【全起こし】ダルデンヌ兄弟が自分流の映画作りを丁寧に語る「映画というのは事故みたいなもの」

『息子のまなざし』『ある子供』『サンドラの週末』など、特にカンヌ国際映画祭で高く評価される、ベルギーの名匠ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督が兄弟そろって来日! 新作の『午後8時の訪問者』の試写会に登壇し、上映後にティーチインを行なった。以下はその全文。

DSCN3877
兄のジャン=ピエール(左)と弟のリュック(右)

MC:本日は映画『午後8時の訪問者』の試写会においで下さいましてありがとうございます。映画はお楽しみいただけましたでしょうか。(拍手)。本日はなんと世界的巨匠である本作の監督ダルデンヌ兄弟のお2人をお招きしてティーチインを行ないます。それでは皆さん拍手でお迎えください。ジャン=ピエール監督、リュック・ダルデンヌ監督です!

ではまず監督、今日は日本で初めて一般のお客様に映画をご覧いただきました。ひと言ご挨拶いただけますでしょうか。

ジャン=ピエール(JP):アリガト! 来てくださいましてありがとうございます。私たちが望むことは皆さんが満足して喜んで下さることだけです。それだったらいんですが。

リュック(L):ありがとうございます。もし映画を気に入ってくれたなら友達に話してください。

MC:ありがとうございます。では早速、ご質問のある方いらっしゃいましたら挙手いただけますでしょうか。(すぐには手が上がらず)。ではまだ噛み砕けていないようでしたら私から質問をさせていただきます。主演のアデル・エネルさんは日本では、去年の東京国際絵映画祭で上映された『ブルーム・オヴ・イエスタディ』が記憶に新しいかと思います。彼女は日本ではまだあまり知られていませんが、とっても魅力的だったと思うんですが、彼女に決めた決定打は何でしょうか。

JP:彼女の映画を観て起用しようと思ったわけではないんですけど、パリで実際に彼女と会いました。それは作家協会の授賞式で、私たちと彼女とそれぞれ別の作品で受賞した際にお会いしたんですね。とても若々しくて彼女の顔がとても好ましくて、非常に信頼がおけるような、そしてまたすごく純真無垢感じを顔から感じました。初め彼女が演じたジェニーという若い医者の役は、30~35歳くらいの年齢を想定していたんですけど、彼女に会ってもっと若くてもいいかもしれないと思いました。この物語の中では若い女の子が亡くなってしまうわけですけれども、自分の生活を乱されたくないということで誰も言葉にしないわけですね。それが裏がなくて信頼がおける彼女の純真無垢な顔を向けられることによって言いたくなる、と思わせるような人だなと思って彼女と仕事をすることに決めました。

MC:ありがとうございます。では今の質問の間に何か浮かばれた方いらっしゃいますか?(シーン)いいんですか!? せっかくティーチインの形式を取っているんですが、私と監督のやり取りを聞いていただくことになってしまいますが。(ここでひとりの女性が挙手)

Q:そもそも何でこの作品を作ろうと思われたんでしょうか。

L:ほかの映画で医者を主役にしようと思ったんですけれど、うまくはまらなくて、今回の映画はまずお医者さんを主役にしようと思ったんです。女医さんにしようと。普通はお医者さんですと、人の命を救うとか、治療によって死から遠ざけるということを期待されますが、医者の使命とされていることの逆を設定してみようと。彼女が扉を開けなかったがために、ある人が死んでしまうと。その責任を感じる、そういう設定にしようかということから始まったんですね。その亡くなる女性は黒人のアフリカ人で、不法入国をしていて、不法入国をしているがために滞在許可書やパスポートも偽の物しか持っていないと。そうするとその人の本当の名前も分からないわけですね。遺体は川のへりで見つかるわけですけれども、水の近くで見つかると。それはまさにヨーロッパの今の現状、移民や難民が押し寄せていると。しかし到着する前に地中海で海のもずくとして、ボートが沈んでしまって亡くなっている移民に重ね合わせるようなかたちでこの作品を作ることにしました。ヨーロッパが彼らを直接殺すわけではないんですけど、結局、経済状態がとても悪い、あるいは流血のあるような政治の国から彼らは逃げてくるわけですね。そのときに私はすごくたくさんの人を小さなボートに入れてしまったりとか、あるいはボートもちゃんとしたボートではなくて、ヨーロッパに来る前に300人、400人、500人と海に沈んでしまうと。ヨーロッパの国境が閉ざされてしまった状態にあるためにこういう事態になっているということを題材にしようと思いました。

