宰の愛人で最後の女・山崎富栄役を二階堂ふみが熱演する。

併せて、本作の劇中音楽を、仏・パリを拠点とする音楽家・三宅純が手がけ、現在作曲中であることが発表となった。三宅は、アカデミー賞にノミネートされたヴィム・ヴェンダース監督作品『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』をはじめ、映画、広告、舞台、コンテンポラリー・ダンス、ファッション・ショーへの楽曲提供など国際的に活躍し、椎名林檎の依頼に応えたリオデジャネイロオリンピック閉会式での「君が代」のアレンジで注目を集めるなど、世界的に評価される稀有な日本人音楽家であり、現代を代表するアーティストのひとりである。

公開されたポスタービジュアルは、口元についた“赤い何か”を手の甲で拭う、思わせぶりでセクシーな太宰と、彼をめぐる3人の女性たちの姿。「禁断の恋。ヤバい実話。」というコピーの通り、誰も見たことがない太宰と女たちの“究極の恋”に期待感が高まる。

『人間失格』
9月13日(金) 全国ロードショー
監督:蜷川実花
脚本:早船歌江子
音楽:三宅純
出演:小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ
配給:松竹 アスミック・エース

【ストーリー】 天才ベストセラー作家、太宰治(小栗旬)。身重の妻・美知子(宮沢りえ)とふたりの子どもがいながら、恋の噂が絶えず、さらには自殺未遂を繰り返すという破天荒な生活を送っている。弟子でもある作家志望の静子(沢尻エリカ)と、未亡人の富栄(二階堂ふみ)。ふたりの愛人と正妻をめぐり、日本中を騒がせた“文学史上最大のスキャンダル”が幕を開けようとしていた―。

© 2019 『人間失格』製作委員会