【全起こし】声優の三森すずが麗しき制服姿で登場!『デジモンtri.』先行上映会

「デジモンアドベンチャー」15周年を記念して製作され、初代シリーズの続編を全6章で描く『デジモンアドベンチャー tri.』。いよいよ後半のスタートとなる第4章「喪失」が、2017年2月25日(土)に公開される。これに先立ち、2月3日(金)、新宿バルト9でプレミア先行上映会が開催され、声優の三森すずこ(武之内空役)と、榎木淳弥(高石タケル役)が舞台挨拶を行なった。今回はその模様を全文でお届けする。

MC:それでは皆さまお待たせいたしました。キャストの皆さんにご登場いただきましょう!

(舞台袖から声だけが聞こえてくる)

榎木:空さん、呼ばれてるよ。出なくていの?
三森:ちょ、ちょっと待って……。皆さんの反応が気になって心の準備が……。落ち着け私ぃぃ、落ち着け私ぃぃ……。
榎木:落ち着いて、みもりん。(会場笑い)それじゃあ行きましょう。
MC:三森すずこさんと、榎木淳弥さんです。大きな拍手でお迎えください。

↓三森(左)と榎木(右)が、劇中に登場する学校の制服姿で登壇
_BSI6592

三森:空だからっ!みもりんじゃないから(笑)。
榎井:いや、何か言おうと思ってたら「みもりん」という言葉でてきまして…。
三森:びっくりしたよ(笑)。
MC:まずは三森さん、よろしくお願いいたします。
三森:はい、皆さん、こんばんはー。武之内空役の三森すずこです。よろしくお願いします。
(会場拍手)
MC:それでは榎木さんお願いします。
榎木:はい、皆さんこんばんは。高石タケル役の榎木淳弥です。今日はよろしくお願いします。
(会場拍手)
MC:ありがとうございます。それぞれのモンたちを引き連れてあがってきていただきました。皆さま一目瞭然ですけども、見てくださいこの麗しい(制服の)お姿!
(会場から「カワイイ!」の声)
榎木:え?(自分)かわいい?(笑)。
三森:カワイイよ(笑)。回ってー。
榎木:え、私が?(笑)。私よりは、みもりんが。
(会場からの「回ってー♡」の声に応え、くるりと一回転。会場拍手)
三森:ありがとうございます(笑)。(制服を)久々に着させていただきました。

_BSI6375

MC:まずはお二人の感想をお伺いしたいんですけど。
三森:胸が締め付けられるような思いがあったりとか、結構ウルウルしちゃいましたね。演じるときも見ているときも、かなり空に感情移入していて、気づいたら目頭がジーンと熱くなっていましたね。
MC:結構、途中に辛いシーンがね?
三森:そうですね。「なんで空だけ!?」っていう気持ちになって、かなり悲しくなりました。
MC:榎木さんはいかがですか?
榎木:3章のラストがものすごい衝撃だったので、4章はどうなっちゃうんだろうなと思ってたら、結構重い展開もあったんですけど、ガブンモンがヤマトのことを君付けするところとか意外とクスクス笑えるシーンも多くて、ちょっと安心した部分もありましたね。
MC:冒頭の5分間に、結構衝撃の展開もあったりして。大人たちの過去が……。
三森:前々からいろいろな角度から楽しめていたけど、それが一方向増えたみたいな感じですね。
榎木:大人2人の、ラブシーン的な……。ちょっと面白かったな。ちょっと照れますね、あれは。

_BSI6551

MC:お気に入りのシーンはどこですか?
三森:私はですねえ、いろいろあってしょんぼりするシーンがあったんですけど、個人的にお気に入りのシーンは太一とヤマトが空の気持ちを全然分かってくれなくて、最終的に空がいろいろ言いたいことがいっぱいあるんだけど、なんでわかってくれないの、この人たち、バカ!って。最終的にバカしか言えないみたいな(笑)。青春感があって、きっとこういうことあるだろうなあ、っていう感じのすごくお気に入りのシーンですね。
MC:いいシーンでしたね。榎木さんはいかがでしょう?
榎木:そうですね、タケルがエレキモンと出会うシーンは懐かしかったですね。あの回を昔リアルタイムで観た記憶があって、また時を経て新たなシーンを演じられるって感慨深いなって気持ちになりましたね。