JP:扉を開けなかったがために若い女性が死んでしまう。初めはそれが分からないわけですが、そのことをこの女医さんは教えてもらうわけですよね。自分があのとき扉を開けなかったからこの人が死んでしまったんだということで責任を感じて、もちろん殺したわけではないんですけど、扉を開けていれば助かったかもしれないと責任を感じるわけです。それで何かを償おうとしてその女性が誰なのか、名前をちゃんと見つけたいと。名前の分からないままそのまま放っておいてしまったら、もう一度殺すのと同じことになってしまうから、それだけは避けたいということで必死に名前を探すという話にしたんです。

Q:警察が名前が分かったというときの名前と彼女のお姉さんという方が言っていた名前が違っていたと思うんですけど、それは警察がいい加減な仕事をしているということなのか、どういう意図なのか分からなかったのですが。

L:警察が名前を言うんですけどそれはパスポートい書いてあった名前なわけですね。警察もこの名前が本当の名前かどうか分からないと。パスポートが本当のものかどうか分からないということで大使館聞かなければならないと言うんです。この物語の中ではあとでお姉さんがやって来て、売春を斡旋していた男が妹に偽のパスポートを渡して、その偽のパスポートの名前と妹の本当の名前が違うということを言うんですね。なので(警察が言っているのは)偽のパスポートの名前なんですよ。たぶん、警察の続きを探っていけば1週間後には大使館からこの写真の人物はこの名前とは違いますということが照合されて返ってくるだろうということですね。

途中で黒人の男と白人の男が一緒にいましたが、小さなマフィアで彼らが仕組んでいたわけです。警察に主人公が行ったときにサイバーケフェにちょこちょこ顔を出したらせっかく麻薬捜査をしているのにそれが失敗してしまうと言ったんですね。マフィアが麻薬に関わっていて偽パスポートを作って女の子に渡して売春させていたわけです。女の子は未成年だったので本来はそういうことはできないけれども、偽の証明書を渡してやらせていたんですね。とお姉さんが話したと。
DSCN3869
MC:ありがとうございます。ではほかに質問ある方いらっしゃいますか。

Q:ダルデンヌ兄弟の監督作品は音楽が使われるのは稀かと思いますが、それはどんな理由でしょうか。

JP:音楽を入れる場所がないんです。ではなぜ音楽を入れる場所がないのか? 不十分な答えではあると思うんですが、自分たちなりい解釈してみました。ほかの作品もそうですが長回しで撮っていてワンシーン、ワンショットになっています。長回しで撮るということはある特定の時間を切り取っているようなものなんですね。その特定の時間のなかにはすでに動きがあり、言葉があり、沈黙があり、そして音があり、外の音とかが聞こえてくる、ときにはラジオから音楽が聞こえてきたりする。最初の長回しの場面と次のシーンの間には時間が少し途切れていてそこを飛び越しているわけです。

ですから映画自体がちょっと事故みたいな感じで、たまたまこっちの時間を切り取って、たまたまこっちの時間も切り取られて、それがたまたま繋がったという感じでできているんです。音楽を入れてテストもしたんですけど、そうすると音楽が映画を包み込んでしまって、その包みがあるがために見ている人と中で起こっていることに距離ができてしまうと思ったんです。私たちにとっては大切な生々しい感じっていうのが音楽を入れるとなくなってしまうんですね。見ている人に感じてもらえないなと思って音楽を入れていないんです。意地悪な人は“あなたたちは音楽感覚が悪いから全然音楽が想像できないんでしょ”と言われますが、そうかもしれませんね(笑)。

