【全起こし】『沈黙』ジャパンプレミア、窪塚洋介「監督はどこの馬の骨とも分からない俺に敬意を払ってくれた」

IMG_3575

遠藤周作の小説をマーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙-サイレンス-』。1月17日(火)、本作のジャパンプレミアが都内で行われ、マーティン・スコセッシ監督をはじめ、キャストの窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、イッセー尾形、小松菜奈、加瀬亮が登壇した。今回はその模様を全文でお届けする。

MC:マーティン・スコセッシ監督、再び日本に来ていただきありがとうございます!

スコセッシ:(日本語で)ありがとう、ありがとう。

MC:撮影以来、再会されたキャストの方もいると思いますが、久々にお会いになられてどんな思いでしょうか?

スコセッシ:東京でこうやって一堂に再会できるなのは本当に感慨深いものであります。久しぶりの方もいるわけですが、2年間かけて作品を編集してきたので、2年間ずっとみなさんとお付き合いしていた感覚でおります。なので私にとっては昨日あったばかりという感覚の方ばかりです。私達の周りの友達ですとか、家族ですとか、映画を観た人がたくさんいまして、「日本人キャストのあの方はどうだった、あの方はこうだった」というような話をたくさんいただいてまして、もう日本人キャストの皆さんはおなじみの顔になってます。

MC:監督が映画で一番伝えたかったことは?

スコセッシ:まず皆さん御存知の通り、本作は遠藤周作先生の原作に基づくものですが、私はこの原作に非常に感動を覚え、そして非常にインスピレーションを受けました。遠藤先生の他の本も全部読んでるんですけどね。この本に関しては本当に27、8年がかりでようやく映画として完成させたわけですが、これだけ長年かかった理由としてひとつ思い浮かぶのが遠藤先生がなにを言いたかったのか。これをまずは咀嚼しなければならなかった。そしてようやく理解するに至ってから、どうやって映像にしていくのか。どういう解釈を加えていくのかという思案が続きました。これは共同脚本を務めているジェイ・コックスさんと一緒に二人三脚で脚本を書き、ようやく2006年になって脚本を書き上げたわけです。そしてもう一つ言いたいことは、この原作とともに生き、原作で描かれる文化とともに生きることを通して、私は自分自身が成長することができましたし、また自分自身の中でも生活がいろいろ変わったり、あるいは再び父になったりしたわけですけど、自分の私生活のあれこれと並行してこの原作とともに生きて参りました。それがこの映画をより豊かなものにしていったんだと思います。その経験を通して、先生が言いたかったことは、より明瞭に理解することができるようになりました。

MC:日本人キャストの演技はどのように感じられましたか?

スコセッシ:本当に皆さん、素晴らしいパフォーマンスを見せてくれて、僕としてできることはそれを形にして、それを映像で見せることとしか言いようがないですね。こう言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、これは心の底から言えることですが、皆さんの頑張り、力、深みを見せてくれました。それを映像という形にする上で、編集にも1.5年かかったわけですけれども、それだけ精魂込めて作り上げて参りました。そしてもう一言いわせてください。この映画を公開してくださるKADOKAWAの皆さんにもこの場を借りて感謝の意を評したいと思います。完成するまでに時間がかかったので、辛抱強くお付き合いくださいましてありがとうございました。KADOKAWAの皆さんとは去年『雨月物語』のレストレーションをさせていただいたのですが、次の作品である『山椒大夫』を手がけようと思っているのですが、この『雨月物語』ですが、私が初めてみた日本映画なんですね。12、3歳ぐらいの時だったと思います。非常に美しい映画で、こうやってKADOKAWAの皆さんと一緒に作業していく中で、もう一回原点に立ち戻ったかのようなそういう感覚でおります。