MC:ちなみにおふたりが演じられた以外のシーンで良かったシーンはありますか?
榎木:僕は、太一とヤマトの水中ランデブーのシーンです。(会場笑い)あれ、ランデブーでしたよね?(笑)。お互い助け合いながら、2人で肩を組んで(笑)。むしろひとりの方がいいんじゃないかと一瞬思いつつも、なんかいいなあと思いましたね。アツくなれる展開でしたね。
三森:私は…キノコさんの…。キノコさんじゃないか(笑)。冒頭のシーンで割りと楽しませていただきました(笑)。
MC:最初に新たな出会いがありますけども、なにかそのシーンでの思い出とかありますか?
三森:とにかくですね、ピヨさんが、テストでも冷たかったんですけど、監督さんから「もっと冷たくしてください」と指示があって。ピヨさんが本番の時にもっと冷たくなったんですよ。「冷たっ!」て思って、演じながらも心が挫けそうになりながら…。でも周りのみんなはゼロから仲良くなろうと歩み寄ってるのに「どうして…?」っていう感じがありました。
MC:タケルとパタモンの再会のシーンはいかがでした?
榎木:そうですね、その時の気持ちとしては、またゼロから絆を作らなきゃっていう気持ちだったので、優しく話しかけようと意識していた記憶がありますね。でも結構うまく関係を築けたので良かったですけど、ピヨさんと空さんははたから見てても結構辛かったですね。
MC:一段落したときの感情など、教えていただけますか?
三森:少し距離が縮まったというか、私の知ってるピヨモンに少し戻ってきたかな?みたいな。空がやっとホッとできるシーンだったなと思って。ピヨモンの言った言葉を噛みしめるように空は受け取ろうと思いましたね。
MC:アフレコの時のエピソードはなにかありますか?
三森:重松花鳥(シゲマツアトリ)さんとは、いつも隣の席なんですけど、でもこの回の時はあんまりお話しなかったですね。空気感がそうさせたのか。花鳥さんがそういう空気感を作っていらっしゃったのか、分からないですけど、あんまり進んで会話する感じではなくて。
榎木:役作り的なところもあったんでしょうかね。
三森:あったのかもしれないですね。
榎木:僕の記憶ではお昼休みに、皆で何故か会議室の円卓でお昼を食べていたっていうのが(笑)。毎回そうでしたよね。
三森:そうでしたね。先輩方も一緒にまぜこぜで。
榎木:いろんなお話をさせていただいて。
三森:そうなんですよ。

(お知らせとフォトセッションを挟む)

_BSI6734

MC:それでは最後におふたりからご挨拶を。
榎木:本日はご来場ありがとうございます。まもなく劇場公開されるということで、今日見た方もまたぜひ2回3回と重ねて觀て、早いものでもう第4章なので。6章まであと3章なので。(会場がざわつく)え?間違ってる?
MC:OKです。あってます。
榎木:なんだよー(笑)。すみません、もう半分以上終わってしまったので、ぜひ最後まで 『デジモンアドベンチャーtri.』を…。なんかすごいザワザワしてますけど、算数間違えた(笑)!?最後までぜひぜひよろしくお願いします。どうもありがとうございました。
(会場拍手)
三森:皆さま、第4章は楽しんでいただけましたでしょうか?(会場拍手)ありがとうございます。もう折り返しましてお話もいろいろな方向から楽しんでもらえてると思いますが、今日楽しかったなあと感じられた方はSNSで「めっちゃ面白かったデジモン、また観に行くぅ」(会場笑い)みたいな感じで投稿してもらって、まだ觀ていない方に観る意欲を奮い立たせる?ん?なんか言葉のチョイスがおかしいな(笑)。観る意欲を、こう……爆発させるような一言を発信してもらえたら、助かります!あと、今回ピヨモンと空をかなりフューチャーしていただいて、自分的にもお芝居をする上で「空ってこんな感情もあったんだ」と発見した部分もたくさんあったので、ぜひたくさんの方に観ていただきたいなと思います。そして、あと2章残ってますけど、どんな感じになるのか私も楽しみにしてますので、ぜひぜひ最後まで皆さんに楽しんでもらえたらなと思います。本当にありがとうございました。(会場拍手)

MC:ありがとうございました。

(2人同時に)
榎木:ありがとうございました。あっ
三森:みなさん本当にありがとうございました。あっ
榎木:すみません、めっちゃ、かぶっちゃいました(笑)。
三森:(笑)。

この日は、週替わりの劇場入場者特典も発表された。1週目は総作画監督・渡辺浩二描きおろしB6サイズポストカード(全1種)。2週目は、アニメーションキャラクターデザイン筱雅律・アニメーションディレクター伊藤浩二描きおろしミニ色紙(全2種)。3週目は、キャラクターデザイン宇木敦哉描きおろしポストカード(全2種)が用意される。

『デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」』

3週間限定劇場上映/劇場限定版Blu-ray先行発売/先行有料配信
2017年2月25日(土) 同時スタート!

※一般販売版Blu-ray&DVD 2017年4月4日(火)発売!

【CAST】花江夏樹 坂本千夏 ほか
【STAFF】監督:元永慶太郎 シリーズ構成:柿原優子 キャラクターデザイン:宇木敦哉 ほか
【公式サイト】http://digimon-adventure.net/

B1 第3章ポスターoutline7.7

©本郷あきよし・東映アニメーション