MC:ありがとうございます。ちなみに今回1曲だけ入っていて「バイバイ ジェニー先生」という曲が。作詞はジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌです。

JP:今の質問は映画音楽としてどうして流さないかという質問だったと思いますので、私の先ほどの答えになるわけです。ほかの作品でも音楽を使っている場合は、シーンの中から実際に音楽として聞こえてきているんです。僕たちに「バイバイ ジェニー先生」を歌いなさいということでしょうか(笑)。

MC:歌いますか?

JP:ちょっと皆さんが耳を閉じたくなるようなことになるかもしれないのでやめておきます(笑)。

MC:大変残念なんですが、次で最後の質問になります。(2人の女性が挙手)

JP:あちらの女性の方は随分前から挙げているからどちらの方の質問も答えますよ! ジェントルマンなんでね(笑)。

File_001

Q:この作品を作るに当たって苦労した点を教えてください。

L:難しいところはあまりなくて、すべて難しいですし、またすべてはそれなりに進みました。私たちは撮影する前に俳優さんたちとたくさんリハーサルをして長い間準備をするんですけど、そこでいろんな問題を解決していて、あえて言うならば、セットで彼女が寝る部屋がとても狭い部屋を作りましたので、そのセットを作るのが大変だったかな。

MC:意外な回答でした。ではもうひと方お願いします。

Q:とてもいい映画を見せていただいたという気持ちで、上質な映画だなという感じがしてありがとうございました。一番最後のシーンで主人公のジェニー先生が(死んだ女性の)お姉さんに“抱きしめてもいいですか?”って言って、抱きしめていましたけれども、それまで彼女(ジェニー)と誰かがスキンシップを取る場面が全然なくて、ベルギーのスキンシップの文化は私にはわからないんですけれども、ひとりの女性の孤独みたいなものが全編にわたって感じたなって思うんですけど、そこには監督のどんな気持ちが込められているのかなって聞きたいと思いました。

JP:そうですね、孤独な人ですね。抱きしめたときに確かに彼女の孤独は感じるわけですけど、だから彼女がお姉さんを抱きしめたわけではないと思います。ひとつはお姉さんのおかげで探していた名前が分かったことで幸せに感じたということがあると思います。やっと使命を果たしたと感じて。そして、お姉さんが最後まで自分の気持ちを語ってくれたということに対しても、認めているということでもあります。最初のころは、妹に売春させてどこが悪いんだということを言っていましたが、最後は、私は実は嫉妬を感じていていなくなってホッとしていたと言うわけですので、そこまで言ってくれたことに対して彼女はすごく認めていると。

そして、その場面でお姉さんが妹に嫉妬していたことを言ったそのシーンは、私たち監督としては、外国人をもっと人間として見てほしいということでもあったんですよね。例えば、移民だからとても可哀想でいい人だとか、すごく嫌な悪い人と思うのではなく、私たちと同じ人間で、いろんな感情を持つことができて、そのなかで嫉妬という感情が持てるんだという。だから、ただその人たちを怖がるとか、ただ可哀想だから助けてあげるとかそういうような対象として見るのではないということですね。

MC:お時間となりました。以上で本日のティーチインを終了とさせていただきます。

JP&L:アリガトウ!

2017年2月23日 角川映画試写室

DSCN3880
「ポスター見えてる?」と自らポスターの向きを変えてくれる2人は、彼らの映画のように優しかった。

『午後8時の訪問者』
2017年4月8日公開
監督:ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 出演:オリヴィエ・ボノー ジェレミー・レニエ ルカ・ミネラ オリヴィエ・グルメ