【全起こし】池松壮亮、キム・コッピの涙に感動「世界的に素晴らしい女優、一緒に映画を作れて光栄」映画『君が君で君だ』公開初日舞台挨拶レポート 全文掲載

池松壮亮主演、満島真之介、大倉孝二、キム・コッピ共演の松居大悟監督最新作『君が君で君だ』が7月7日より公開初日を迎え、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に、池松壮亮、キム・コッピ、満島真之介、松居大悟監督が登壇した。ここでは、本イベントの模様を全文掲載でお届けする。

MC:それではお待たせいたしました。『君が君で君だ』初日舞台挨拶を行っていきたいと思います。監督、キャストの登場です。盛大な拍手でお迎えください。池松壮亮さん、キム・コッピさん、満島真之介さん、松居大悟監督です。

ついに初日を迎えました。それでは、今の気持ちを踏まえまして、皆様からご挨拶をいただきたいと思います。まずは主人公、尾崎豊を演じました池松壮亮さんです。

池松:池松です。今日は初日からありがとうございます。よろしくお願いいたします。

MC:ありがとうございます。そして、初日に韓国から駆けつけてくださいました、ソン役のキム・コッピさんです。

キム:(日本語で)皆さん、こんにちは。キム・コッピです。今日は、この映画を観に来てくださって、ありがとうございます。よろしくお願いいたします。楽しんで観てください。

MC:ありがとうございます。続きましてブラピ役になります。満島真之介さんです。

満島:皆さん、おはようございます。アイダホからやってまいりました満島真之介(笑)。とうもろこしの収穫を終えて、じゃがいもをしっかり種植してやってきたので、ちょっと今日は土臭いんですけど、許してください。よろしくお願いいたします(笑)。

MC:ありがとうございます。そしてこの映画の監督になります、松居大悟監督です。

松居:こんにちは。監督の松居大悟です。坂本龍馬役の大倉孝二さんが、大阪公演中なので、それを背負ってここに立ってます。ちょっと悪目立ちしていたらすいません。楽しい話ができたらいいなと思います。よろしくお願いいたします。