MC:ありがとうございます。それでは日本のキャストの方に一言ちょうだいしたいと思います。まずは、キチジロー役の窪塚洋介さんです。

窪塚:こんばんは、窪塚です。(監督の方に向き直り、監督の顔を凝視しながら)マーティン・スコセッシ監督……。どんだけ日本に来てくれるんですか(マーティン・スコセッシ監督が爆笑し、会場も笑いに包まれる)。この30年、製作のためにどれだけこの人が日本に来たと思いますか?どれだけ日本に、遠藤周作さんの思いに、ひいては皆さんにどれだけの敬意を払ってくれているか。こんな極東のどこの馬の骨とも分からないようなこの俺に、毎日どれだけ敬意を払っていてくれていたか。溢れるようなその経緯を僕らは感じて毎日夢の中で仕事をしているみたいでした。どれだけ山の上が厳しい寒さだろうが、どれだけ正座を長いことさせられて古傷が痛もうが、膝が痛かろうが、どれだけ長いこと待ち時間があろうが、そんなもの幸せの一部だろうっていうふうに思うぐらい、本当に幸せな時間を過ごさせてもらいました。俺たちは和の国の民です。ピースとか、コンパッションとか、リレーションシップとか、和の心を持っています。俺たちは和の国の民です。この映画がマーティン・スコセッシ監督の思いが、遠藤周作さんの思いが、皆さんのところに届いて、より良い明日が来ることを信じて疑いません。今日来る時に、新雪を前原あたりで見て、自分が今そういう気持ちでいるんだなということを確認しながらここにたどり着きました。今日、この場所が僕の役者人生の最良の日です。そこに立ち会っていただいて、本当に幸せに感じてます。これから映画を見ていただくということで、神は沈黙しているので、自分で自分の中に入っていってその答えに触れてもらえたらなと思います。本当に幸せです。ありがとうございました。

MC:ありがとうございます。続きまして通詞役の浅野忠信さんです。

浅野:えー、窪塚さんの素晴らしいスピーチの後で何を言ったらいいかわからないんですけども、僕も監督といられて本当に幸せでした。とても難しい役でしたが、監督は常に僕らのことを見守ってくれて、待ってくれて僕らの繊細な動きや表現を見逃さずに見てくれて、その中で新たなアドバイスをくれていたので、だからこの役を乗り越えられたんだと思うんで、監督の優しさというか、一緒にものを作ってくれるという姿勢にはたくさんたくさん学ぶことがありました。ですから映画を見た時に、僕だけじゃなくて他の俳優さんたちの演技も楽しめましたし、想像以上のものが描かれていたんで、皆さんも今日は楽しんでもらえると思います。それと同時に、とっても素晴らしいことを言っていた窪塚くんが、こんな役なのかと?さっき言っていたことはどういうことなんだと思うかもしれません(笑)。ですから、面白いと思います。

MC:ありがとうございます。それでは次に、井上筑後守役を演じました 
イッセー尾形さんです。

イッセー:井上筑後守役を演じましたイッセー尾形です。悪役だということで、世間では通っているんですけども、この話をいただいたオーディションをして、テープを撮って、幸いに撮影まで充分な時間があったんですね。だから僕は毎日、家で井上を育てていたんですね。育てると、育ちます。まるで我が子のように井上が育ったんですね。我が子を悪人のように育てる親はどこにいますか?根は優しい子に育てました(笑)。(会場笑い)それで、私はその優しい子のように演じたんですね。親子ともども。だから私たちが戦う相手はキリシタンだけではなくて、世間もそうだったんですね。そんな様子を監督さんは、とっても優しく、温かく、見守ってくれまして、本当に感謝しております。Thank you very much.

スコセッシ:ありがとう。ありがとう。

イッセー:こうやって時間がある時は井上について説明をするんですけど、時間がないときには「悪役だよ」って答えてます(笑)。

MC:どうもありがとうございました。続きまして、隠れキリシタンのモキチ役を演じました塚本晋也さんです。

塚本:僕も窪塚さんの挨拶を聞いていたら全部吹き飛びました、考えていたことが(笑)。モキチは敬虔なクリスチャンなんですけども、僕自身は特別な宗教を持ち合わせていないんで、自分の中でスコセッシ教というのを作らせていただきました(笑)。スコセッシ監督のためなら、なんでもできますし、はりつけの時も、「もしかして死んじゃっても仕方ないかな」というようなぐらい、すべてを捧げて監督の言うことは全部聞いて、なるべく頑張るという姿勢でやらせていただきました。もう一つは『野火』という映画も作ったんですけども、未来の子どもたちが心配な気持ちが強くなってきてますので、さっきのスコセッシ教と、未来の子供のことをあわせ技にして演じることで、モキチを純粋に演じることができました。見ていただくとそのことがわかっていただけるのではないかと思います。監督は俳優に自由に演技をさせてくださるんですね。何か提案したことで「NO」ということはなくてですね、全部素晴らしいと言ってくれて、現場で演じても「エクセレント!」って言ってくれるんですね。俳優ってだいたい常に不安になってるんですね。「今のいいのかなあ…」ってクヨクヨするんですけど、監督が来て「エクセレント!」って言うとですね、「じゃあ、いいんだ」と思って次のシーンに気持ちよく移れると。今度僕が監督する時は真似させていただきます。「エクセレント!」って(笑)。(会場笑い)この映画は本当に歴史に残る映画で、ぱっとみてひとつの答えがでるような映画ではなく、いくつもの答えがあると思います。いつまでも歴史に残って、長く長く語られる、語り継がれる映画だと思いますので、そういう素晴らしい歴史のひとつに関わることができて本当に光栄でございます。監督、どうもありがとうございます。

MC:ありがとうございます。さあそして、隠れキリシタンのモニカ役を演じました小松菜奈さんです。
小松:モニカ役を演じました小松菜奈です。監督がずっと撮りたかった作品に、私はその時19歳だったんですけど、十代でこのような素敵な作品に関わらせてもらったことが幸せです。現場自体もとても刺激的でした。馴れない英語のセリフで、壁にぶつかったこともありました。どうやって英語でお芝居をしていいのか、その感情をどこへ持っていっていいのか、すごく迷った部分はあったんですけど、英語を教えてくれる先生が発音だったり、お芝居している中でアクセントを教えてもらったりしていただき、本当に丁寧に監督も役者さんも含めて貴重な体験をさせてもらいました。映画を観させていただいて、若い人たちがどういう気持で見てくれるんだろうと思うと、1月21日からの反響がとても楽しみです。ぜひ一人でも多くの方に、とくに若い人たちに見てもらいたい作品です。ありがとうございました。

MC:ありがとうございました。そして、隠れキリシタンのジュアン役を演じました加瀬亮さんです。

加瀬:ジュアン役を演じました加瀬です。今回、小松さん演じるモニカの夫ということで、小さな役ではあったんですけども、この共演者の名前と、監督の名前を聞いた時に、自分の中でひさしぶりにワクワクして、どうしても参加したいなと思いました。自分は特別な宗教は持ってないので、ジュアンを演じながらいつもその信仰になるものを自分の中で探しながら演じていたように思います。映画を観た後も、きっとお客さんもそのことを感じてくれるんじゃないかと。映画のテーマでもあるとおもうので、感じてくれたらうれしいです。よろしくお願いいたします。

MC:どうもありがとうございました。監督、キャストのお話を聞いていてどうでしたか?

スコセッシ:私は1973年からずっと映画監督をやってきているんですけども、今回ほど体力的にも精神的にもチャレンジングな映画はなかったと言っても過言ではないと思います。私は喘息持ちのニューヨーカーなものですから、小さなアパートの部屋でずっと暮らしてきたわけです。ですので自然の中に入るとなにかとアレルギーが起こるんです。ですがこの映画は大自然の中で撮られたわけですが、そういう意味で非常にチャレンジングだったのですが、みなさんと一緒に山の中に脚を踏み入れていった瞬間から、非常に喜びを感じました。そして今まで病弱であったがために、自然と戯れることができなかった日々を後悔するまでになりました。本当に日本人キャストの皆さんは、この作品の礎になってくれました。私もプロデューサーのエマさんも、そして撮影監督のロドリゴ・プリエトさん、そして主演のアンドリュー・ガーフィールドも辛い辛いと思うことが度々あったと思うんですが、そんな時に日本人キャストの皆さんを見渡すと平気な顔をしているんですね。だから本当に彼らが礎になってくれました。そして、この作品を編集してくださっているセルマ・スクーンメーカーさん、40年間共に仕事をしてきているんですけども、彼女は普通現場にやってこないんですね。ラッシュ映像を見て確認していくわけなんですけれども、本当に彼らのパフォーマンスが素晴らしい素晴らしいと言ってくださるんですね。だからこの作品はキャスト、スタッフの皆さんの協力なしには、なし得なかったと思います。

MC:ありがとうございます。役者の方たちは正直、どうだったんですか?辛かったんじゃないですか?

窪塚:さっきも言ったんですけど、そんなことは幸せの一部なんですよ。(会場笑い)ただ、僕は想像していたより集中力だったりとか、忍耐力が必要な現場でした。でもそれも嬉しかったし、そんな簡単に超えられるような壁ではないし、それを感じるからこそ出て来る力だったりとか、マーティン・スコセッシ監督っていうのは僕らを本当にノセてくれて、僕らが一番最高に良い芝居ができる状態にしてくれる監督だと思うんですね。こうやっていてくれるだけで、いい緊張感をもってくれるけど、ニコニコしていらっしゃるから、リラックスして、一番いい状態のテンションにいるだけでも持っていってくれる人なので、それは長年のキャリアがそうさせるのか、生まれた時からそうなのかわからないですけど、類まれな才能だと思うし、偉大な監督だなとあらためて思いました。

スコセッシ:ありがとう。ありがとう。

MC:浅野さんはいかがですか?

浅野:そうですね、僕の役は通訳なので辛いことがないんですよね(笑)。井上様などから「これやってこい」と言われたら、それを伝えるだけなので、僕は全然辛いことがなくて。そういうつもりで現場にもいたので。客観的に見られてとても楽しかったです。

MC:浅野さんから見ていて、他の方の印象に残っているシーンはありますか?

浅野:海のシーンに見学に行った時に、「ここでやってんの……?」っていう(驚き)。もう大変な波を起こしてやってるんで「ここは僕は入れないなあ」と思って、涼しい顔をして見てました(笑)。

MC:海のシーンというとやっぱり塚本さんだと思うんですけど。

塚本:僕はもうスコセッシ教の信者ですからね。(会場笑い)苦行も喜びのひとつです(笑)。全然大丈夫なんですけど、ただでかいんですね、いろんなことがすべて。波がでかいんです。波があってセリフを言うってのいうのが僕の使命ですけど、波が来るとですね、人間の身体の構造的にどうしても鼻の中に水が入って咳き込むんですね。フガフガって(笑)。その咳をおさめてからセリフを言うんですけど、言おうとすると次の波が来てるんです(会場笑い)。どのようなタイミングでセリフを言ってどう咳をおさめてというのがかなりシビアで、その悲壮感が顔を引きつらせてかなりリアリティを呼んでいるじゃないかと。そんなところ見ていただくとね悲壮なシーンなのに笑いが起こってしまうかもしれません。

スコセッシ:あのシーンの塚本さんは本当にすごくてスタッフの皆さんの中には涙を流す人もいたんですよね。

MC:小松さんも加瀬さんもアンドリュー・ガーフィールドさんとの共演もありましたけど、振り返ってどうでしたか?

小松:アンドリューさんは、役的にもとても大変な方で、ずっとストイックに減量をしていたりとか声もかけられ状態ではなくお話もなかなかすることはできなかったんですけど、本編で観ていてもすごく過酷なものだったんだなと思いました。自分とは全然比べられないなっていうぐらいの大変さで。最後にアップする時はハグをしてくださって、もうちょっとお話できたらなとは思いました。

MC:監督からも演出いただきましたか?

小松:加瀬さんの役のジュアンに関するシーンのお芝居で、一日中撮影をしていて、だんだんと日が落ちてきて夕方ぐらいになったときに私の撮影をするということになって、「やっときた」と思って撮影してOKが出て、自分の感情を出す印象的なところだったんですけど、次の日になってプロデューサーの方々が私の前に来て、「菜奈ごめんね。昨日のシーンを編集したら天候がつながらなかったんだよ。もう一回今日やってくれ」って言われて……。その時の感情を思い出しちゃって、すごい泣いちゃったんですけど、でも求めてくれていることはまだできると思ってくれているんだなと思って。その時は辛くて大変だったんですけど、幸せなことだ、もう一回見ていただけるんだなと思って。そんなことがありました。

スコセッシ:彼女がリアクションをする激しいシーンなんですよね。その彼女の芝居にびっくりして、もう一回お願いしないといけないのが痛くて痛くて。でももう一度お願いしましたら、同じぐらい激しい演技を見せてくれました。本当にこれはなかなか見ものでしたよ。

MC:という話がでましたが、加瀬さんは振り返ってなにかございますか?

加瀬:小松さんは普段だるそうなのに(会場笑い)、芝居に入ると200%位の力が出るんで、そのシーンのことはよく覚えています。その日の撮影が終わるとたおれちゃうんじゃないかと思うくらい、毎回力を出し切っちゃうんで、さすがにもう一回って言われた時は大変だなと思いましたけど、監督のおっしゃるように次の日も全く同じ位の力でやるんで、普段パワーを蓄えているのかなと思いました(笑)。

MC:ありがとうございます。そしてイッセー尾形さんの登場シーンは、海外でも笑いが起こったということなんですが、スコセッシ監督の現場でなにか意識していたことはありますか?

イッセー:いつもの一人芝居でやっているような人物の捉え方を全部喜んでくださって、窪塚くんが言うように幸せの絶頂の連続でしたし、スコセッシさんのところに行くためには、カツラをかぶってメイクをして衣装を着て行かなければならないんですね。全員日本人のスタッフで、彼らがいなければこの映画は成り立たなかったと思います。もうそれはそれは見ていてとんでもない事態が起こっているらしいんですね。言葉の違いとか、この人だったのにこの人になったとか、僕たち侍はおでこをバリカンで剃るんですけども、何百人そったんでしょう?壊れたバリカンが何個もあって。朝早くから夜遅くまで、汚れたら洗濯して、次の日はケロッとして僕達を迎えてくれて、その日の撮影がうまくいくと。同じホテルに帰ってきたスタッフは泥だらけになって、「今日戦ったね」という顔を見るんですね。スタッフ同士が、すごい絆で結ばれたりもして、そういうことが全部含めてこの映画が成り立っているんだなとあらためて思いました。

MC:どうもありがとうございました!